カメラ転売

ライン@をブログ・サイトの集客に使える?運用方法を解説します!

「ライン@を使って集客につなげるには?」

「ラインを使って集客をしたい!」

 

現在、国内で8,000万人以上の会員が存在するラインですが、顧客にダイレクトに情報を伝えることができます。

開設も無料ですし、現在では集客に使う人も多く、僕も無料のメルマガ配信等に使うことも少なくありません。

 

今回は、ラインを使って集客をする方法を解説していきたいと思います!

 

結論

ライン@は集客に使える

ブログ・サイト集客に最適

無料で利用可能な集客ツール

ラインがSNSの中でも集客に有利な3つの理由

ラインは、国内でも8,000万人以上が登録しているSNSであり、コミュニケーションアプリとして有名です。

公式情報によると、ラインを毎日使っているユーザーは、8割以上存在するとのこと。

 

今や、日本の生活のインフラを支えているといっても過言ではないですね!

 

僕たちの生活の一部にあるラインを、集客に使わないというてはありません。

実際、ライン集客を考えた場合、登録者である8,000万人以上を対象にすることができるので、かなり大きいポイントです。

 

他のSNSよりも圧倒的に集客力が高い

無料で導入できジャンルは問わない

リピーター獲得に適している

 

これらの理由が存在するので、それぞれ解説していきます(^^)/

他のSNSよりも圧倒的に集客力が高い

SNS集客を考えた場合ですが、TwitterやInstagram等が挙げられます。

その他は、動画広告や町の広告等が挙げられるわけですが、現在ではWebで集客するのが一般的です。

 

デジタル広告の中でも、SNSは現代の広告方法として適しており、いずれも同じような集客力があります。

さらに、他のSNSと比較した場合、ラインは”ユーザー数””情報伝達”にたけているといえるでしょう。

 

 

ラインの月間ユニークユーザー数は、4,100万人以上存在し、日常的にスマホを使用しているユーザーを対象にすることができます。

導入する際のコストは一切かかりませんし、簡単に活用できるのがポイントの一つ。

 

ライン@も無料で始めることができますし、良い集客になりそうですね!

 

公式アカウント(ライン@)から友達に配信した場合、ラインのトーク画面に直接届くので目に入りやすいですよ(^^)/

ポップアップで通知されることから、定期的に配信することができれば、いいと思います。

 

一方、他のSNS(Twitter、Instagram)に関しては、アプリを開かなければ集客することができませんし、相手が更新通知をしていない限りは大きな集客につながりません。

そういう意味でも、いかにラインユーザーが集客に適しているのかがわかりますね!

 

無料で導入できジャンルは問わない

僕の場合は、ライン@を使う際はこのブログの集客に使うようにしています。

ライン@登録に誘導させることができれば、定期的にメルマガを配信して集客につなげることができるので便利です!

 

企業や店舗が集客をする場合、ホームページの作成は必須です。

それを作成するだけでも、費用・工数が発生してしまいますし、その分負担が大きいので注意したいところ。

 

ライン@に関しては、無料ですし工数も一切かかりませんからね!

 

さらに、ライン@に関してはジャンルは問いませんし、企業・店舗等で活用されています。

僕が知っているジャンルでは、下記が挙げられます。

 

飲食店の集客

企業ホームページの集客

ブログの集客

商品購買

 

業種も商材も問わずに、活用できるというのは良いことです。

ライン@を使えば、顧客獲得をすることも可能で、飲食店では積極的に使われています。

 

僕の知り合いで、飲食店を経営している人がいるのですが、予約・問い合わせ目的でライン@を使ったそうですが、導入前に比べると20~30%予約が増えたそうです。

さらに、最近ではスーパーなどもライン@を作成しており、電子チラシを配布してリピーター客の確保に尽力しています。

 

ブログの集客だけではなく、多ジャンルでの集客ができそうですね!

