カメラ転売

Amazonの出品制限・出品規制とは?解除する方法を徹底解説!

Amazonでせどりをしていると、商品によって出品制限・出品規制をかけられてしまうことがあります。

それだけで終わればいいですが、状況次第ではアカウントが停止してしまう可能性もあるので注意したいところです。

 

  • 出品制限がかかった場合はどうすればいい?
  • どういう商品が出品制限がかかるの?
  • 出品制限を解除する方法を知りたい!

 

今回は、このような悩みを抱えている人のために、Amazonの出品制限について解説していきたいと思います!

出品に対して制限が設けられているブランド・メーカーを紹介しつつ、どうやって解除すればいいのかということも解説していくので、気になる人は必見ですよ~!

 

出品制限されるのはかなり厄介です! しかるべき方法を使って解除しましょう!

 

よくわかる解説

出品制限されている商品は仕入れないのが吉

利益にならない商品を仕入れても意味がない

無視すると最悪の場合アカウントが閉鎖する

そもそもAmazonの出品制限・出品規制とは?

そもそも、Amazonの出品制限について知らない人のために、簡単に概要を説明します!

Amazonの出品制限とは、一部のメーカー・ブランドについている規約のようなものであり、商品を転売する際は”請求書・販売証明書”を提出しなければなりません。

 

つまり、メーカー・ブランドから、許可をもらわないと転売することができないということです。

ただ、それでも販売できている人がいるということは、制限を解除しているからです。

 

出品制限がかけられている商品は、様々な理由があります。

 

顧客の信頼を失わないため

市場独占を避けるため

 

一番は、顧客の信頼を失わないためです。

後述しますが、ラグジュアリーブランドは基本的に販売店の許可がないと転売できないようになっています。

 

ブランディング力がはっきりしているブランドが、格安販売されてしまうと、顧客が”ここまで値段が下がったブランドなんだ”と思ってしまいます。

そのため、メーカーはブランディングを維持するために出品制限・出品規制をかけているのです。

 

ちなみに中古商品は、出品制限がないので安心しましょう!

Amazonで出品制限・出品規制がかかっているメーカー一覧を紹介します!

Amazonには、出品制限・出品規制があることがわかりました。

ブランド・メーカー等に制限されていることが多く、中古品に関しては制限がかかっていないので気にする必要はありませんが、中には出品できないものもあるので注意しましょう。
(例:ブランド品、スポーツ系商品)

 

また、出品制限されている商品は非常に多く存在し、メーカー・ブランドによって様々です。

具体的なジャンルは、以下の通りです!

 

ホビー系

家電系・カメラ系

アパレル系

ヘルビ系

スポーツ系

ラグジュアリーブランド

 

解除する難易度はそこまで高くありませんが、ラグジュアリーブランドは、正規の店舗からの販売許可が必要なので注意しましょう。

通常販売されていることもありますが、許可をもらっていない偽物がほとんどです!

ホビー系

まず紹介したいのが、ホビー系です。

新品せどりをする際は、おもちゃを仕入れる人も多く、クリスマス時期にはトイザらスに行く人も多いでしょう。

 

しかし、ホビー系は出品制限がかかっているので注意しましょう!

具体的には、以下の通りです。

 

バンダイ

レゴ

SEGA TOYS

アンパンマンシリーズ

たまごっちシリーズ

ディズニーシリーズ

 

これら以外にも、ジブリやトーマスシリーズといった主要商品も対象です。

中でも、年末商戦・クリスマス時期に仕入れることが多いのは、レゴですね!

 

 

Amazonでもかなり人気のあるジャンルであり、購入する人が多いので要チェック!

ただ、新品商品を出品する際は、制限がかかります。

 

 

この様に、商品画面に移動すると、制限がかかります。

仕入れるのは問題ありませんが、制限を解除してからではないと出品できないので注意しましょう。

 

僕自身仕入れることもありますが、後述する方法で制限解除済みなので問題ありません(^^)/

 

売れると把握していても、解除しないと販売できないわけですね!

家電系・カメラ系

次に紹介したいのが、家電系・カメラ系になります。

家電系は、基本的に制限がかかっているといっても過言ではありません。

 

基本的に、名前を聞いたことがある主要メーカー・ブランドは制限解除後に販売しなければなりません。
※中古なら問題ありません

主なメーカーは、以下の通りです。

 

Apple

SONY

Canon

Panasonic

ELECOM

EPSON

Casio

 

この他にも、YAMAHAや象印等が例として挙げられます。

家電系は、せどり・転売でもかなり人気のあるジャンルですし、継続的に稼げるジャンルです。

 

ヤマダ電機等で気軽に仕入れることができるのが特徴であり、セール期間中であれば格安で仕入れることも可能です。

また、僕がやっているカメラ転売も同様であり、回転率・利益率ともに高い商材なのでオススメできます!

