副業

シーグラス転売は儲かる?原価ゼロ円で稼ごう!

せどり・転売は、仕入れ原価を抑えることが重要であり、押さえれば抑えるほど利益につながります!

複数の商品が存在しますが、一切原価がかからない商品が”シーグラス”です。

 

  • シーグラスってどういう商品?
  • 原価がかからないけど本当に売れるの?
  • どこで仕入れる商品?

 

今回は、このような悩みを抱えている人のために、仕入れ原価がかからないシーグラス転売について解説していきます!

複数の商品がある中で、ハンドメイド用品として使うことができるものなので人気があります!

 

転売で原価がかからないのは魅力的ですね! シーグラス以外にも紹介していくので、気になる人は必見です!

 

よくわかる解説

シーグラスは原価ゼロ円で稼げる

浜辺・海辺で採取するのが一般的

薄利多売方式になる

そもそもシーグラスとはどういう商品?転売に使える?:序章

結論から言うと、シーグラスは売れる商材です。

転売に使うことができて、ハンドメイドをしている人に需要があります。

 

そもそも、シーグラスについて知らない人のために解説しておくと、ガラス瓶などが波や海の力によって丸くなったもののことを指します。

ガラス片になっているので、透明度が高いものほど高値で取引されてます。

 

 

最近では、アクセサリー・インテリアとして使用する人も多いです。

購入すると高いですが、近くに海がある人は、タダで仕入れることができます。

 

つまり、ネットで○○円するようなものを、海辺でタダで仕入れることができるので、仕入れれば仕入れるほど利益になる商材ということです。

シーグラスを売る場所は様々ですが、基本的には以下の販売先を使用します!

 

フリマアプリ

ヤフオク

 

中でも特に売れるのは、フリマアプリです。

メルカリ・ラクマを中心に販売していくのですが、ハンドメイド系のアクセサリーが多いラクマだと、高値で売れることも少なくありません。

シーグラスを転売するメリットを3つ紹介します!

 

 

シーグラスが、せどり・転売の商材として取り扱えることが分かったので、転売するメリットを解説していきたいと思います!

実際無料で仕入れることができるので、売ることができたらその分が利益になります。

 

仕入原価が一切かからない商品ほど、お宝なものはありませんからね!

具体的なメリットは、以下の通りです。

 

原価が一切かからない

ハンドメイドをする人に需要がある※回転率が高い

綺麗なものは高く売れる

 

かなり売れるジャンルなので、定期的に仕入れたいところです。

仮に、近くに海がある人は一度訪れてみると良いでしょう。

 

浜辺にきれいなシーグラスが落ちていたら、お金に変わるかもしれませんよ(^^)/

原価が一切かからない

まず、シーグラスですが、基本的に原価をかけずに仕入れることができます。

仕入れ先は、店舗でもネットでもなく海辺ですからね…笑

 

シーグラスは、海に捨てられたガラスのことを指すので、誰かが捨てたガラス瓶を売るようなイメージになります。

当然、仕入れコストはゼロ円ですし、見つければ見つけるほど利益になるジャンル。

 

せどり・転売をする際は、原価がかからない商品ほど利益になりますし、利益として上乗せしたいと思って人は必見ですよ♪

また、シーグラスは以下の理由から重宝されています。

 

ハンドメイドの素材として使える

ステンドグラスにも活用されている

宝石のようにきれいになる

結婚式や結納でも使われることが多い

 

季節感がある商品に比べると、圧倒的に利益が出るジャンルです!

通年売ることができるというのが大きいですし、どの時期から参入しても問題ありませんよ!

 

時期が限られないというのはいいことですね!

 

実際、シーグラスはきれいなものほど高値で取引されます。

 

 

この様に、複数の商品がありますが、売れているものはどれもきれいなもの。

状態が良いものに関しては、さらに高値で取引されるので期待されます!