リピーター獲得に適している

ライン@は、追加してくれた人に対して、情報発信をすることができます。

個人的に、ライン@に登録するということは、下記の心理があると思っています。

 

相手のことをもっと知りたい

お得な情報をもっと知りたい

 

つまり、ライン@を登録してくれた人は、基本的に僕自身のことを知っているということです。

ブログ経由で登録する人がほとんどであり、”このライン@に登録すればお得な情報を受け取れる”という人が多く訪れるわけです。

 

既存客というわけですね!そういう人に向けて発信すればいいかもしれません!

 

ライン@では、既存客と親密なコミュニケーションをとっていくことができるので、リピートにつながります。

100人のリピーターができれば、記事が更新するたびに100人閲覧してくれるということになるので、増やせば増やすほど得です。

 

知り合いに、マーケティング担当として働いていた人がいますが、「穴の開いたバケツに水を注いでも水はたまらない」といっていたことを覚えています。

マーケティング集客の原理原則であり、下記のように解説していました。

 

  • 水:新規顧客
  • バケツの中:既存顧客
  • あふれ出る水:離脱顧客

 

バケツに穴がが開いていると、そこから水があふれ出るように、お客様も離脱するとのこと。

単に新規顧客だけを増やすことに尽力したとしても、リピーターをつなぎとめるような施策が重要だといっていました。

 

そのために、下記の施策ができます。

 

定期的にお得情報を発信する

ユーザーとのコミュニケーションをとる

既存顧客を放置しない

 

顧客が離脱した場合は、”なぜ離脱したのか”ということを考える必要があります。

リピーターをとどめると、バケツの穴を防ぐことができますし、さらに新規顧客を増やせばバケツの水も満ちていきます。

 

それなら、新規も既存も増えて集客に大きくつながりそうですね!

集客に活用すべき!ライン公式アカウントの説明!

あなたが、ラインを集客で使う場合、普段使っているプライベートアカウントではいけません。

ブログの集客でも、公式アカウントを作ることが前提です。

 

 

ライン公式アカウントとは、ライン@のことであり、導入している人もいると思います。

ビジネス集客で使うことができる他、ユーザーとのコミュニケーションツールとしても使うことが可能です。

 

従来は大手企業でしか使うことができませんでしたが、現在は中小企業・個人でも使うことができるようになりました。

最近では、料金体系等も統一されており、基本料金は無料で利用することができます。

 

使い勝手が良い集客ツールというところですね!

ライン公式アカウントでできること

ライン@は集客に使うことができるのですが、大きく分けて6つのことを行えます。

ライン@を導入している人でも、使い方がわからないという人もいると思うので、それぞれ意識したいところです。

 

メッセージ機能

チャット機能

リッチメッセージ

リッチメニュー

ショップカード

クーポン発行

 

いずれも、集客に使うことができる機能ですし、ブログや店舗に流動したい人は必見ですよ(^^)/

メッセージ機能

 

まず、基本機能ですが、ライン@ではメッセージを送ることが可能です。

公式アカウントから登録したユーザーに対して、メッセージを送ることができ、ユーザーの属性に合わせてメッセージを考えれば、高い集客性があります。

 

僕の場合は、ビジネスマインド等を発信することが多く、ユーザーにとってメリットがある情報を渡しています。

属性としては、30~40代の副業をしたい人が対象であり、性別は問いません。

 

ターゲットを絞って情報発信すると、コアなファンを獲得できそうですね!

 

ユーザーに合わせて、メッセージを送ることができれば、集客も簡単ですよ!

チャット機能

 

ライン@では、登録してくれたユーザーとコミュニケーションをとることができます。

従来は、メッセージを送っても自動送信しかすることができませんでしたが、複数のユーザーを含むグループでのチャットが可能です。

 

これを利用することで、あなた自身のファンになってくれた人と親密に絡むことができるようになります。

ブログの集客で使っている場合は、登録してくれたユーザーから感想をいただくこともあります。

 

集客だけではなく、コミュニケーションが取れるのはいいことですね!