 

 

定期的に仕入れることがありますが、基本的には制限がかからない中古品を転売するようにしています。

カメラで、出品制限・出品規制がかかる商品については、以下の記事で解説しているので参考にしてくださいね(^^)/

Amazon出品制限で出品ができないカメラのメーカーとは

アパレル系

アパレル系ブランドは、基本的に有名なものは出品制限がかかります。

ジャンルは様々であり、衣服類からスニーカーまで幅広い商品に出品制限がかかっています。

 

一部のスポーツ系のメーカーであれば、出品制限を解除することができますが、後述するラグジュアリーブランドの場合は不可能です。

 

Adidas

カルバンクライン

ダンヒル

ゴヤール

アルマーニ

NIKE

 

この辺のブランドは、基本的に転売することができないので注意しましょう。

スニーカーやスポーツ用具に関しては、中古品であれば売れる可能性があるので、仕入れる価値は十分にあります。

 

しかし、コンディションによっては一切売れない可能性もあるので要注意です!

ちなみに、僕がたまにしているイオンせどりに関して言えば、スニーカー等がセールで安くなることがあるので、たまに仕入れています。

 

 

NIKEから出ているオーソドックスなモデルである、AF1の黒いスニーカー。

こちらは、イオンで3,000円程度で販売されていた商品です!

 

無難なモデルであり、回転率が高い商品として紹介することができます!

詳しい内容については、以下の記事で解説しているので、参考にしてくださいね♪

 

イオンせどりは飽和状態?本当に稼げるかどうか徹底検証!

ヘルビ系

ヘルビ用品は、せどり・転売の中でもかなり利益になるジャンルです。

回転率も高いので、積極的に仕入れたいところであり、Amazonに限らずメルカリ・ヤフオク等でも継続的に売れます。

 

しかし、Amazonでは出品制限がかかるメーカーもあるので、仕入れる際は注意しましょう。

 

セルヴォーク

ジョヴァンニ

ランチザンパフューム

ジニックス

ペンハリガン

 

その他にも、エッシーやエコストア等のメーカーも存在しますが、その大半が海外系のブランドです。

資生堂やKATEといったメーカーは、出品制限がありませんが、公式ストアが台頭している場合は、出品規制がかかる可能性もあります。
※公式ストアから通報が入ること

 

ちなみに、出品規制が入ってしまうと、真贋調査に発展することも少なくありません。

真贋調査は、出品制限を解除するよりも面倒ですし、放置しているとアカウントが閉鎖してしまうこともあるので注意しましょう。

 

ヘルビ用品を仕入れる際ですが、利益になる商品を仕入れなければなりません。
(例:美顔器、コスメ等)

しかし、規制がかかってしまっては意味がないので、しっかり仕入れるジャンルを明確にしてから仕入れることが重要です!

 

詳しい内容については、以下の記事で解説しているため、気になる人は参考にしてくださいね♪

 

ヘルビ転売で効率よく稼ぐ方法は?仕入れる方法・オススメ商材を徹底解説!

スポーツ系

次に、スポーツ系のメーカーです。

スポーツ系のメーカーは、複数存在しますが、アウトドア用品等も対象です。

 

キャンプの用具は、通年回転率・利益率を維持することができるジャンルなので、積極的に仕入れたいところですが、規制がかかっている可能性があるので注意しましょう。

具体的には、以下の通りです。

 

Adidas

NIKE

Patagonia

ノースフェイス

コールマン

 

いずれも、有名ブランドとして紹介することができますが、それぞれ規制がかかっているので注意しましょう。

ただ、AdidasとNIKEに関しては、日本での流通量も多いことから、出品制限を解除して売ることも可能です。
※実際僕には制限がかかっていません

 

その他のブランドに関しては、スポーツブランドというよりはアパレル系・ラグジュアリーブランドに位置づけられるので、基本的に制限を解除するのは厳しいです。

スポーツ系の転売に関しては、スニーカーがオススメです!

 

Amazonだけではなく、メルカリ・ラクマ等を視野に入れるのも良いでしょう。

詳しい内容については、以下の記事を参照ください!

 

ラクマせどりは転売に使える?販売手順・仕入手順を解説します!