ハンドメイドをする人に需要がある※回転率が高い

シーグラスは、きれいなのはわかりますが売れるかどうかわかりませんよね。

実際、海辺で拾ってきて仕入れたとしても、利益にならないと意味がありません。

 

ただ、シーグラスは一部の層の人にかなり人気があります。

 

ハンドメイドをしている人

コレクションをしている人

お子様がいる家庭

 

一番は、ハンドメイドをしている人です。

シーグラスは、基本的にハンドメイドの材料として使われることが多いです。

 

アクセサリーや指輪等で使用されることが多いのですが、大型のものはステンドグラスにも使われることがあります。

しかし、自然が生み出す産物ということもあって、どれも形が異なるのが特徴です。

 

 

二つのシーグラスを比較した例ですが、きれいなものは本当に宝石のようです。

ハンドメイドをしている人からすると、アクセサリーに使うのも理解できますね(^^)/

 

また、この綺麗さからお子様に購入する人も少なくありません。

海に行かないと仕入れることができませんが、メルカリ等で販売されているものを購入すれば、簡単に手に入ります。

 

内陸の場合は、海に行くのも手間がかかりますし、メルカリ・ラクマといったフリマアプリでの売れ行きが良くなるのです。

 

ハンドメイドの素材は、どれも回転率が高いイメージがあるから、商材としては最適ね!

綺麗なものは高く売れる

最後に、きれいなものは高く売れる傾向にあります。

シーグラスができる過程は、海に転がったガラス瓶が波や砂によって形成されたものを指します。

 

つまり、形成されるものによってシーグラスは異なるので、千差万別です。

当然、シーグラスの中でも売れるのはきれいなものに限ります。

 

 

実際に、メルカリで売れているものを見ればわかりますが、どれもきれいなものが売れていることがわかります。

当然、海辺に落ちているものなので、研磨剤等である程度リペアが効きますが、それでも自然が作り出すものは違います。

 

丸の形もそうですし、透明度も瓶によって異なるからです。

コレクションやインテリアの場合は、そこまで形や色を意識することはありませんが、アクセサリーとして使う場合は、結構重要視されます。

 

ネックレスの場合は、ワンポイントになるので、宝石のようにきれいなものが人気です(^^♪

複数のシーグラスがありますが、色付きのものは特に仕入れたいところ。

 

鮮やかな色のものほど、アクセサリーに使うことができるのでオススメです!

シーグラスを転売する3つのデメリット!

シーグラスは、転売の商材として使うことができますが、デメリットも存在するので注意しましょう。

元手が一切かからないというのは良い点ですし、仕入れた分だけが利益になるのでオススメできますが、売れない可能性もあるので注意しましょう。

 

具体的なデメリットは、以下の通りです。

 

海に行く必要がある

競争率が高い

形が悪いと売れない

 

一番は、海に行かないと仕入れることができないという点です。

シーグラスが取れるのは海だけですし、近くにない場合はそこまで出向く必要があります。

 

安く販売されているものを刈り取るのもありですが、原価がかからない商品だとわかっているのに、刈り取るのは勿体ないです。

そのため、シーグラスを取り扱いたいと思っているなら、近くに海がある人のほうが有利ですよ!

海に行く必要がある

まず、シーグラスを仕入れる際ですが、海に行かないと仕入れることができません。

車で30分の範囲内に海があるなら問題ありませんが、海岸に行くまでの時間やコストを考えると、費用対効果が合わない可能性があります。

 

実際、海に行くにしてもガソリン代がかかりますし、まずはそれを回収しなければなりません。

車がない人は、電車などを使う必要があるのですが、交通費がかかります。

 

その他、以下の経費が掛かるので注意しましょう。

 

駐車場代

往復する際の時間

高速代

 

何かと費用が掛かるので、極力赤字にならないレベルでの仕入れを行いましょう。

メルカリでの相場を見ると、グラム当たりで値段が付けられています。

 

 

小粒のもので、555円の値段がついているのですが、グラムに換算して約50~80g程度。

往復の経費で、2,000円程度かかる場合は、最低でも200g以上を仕入れなければなりません。

 

場所によっては、頻繁にシーグラスが転がっていることもありますが、海によってはほとんどない場合もあります。

シーグラスを仕入れるのはいいですが、費用対効果が合うように1キロ以上仕入れてから帰るのが理想です!

 

状況次第だと思いますが、それくらい仕入れないと元が取れないということですね!