リッチメッセージ

 

ライン@には、リッチメッセージ機能というものが存在し、画像・テキスト情報を一つの文章にまとめて発信するというサービス。

文章を要約しなければなりませんが、簡潔でわかりやすい訴求をすることができますし、通常のメッセージよりも高い集客性があります。

 

実際、ライン@で集客をしている人のほとんどは、URLを張り付けることが多いので、リッチメッセージを送っているということになります。

テキストメッセージを送るときは、ユーザーとコミュニケーションをとるときといっても良いでしょう。

 

状況次第というところですが、ブログ・サイトの更新告知はリッチメッセージを使うといいですね!

リッチメニュー

 

リッチメニューは、ライン@に訪れたユーザーに対して、画面下部に大きくメニューを開かせることができます。

サイト・ブログの集客に使うことは少なく、飲食店・店舗予約等に使うことが多い機能です。

 

メニューをタップすると、”予約・メニューの確認・クーポン発行”等が表示されるので、リピーター確保につながります。

自由に設定できる項目なので、ブログで使う場合は、外部リンクとしてトップページを張り付けておくと親切です。

 

使える機能は全て使っておきたいですからね!

ショップカード

 

ショップカード機能は、店舗来店したときに、ポイントを管理することができる機能です。

こちらは、完全にブログ・サイトの集客で使うことはありませんが、教材を販売している場合は使える可能性があります。

 

ショップカードは、商品を購入したときやサービスを利用したときに、そのインセンティブとしてポイントを発行するというもの。

ライン上で発行することができ、そのポイントに応じて特典を設定することができます。

 

ポイント数に応じて教材の割引

一定数達したら無料教材プレゼント

 

これらの機能として使うことができるので、使い勝手は良いです。

僕も新しい施策として、導入を検討しているところです(^^)/

 

色々なジャンルでの集客ができるので、いいかもしれませんね!

クーポン発行

 

最後に、ライン上で使うことができるクーポンを作成できるというサービス。

作成したクーポンに関しては、抽選でメッセージ・タイムライン上で配信することが可能です。

 

これを活用すれば、リピーター客を確保することができます。
※定期的にイベントを開催すると良い

その他、”タイムライン機能、AIメッセージ”等の機能が存在し、集客に使うことができるツールが多いので、活用したいところです(^^)/

 

ライン@を活用すれば、大きな集客にも使えるのでいいと思います!

補足:ライン@を運用する費用は?

ライン@は、アカウント開設に料金は発生しませんが、有料プランも存在します。

初期費用に関しては、完全無料で利用することが可能ですが、課金をすることでライン@が充実します。

 

 

月額課金制を導入しており、複数のメッセージを配信する場合は課金が必要です。

どのプランでもメッセージを送ることができ、基本的にどの機能も利用できます。

 

メッセージの配信数ですが、フリープランの場合は1,000通までしか送ることができません。

友達の数に応じて変わるので、200人の友達がいる場合は、5人までしかメッセージを送れないということになります。
※フリープランでは追加メッセージの従量課金ができません

 

最初はフリープランで利用して、最終的にライトプランに移行するのもいいかもしれませんね![/st-kaiwa1

 

大体できな集客に使う場合は、ライトプラン等に課金したほうが良いですが、基本的には必要ありません。

友達追加の数が増えてきた場合や、メッセージを送りたい場合に、プランの切り替えをすると最も効率的です(^^♪

まとめ

ライン@を集客に使う方法を解説したのですが、特に難しいことはありません。

ブログ・サイトの集客に使うこともできますし、店舗や飲食店の予約等にも使うことができます。

 

ライン@を使えば、ユーザーとコミュニケーションをとることができる他、コアなファン層を獲得することができるので、リピーターも増えやすいです(^^)/

実際に、僕もライン@を運用しているのですが、ビジネスマインドなどのお得情報を発信中です!

 

実際に、ライン@を使ってからブログの集客も上がりましたからね!

定期的に発信しているので、ぜひ登録してみてください(^^♪

 

TAKEのライン追加はこちらから

-カメラ転売

Copyright© プロが教えるカメラ転売ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.