ラグジュアリーブランド

最後に紹介したいのが、ラグジュアリーブランドです。

一般的にブランディング力が強いブランドは、すべて出品制限がかかっています。

 

他のメーカーに比べると、正規代理店としての認可が必要であり、メーカーが直々に許可を出さない限りは販売することができません。

 

 

しかし、中にはこのような商品も存在しますが、値段からわかる通り偽物です。

正規価格で販売されているものに関しては、基本的に本物の可能性が高いですが、異様に値段が安い場合は注意しましょう。

 

出品制限がかかっているブランドは、以下の通りです。

 

クロエ

クリスチャンルブタン

コーチ

GUCCI

LV

FENDI

 

この他にも、名だたるブランドはすべて出品制限がかかっています。

運よく解除することができたとしても、メーカー規制が来る可能性もあるので、新品・中古共に出品するのは絶望的といえるでしょう。

 

これを避けるためにも、最初から仕入れないようにしましょう!

 

ただ、ブランド品は日本を中心に売れる傾向にあります。

国内では取り扱っている人も多く存在しますし、Amazon以外の販路で販売されています。

 

詳しい内容については、以下の記事を参照ください!

 

ブランド品を転売して稼ぐ方法は?利益額が高いから稼ぎやすいビジネス!

Amazonで出品制限・出品規制がかかっているかどうかチェックする方法!

Amazonでは、複数のブランド・メーカーが出品制限されていることがわかりました。

中古商品なら基本的に問題ありませんが、新品商品を転売する場合は、注意しなければなりません。

 

ただ、「どうやって出品制限・出品規制を確かめればいいの?」という人も多いと思います。

そこで、デバイス別で確認する方法を解説したいと思います!

 

パソコンの場合

スマホの場合

 

この二つで確認することができるのですが、それぞれ仕入れ体系によって変えることをオススメします!
(例:パソコン:電脳せどり、スマホ:店舗せどり)]

店舗で逐一調べることができれば、仕入れる際に困りませんよ!

 

仕入れてから制限がかかっている商品だったら、元も子もないからね~!

パソコンの場合

まず、パソコンで確認する場合ですが、電脳せどりをする際に役に立ちます。

僕の場合は、仕入れる商品リストを開いて、一つ一つ確認していました(^^)/

 

具体的な確認手順は、以下の通りです。

 

1.セラーセントラルにログインする

2.在庫>商品登録の順でクリック

3.ASIN等を入力して検索をクリック

 

こちらの手順で検索すると、簡単に出品制限されているかどうかを確認することができます。

まず、Amazonの商品管理画面であるセラーセントラルにログインしましょう。

 


※今回は新規アカウントで解説します

 

こちらの画面から、商品登録画面に移動する必要があります。

上記タブから、”在庫>商品登録”をクリックしましょう。

 

 

すると、商品を検索することができる画面に移動します。

ここで、あなたが出品しようとしている商品を検索する必要があるので、ASINコード等を入力しましょう。

 

 

今回検索するのは、こちらの商品です。

NIKEのスニーカーであり、出品制限がかかっています。
※新規アカウントを使ったのはこのためです

 

 

実際に検索して、出品ボタンを押そうとすると、このようなボタンが表示されます。

本来、出品できる商品は”出品する”というボタンが表示されますが、出品できない場合は”出品許可申請”というボタンが表示されるのです。

 

こちらの画面によって、商品が購入できるかどうかを確認することが可能です!

面倒な手順は一切ありませんし、ネットで仕入れを検討している人は、Amazonのセラーセントラルアカウントを作成して、確認すると良いでしょう。

スマホの場合

次に、スマホの場合です。

スマホから出品制限がかかっているかどうか確認するためには、”Amazonセラー”というアプリを使用します。

 

 

iOSとandroidの両方で使用することができるので、それぞれ確認しましょう。

アプリを起動してからは、以下の手順で調べていきます。

 

1.商品登録でASINを検索する

2.出品制限がかかっているかどうか見る

 

パソコン版に比べると、簡単に出品制限されているかどうか確認できるのでオススメですよ(^^)/

また、JANコード読み取りにも対応しており、カメラを起動してバーコードを読みとっても確認することができます。

 

出品できない商品:出品許可が必要な商品

出品できる商品:○○のコンディションで出品できます

 

この様な表記が出るので、店頭でリサーチをする場合に活用しましょう。

ASIN等がわからない場合は、JANコード(バーコード)を読み取って確認すると良いです。

 

本来、コンディションが新品の状態で制限がかかっていない場合は、中古品も出品可能です。

しかし、ものによっては中古品が出品できない場合もあります。
(例:食品関連、ペットフード等)

 

そのため、万が一のことも考えて、出品条件を確認しておくことが重要です。

 

条件をクリックすると、どういうコンディションで出品できないのかが一目でわかります。

仮に商品を仕入れようと思っているなら、合わせて確認しておくと良いでしょう。

Amazonで出品制限・出品規制を解除する方法を3つ紹介します!

Amazonで出品制限がかかっている商品がある場合は、制限を解除しないことには出品することができません。

仮に、出品制限を解除したいと思っているなら以下の方法を意識しましょう!