競争率が高い

次に、競争率が高いという点です。

この記事を見ているということは、シーグラスが転売に使えるかどうか気になっている人ですよね。

 

しかし、つい最近シーグラスについて知った人も多いでしょう。

そのきっかけというのは様々ですが、以下が挙げられると思います。

 

テレビの特集

雑誌

口コミ

 

一番は、テレビの特集です。

シーグラスの需要が高まっていることは事実で、”海で取れる宝石”等と放映されて以来競争率が非常に高まっているのです…

 

転売ヤーが採取していることもありますが、単に興味があって採取している人もいます。

普通に家族連れが仕入れていることもありますし、競合が非常に多い分野といえるでしょう。

 

販売者も同様で、商品を取り扱っている人のほとんどは、ハンドメイド系のアクセサリーを取り扱っている人です。

そういう人は、売れる形・色を把握していることから、強いライバルになることでしょう。

 

そういうライバルが台頭している状態で販売するのは、かなりリスキーかもしれないわ…

形が悪いと売れない

最後に、シーグラスは形が悪いと売れないので注意しましょう。

シーグラスは無料で手に入る分、形を厳選して購入している人が多いです。

 

メルカリでは売れ行きの良い商品ですが、長期間在庫を抱えている場合もあります。

 

 

例えば、こちらの商品。

メルカリで販売されているシーグラスですが、長期間在庫になっています。

 

全体的に形や色が悪いですし、透明度も高くないので、典型的に売れないシーグラスの例です。

一方、以下のシーグラスの場合。

 

 

こちらの出品者は、シーグラスをメインに販売している人です。

ちらほら売れている商品がありますが、どれも形が非常にきれいです。

 

透明度も高く、売れる理由がわかりますね!

この様に、海に遠征してシーグラスを仕入れたとしても、利益にならない可能性があるので注意しましょう!

 

せっかく時間をかけて遠征したのに、仕入れることができなかったら残念ですよね…
まあ、そうならないためにも売れるシーグラスを探すことが重要ね!

 

僕も、たまに海にシーグラスを取りに行くことがあります。

家族サービスの一環で海に行くのですが、何度も海に行けば利益になるきれいな形もわかってきます!

 

無駄足にならないためにも、しっかり見極めて仕入れると良いでしょう。

シーグラスを転売するには?手順を紹介します!

シーグラスですが、海で採取することができれば原価をかけることなく売り切ることができます。

複数の種類がる中で、商品を売り切るためには手順がそれぞれ存在するので意識して仕入れましょう。

 

具体的な手順は、以下の通りです。

 

①海辺に行ってシーグラスをゲットする

②砂などを洗い流して塩素消毒

③売れるシーグラスを選別する

④フリマアプリ・ヤフオク等で選別

 

この手順を意識すれば、きれいなシーグラスを仕入れることができますよ!

しかし、費用対効果のことを考えた場合、少しでも利益になるようにしなければなりません!

 

原価がかからない分、形を選別する・数を増やすといった工夫をしないと、ライバルと差をつけることはできませんよ!

継続的にシーグラスで稼ぎたい人は、これから紹介する内容をしっかり意識しましょう!

①海辺に行ってシーグラスをゲットする

まず、海辺に行ってシーグラスをゲットしましょう。

この際、売れるシーグラスを初期の段階で見分けておくと良いです。
※最終的に売れそうなものを再度ピックアップします

 

シーグラスで人気があるのは、以下の商品です。

 

色がはっきりしているもの

透明度が高いもの

小さいもの

 

まず、色がはっきりしているものです。

先ほどの売れているシーグラスを例に挙げると、透明度・彩度の両方をクリアしてるのがよくわかります。

 

 

基本的には、ブルー系のシーグラスがメインですが、ボトルによっては赤や黄色といったものもあります。

さらに、ビールのハイネケンのような緑色のボトルから形成されるようなシーグラスは、人気があります!

 

見つけるのは難しいですが、海辺・浜辺に行けば仕入れるのも簡単ですよ(^^)/

ある程度見つける場所を決めておけば、スムーズに探すことが可能です。

②砂等を洗い流して塩素消毒

海辺でシーグラスを見つけた場合は、まだ砂が付着している情痴です。

そのため、傷がつかないように砂を洗い流しましょう。

 

できる限り、持ち帰る際に傷をつけないためにも、海で洗うのがベストです!