 

Amazonが推奨する解除方法

すでに販売実績がある場合の解除方法

請求書をもらう

 

いずれも、制限を解除するためには必要な方法なので、それぞれ意識したいジャンルです。

ただ、100%解除することができるわけではありません。

 

それでも、実践してみる価値は十分にあると思うので、進めると良いでしょう!

Amazonが推奨する解除方法

まず、Amazonが推奨する解除の方法です。

こちらは、Amazonが公式で指定している解除方法であり、実践している人も少なくありません。

 

 

解除するためには、許可申請を出す必要があります。

ここで言う許可申請とは、”商品を販売してもいいですよ”という認可的な役割があります。

 

メーカー・卸が発行した請求書

ブランド・メーカーからの許可証

 

いずれかを用意することができれば、解除することができます。

しかし、現実的にメーカーから直接請求書を発行してもらうことはできませんし、許可をもらうことはできません。
※個人のせどらーなら尚更

 

まあ、許可申請を出すにも相当メーカーと仲良くなる必要があるわ…

 

ただ、Amazonの気まぐれで、”ワンクリック解除祭り”というものがあります。

 

https://twitter.com/bakuzero_s/status/1254747418005925888?s=20

https://twitter.com/sedorisaiko/status/1245294406686478336?s=20

 

本来、規制を解除する場合は、請求書等を提出しなければなりませんが、ボタン一つで解除することができるというもの。

ちなみに、こちらはある程度販売実績がある人が対象の解除方法です。

 

僕は、この解除祭りの際に、以下のジャンルを解除しました(^^♪

 

タカラトミー

NIKE

Adidas

Panasonic

レゴ

バンダイ

 

その他、10種類以上の商品を規制解除することができたので、商品を仕入れる幅も広がりました!

何かと制限がかかっていると、転売もしづらかったですからね…

 

それなら、早い段階で解除したほうがいいってことですね!

既に販売実績がある場合の解除方法

前述したとおり、販売実績があるアカウントの場合は、請求書・許可証なしで商品を出品することができます。

ここで言う販売実績は諸説ありますが、通説では半年~1年以上継続的に転売をしているアカウントが対象です。

 

この場合、そのジャンルの商品を販売する必要はなく、中古の商品を販売しても問題ありません。

Amazonから、「安心できる出品者」という認可を受けるまで、転売を続けましょう。

 

すると、出品許可申請をするだけで規制を解除することができます。

 

販売実績が認められる明確な基準はない

商品によっては解除できない※ブランド品等

 

許可申請が通るかどうかは、Amazonが管理しています。

そのため、販売実績がそこまでないアカウントでも、ワンクリックで規制を解除することができる場合もあります。

 

また、販売実績があるアカウントでも出品制限解除ができない場合もあるので、ワンクリック解除祭りが話題になっている場合は、一度試すのもありですよ!

請求書をもらう

最後に、請求書をもらうという方法です。

これは、家電を仕入れる際に行う方法ですが、以下のストアで仕入れをする場合は、請求書を発行してもらうことができます。

 

ビックカメラ

ヨドバシカメラ

 

商品を購入する際は、オンラインストアで購入する必要がありますが、いずれも無料で請求書を発行してくれます。

メーカー・卸の請求書ではありませんが、出品制限を解除する際はこちらでも対応することが可能です。

 

規制を解除することができる裏技として紹介できるので、家電系の商品を仕入れる際はオススメですよ~!

請求書の発行方法ですが、以下を意識しましょう。

 

  1. ストアでトップカテゴリー>領収書・請求書・見積書についてをクリック
  2. 請求書についてを開く
  3. お問合せ内容で項目を入力する

 

この手順を行えば、請求書を発行することができます!

本来は、メーカー・ブランドから規制を解除してもらわないといけません。

 

しかし、ビックカメラ・ヨドバシカメラから発行された請求書であれば、出品制限を解除することも可能なのでオススメです!

まとめ:Amazonの出品制限・出品規制を解除して安全に転売しよう!

今回は、Amazonの出品制限について解説しました。

複数のメーカーに定められており、転売・せどりをする上で、非常に重要な内容になっています。

 

仮に、知らない状態で転売すると損してしまうこともあるので注意しましょう。

僕の場合は、基本的に中古商品を転売しているのですが、出品規制もありませんし安心して仕入れることが可能です。

 

中古品をメインで転売する

別の販路を使う

請求書を発行する※ビックカメラ・ヨドバシカメラ等

 

この様な対策が存在するので、それぞれ実践すると良いでしょう。

僕がしているカメラ転売について気になる人は、以下の記事でまとめているので参考にしてくださいね(^^)/

 

カメラ転売は稼げる?方法・基本情報を徹底解説します!【初心者必見】

-カメラ転売

Copyright© プロが教えるカメラ転売ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.