ある程度洗ったら、袋などに入れて持ち帰ります。

 

その後、家に帰ってすることは、以下の通りです。

 

塩素消毒※6時間~半日

天日干し※1日

 

そのため、シーグラスを仕入れてきたとしても、すぐに転売できるわけではないので注意しましょう。

最低でも2日はかかるので、最初から多く仕入れてきたほうがお得です♪

 

塩素消毒をする場合は、シーグラスをつけおきしておくだけでよいです。

 

 

キッチンで使うような、このようなものでも構わないので、消毒後は水でよく洗い流しましょう。

そして、天日干しをしてきれいにしたところで、ようやく商材として出品できるようになります。

 

メルカリで売れていないシーグラスを見ると、その大半がここまで手間がかけられていないことが多いです。

仮に、シーグラスを高く売りたいと思っているなら、手間をかけることが重要です!

 

きれいなものほど売れますからね!しっかり時間をかけたいところです!
原価がかからない分、少しでも売れるようにしなきゃね!

③売れるシーグラスを選別する

シーグラスを商材として取り扱う場合ですが、売れるものを選別しなければなりません。

最初に拾ってきた時点で、ある程度選別していると思いますが、その中からさらに売れるものを選別しましょう。

 

形別で分ける

色別で分ける

大きさで分ける

 

この様に、形や色で分けるのもありです。

ハンドメイド用として売る場合は、大きさ別で分けるのも一つの方法です。

 

ちなみに、シーグラスには様々な種類が存在します。

”グラス”とはガラス瓶からできたもののことであり、タイルや陶器等でできたものもあります。

 

普通のシーグラスに比べると、珍しいものなので、売れる可能性が高いですよ!

 

 

おしゃれな箸置きにすることもできますし、ハンドメイドのアクセサリーにも使えます!

また、シーグラスにはペットボトルが紛れ込んでいる場合もあります。

 

質感が異なるのですぐにわかりますが、最後にチェックしてから販売すると良いでしょう。

 

④フリマアプリ・ヤフオク等で転売

最後のステップですが、フリマアプリ・ヤフオクで売る必要があります。

仕入れてきたシーグラスは、売らないことには利益になりませんからね!

 

売る場所は様々ですが、主に以下が挙げられます。

 

ヤフオク

メルカリ

ラクマ※オススメ

 

複数の販路がありますが、個人的にはメルカリ・ラクマといったフリマアプリのほうがオススメです。

特に、ラクマはもともとハンドメイドを取り扱うフリマアプリだったということもあって、売れ筋も良いです。

 

 

こちらは、ラクマで販売されてるシーグラスです。

複数のシーグラスがありますが、原価0円の商品が9,980円で売れています…笑

 

人気の色や形のものであれば、利益になる可能性が非常に高いです。

売れ行きを知りたい場合は、販売状況を”売り切れ”にしましょう!

 

 

出品分に関しては、特にこだわる必要はありません。

海で拾ったことや、塩素消毒をしているということを書くだけで良いです。

 

 

また、ヤフオクでも高値で取引されており、どの販路でも人気があることがわかりますね!

ヤフオクは、ハンドメイドを作成する業者が落札している可能性が高く、高額で取引されます。

 

大型のものから小型のものまで売れる傾向にあるので、それぞれ販売すると良いでしょう。

効率よくシーグラスを転売するコツ3選!

あなたが、シーグラスを仕入れて転売したいと思っているなら、これから紹介するコツをそれぞれ意識しましょう。

原価がかからないような商材なので、売れるかどうかがわからないという人も多いですが、コツを意識すれば問題ありません。

 

具体的なコツは、以下の通りです。

 

台風の後等に仕入れる

形・色を事前に見極める

仕入れる場所を把握する

 

シーグラスを仕入れる際は、仕入れる場所を把握しなければなりません。

ピンポイントで仕入れる場所を狙わないと、効率よく見つけることはできませんよ!

台風のあと等に仕入れる

まず、意識したいのが台風の後です。

シーグラスは、ガラス瓶が波打ち際で打ち付けられて形成します。

 

時間をかけてから形成されることが多いですが、基本的に悪天候あとは多くシーグラスが見つかります。

台風が直撃した後は、仕入れ先として非常にオススメですよ♪

 

しかし、頻繁に台風が来るわけでもありませんし、限定されています。

この場合、雨が降った後や梅雨などをメインに仕入れていくと良いです。

 

雨が長続きするような天候の場合は、シーグラスが見つかりやすいわけですね!
ただ、悪天候のあとは海もあれている可能性があるから、仕入れる際は要注意よ!

 

実際、大荒れした後の海に行くと、多くの人が訪れています…笑

これはシーグラスを拾いに来ている人なのかどうかはわかりませんが、少なくともライバルの可能性が一番近いので、自分のペースで仕入れるようにしましょう!

形・色を事前に見極める

次に、形・色を事前に見極めなければなりません。

シーグラスは、売れないものは何をしても売れません。

 

複数のシーグラスがある中で、仕入れる前に見極めることが重要です。

人気が高いシーグラスについては前述しましたが、もう少し詳しく紹介しますね!

 

形:丸に近いものがベスト

色:ブルー、エメラルド、レッド

大きさ:小さいものが理想※大きいものでもよい

 

形は見た目に直結する部分ですが、きれいなもののほうが売れやすいです。

透明よりも半透明がオススメで、丸いもののほうが売れる傾向にあります。

 

色ですが、基本的にシーグラスは青みがかかったものが多い印象。

そのため、同じようなものを仕入れても売れない可能性が高いので注意しましょう。

 

売れるシーグラスを仕入れたいなら、暖色系(オレンジ・赤等)等を仕入れると良いでしょう。

濃度が濃いものであれば、無駄なく仕入れることができるのでオススメですよ!

 

最後に大きさですが、小さいものがベストです。

基本的には、ハンドメイドで使用することが多いので、小さければ小さいほど使い勝手があります。

 

 

ただ、大きいものでもインテリアになることから、売れ行きは良いです。

実際に売れている実績もあるので、大きさ別に販売するのも良いでしょう!

仕入れる場所を把握する

最後に、仕入れる場所を把握するということです。

シーグラスは、基本的に海辺で仕入れるのですが、海辺でも特定の場所にしかありません。

 

少し浜辺でくぼんでいる場所

波打ち際

ゴツゴツしている場所

 

この様に、仕入れ場所を把握しておけば、スムーズにシーグラスを仕入れることができます。

違った場所を探すよりも、ピンポイントで狙ったほうが安心ですよ!

 

利益を出したいと思っているなら、見つける場所を固定するのは大前提ですね!

シーグラス転売で気を付けたい2つの注意点!

シーグラスは、転売の商材として取り扱うことができますが、仕入れる際は注意しなければなりません。

普通に転売するのもありですが、状況次第では一切売れないということもあるので注意したいところです。

 

複数の注意点がありますが、その中でもあげられるのは以下の通りです。

 

海辺で拾うのが禁止されていることがる

利益が出る値段で販売する

 

シーグラスはタダで仕入れることができるので、原価がかからない商材として紹介することができます。

複数の商材がありますが、ここまで原価がかからないのはシーグラスくらいでしょう。
※利益になる商材の中では

 

実際、商品を仕入れたいと思っているなら、しっかり売れるかどうかの確認をしなければなりません。

売れなければ意味がありませんし、不良在庫として抱えてしまいますからね!

 

仕入れる前に、色々と調査することが重要ですね!

海辺で仕入れることが禁止されていないかどうかの確認

まず、シーグラスですが、海によっては拾うのが禁止されていることがあります。

この場合、拾ってしまうと条例違反になってしまうことがあるので注意しましょう。

 

シーグラス自体の採取は禁止されていないのですが、海に落ちているものを持ち帰ることが禁止されていることがあります。

この場合、実質シーグラスを拾うのが禁止されているようなものです。

 

採取禁止の場所では仕入れないほうが吉

海洋生物に注意※クラゲ等

危険な漂流物に注意して拾う

熱中症等に気を付ける

 

シーグラスは、海で仕入れるのでこの様な危険も存在します。

基本的には浜辺で仕入れることが多いのですが、海の中に落ちていることもあります。

 

この場合、クラゲ等に注意しなければなりません。

また、シーグラスはガラスを取り扱うということもあって、中には形が不十分なものもあります。
(例:ガラスがまだ残っている等)

 

割れた瓶等は、鋭利になっていることがあるので、怪我の原因になってしまうこともあるので注意しましょう。

身の危険が及ぶこともありますし、この辺はしっかり守って仕入れるようにしましょう。

利益が出る値段で販売する

次に、シーグラスを売る場合は、諸経費を計算しなければなりません。

仕入原価はタダですが、諸手数料が発生します。

 

販売手数料

送料

 

基本的には、この二つが挙げられますが、フリマアプリを使う場合は専用の配送サービスを使うと良いでしょう。

例えば、こちらの配送サービス。

 

 

メルカリが推奨しているサービスですが、全国一律の料金で送ることができます。

料金相場は様々ですが、シーグラスはそこまで大きい商材ではないので、185円のパックか350円のパックで送ることができます。

 

販売手数料は、売上金の10%かかるとして、500円の利益を出したい場合は、最低でも800円程度で販売しなければなりません。

売れているシーグラスは、500円~1,000円程度のものが多く、十分利益が出るジャンルです。

 

しかし、モノによっては一切売れない可能性もあるので注意しましょう。

 

相場

 

この辺をしっかり調べてから、シーグラスを仕入れないと意味がありません。

上質なシーグラスは、それだけセットにして高めの価格を設定するのも良いでしょう。

 

また、状態が悪いものに関してはジャンク品として出品することができます。

 

 

こちらは、シーグラスで検索した際に、”訳あり品”として販売されていたものです。

原価がかからないので、拾うことに夢中になるのはわかりますが、ものによってはジャンク品でも売れない可能性があるので注意しましょう。

 

仮に、シーグラスを仕入れる際は選定してから集めるといいわ!

シーグラス以外にもある!転売に使える意外な商材を3つ紹介します!

シーグラスは、原価を一切かけることなく仕入れることができる商材です。

しかし、シーグラス以外にも原価をかけずに仕入れることができる商材があるので、そちらも合わせて紹介しますね!

 

基本的にはメルカリで販売するのですが、主婦・子持ちの家庭などを対象にしていきます。

具体的な商材は、以下の通りです。

 

お菓子の箱

ペットボトルのキャップ

お菓子類

 

お菓子類に関しては、仕入れ原価がかかりますが、高値で売れるジャンルです。

ディスカウントストアで販売されてるお菓子も、メルカリでは商材に変わりますよ!

 

また、お菓子の箱やペットボトルのキャップ等、本来は捨てるようなものでもメルカリでは利益になります。

仕入れる商品は様々ですが、個人的にオススメなのはお菓子の箱です!

 

メルカリでは、意外と売れるものが多く存在するので、しっかり把握しておきたいところですね!

お菓子の箱

意外と売れるものとして紹介したいのは、お菓子の箱です。

シーグラスと同様に、原価がかからない商品であり、ゴミになることが多いです。

 

「本当にこういう商品が売れるの?」と思う人もいますが、メルカリでは販売実績がある商品ですよ!

実際に、”お菓子 空箱”で検索すると、商品がヒットします。

 

 

この様に、おしゃれな容器が販売されているのですが、このような商品は子供等に人気があります。

出品している人は、様々な目的・用途を書いています。

 

子供の自由研究

小物入れ

ハンドメイド

 

一番は子供の自由研究に使えるという点でしょう。

お菓子の箱というのは、お菓子を食べないと空き箱ができないものですからね!

 

普段食べないようなお菓子を無理して食べるのも気が引けますし、そうするくらいならメルカリで購入したほうが良いと思うわけです。

 

珍しい空箱は、全体的に売れるイメージがあるので、海外のお菓子等を頂き物でもらった場合は空箱だけでも出品すると良いでしょう!

その際は、しっかり用途を書いておくことが重要です。

 

ただ出品しても、”何この商品”と思われますからね…笑
用途を書いておけば、それに合わせて購入してくれる人も増えるわ!

ペットボトルキャップ

次に紹介したいのが、ペットボトルのキャップです。

こちらも、先ほど紹介したお菓子の空箱同様に捨てるものであり、利益になることはないように思えます。

 

しかし、メルカリでは販売実績がある商品です。

 

 

この様に、大量のキャップが販売されているのですが、理由は様々です。

中でも多いのは、”子供の自由研究に”というもの。

 

夏の時期に売れることが多いのですが、大量のキャップを使う自由研究の作品を制作する場合に必要になります。

制作に500個のキャップが必要になる場合、最低でも500本のペットボトル容器が必要になってくるのです。

 

結構膨大な量になりますし、そういう時にメルカリを利用するわけです。

本来は無料で手に入るものですが、購入する目的がはっきりしています。

 

確かに!あれば便利ですし、結構売れる商材では?

 

ただ、キャップは頻繁にゲットできるようなものではありませんし、日々ペットボトルを開ける人ならオススメできます!

実際、ペットボトル容器を捨てる際は、キャップと容器を分けなければなりませんし、その際にキャップだけを集めておくと良いでしょう。

 

 

また、ペットボトルのキャップでも、このように珍しいものは高値で取引されています。

海外限定のペットボトルキャップですが、ハンドメイド等に使われることから、高値で取引されるのも理解できます。

 

中には、ペットボトルのキャップをコレクションしている人もいますからね…笑

旅行先で、珍しいドリンクを飲んだ場合は、キャップを回収しておくと良いでしょう!

お菓子類

最後に紹介したいのが、お菓子類です。

こちらは他の商材に比べると、仕入れ原価がかかりますが、メルカリ等のフリマアプリではかなりオススメの商材です!

 

複数の商品がある中で、お菓子類はまとめ売りすると売れやすくなります。

例えば、以下の商品。

 

 

複数の商品がありますが、セットにして販売すると売れている商品がいくつかあります。

特に、自粛期間中は外出をしたくない人が増えたということもあって、売れ行きが好調な商品です。

 

実際、販売されている商品を見ると、販売定価よりも若干安い値段で販売されています。

コンビニよりは安いですが、ディスカウントストア等で購入するよりも高いです。

 

つまり、こういう商品はディスカウントストアで仕入れている可能性が非常に高いです。

 

 

例えば、こちらの商品。

複数のお菓子がまとめられているのがわかりますが、いずれも原価が安い商品。

 

これが〇〇円で販売されているわけですから、普段買い物をする人からすると驚きですよね…笑

ディスカウントストアでは、格安で仕入れることができる商品も多いので、しっかりし入れておきたいところです。

 

また、シーグラスやお菓子の容器以外でも売れる商材は多く存在します。

意外と売れる商材を知りたい人は、以下の記事を参考にしてくださいね♪

 

メルカリせどりで意外と売れる商品リストを徹底公開しちゃいます!

まとめ:シーグラスは転売で取り扱いたい商材!

今回、シーグラスについて解説したのですが、近くに海がある人ならオススメすることができる商材です。

複数の商材があることは確かですし、見極めなければ売れることはありません。

 

しかし、その分利益になる可能性が高いことから、仕入れる価値は十分にありますよ♪

 

形が良いものを選ぶ

透明度が高いものを選ぶ

小物系を選ぶ

 

シーグラスは、基本的にハンドメイドで使われることが多いので、アクセサリー等に使うことができるような小さいものが良いです。

形が良いものに関しては、特に売れる可能性が高いです(^^)/

 

原価はかかりませんが、仕入れる手間・時間等を考えると、費用対効果が合わないという人も少なくありません。

近くに海がある人なら、仕入れる価値はありますが、わざわざ遠征して仕入れる必要はありませんよ!

 

そういう人は、中古せどりをすることをオススメします!

仕入れ原価はかかりますが、シーグラスのように薄利多売をする必要はありませんし、一撃1万円以上の高利益商品も仕入れられます!

 

詳しい内容については、以下の記事を参照ください♪

 

中古せどりを始めるためには?オススメ店舗を紹介します!

-副業

Copyright© プロが教えるカメラ転売ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.