カメラ転売

モノレートが終了!せどり業界にどう影響を与える?代替えツールを紹介します!

転売をする際は、リサーチをしてから仕入れるかどうか判断するのですが、その際に活用することが多かったのがモノレートです。

しかし、2020年6月30日をもってモノレートは運営を終了してしまいます…

 

「モノレートが閉鎖したらどうすればいいの?」

「モノレートの代わりに使えるツールはある?」

「モノレートが終了すると転売界隈にどう影響する?」

 

今回は、このような悩みを抱えている人のために、モノレートが閉鎖することについて解説していきます。

今まで、多くのせどらーを支えてきたモノレートが終了してしまうのは、かなり大打撃ですよね…

 

これを機会に転売をやめる人もいそうですし、代わりのツールをしっかり把握しておきたいところですね!

 

よくわかる解説

終了後はKeepa・デルタトレーサーに移行すると良い

今後他のツールも終了する可能性がある

ツールの改修が予想される

モノレートが終了するのは本当?:序章

まず結論から言いますが、モノレートが終了するのは本当です。

転売をしている人からすると、モノレートがなくなってしまうことで大打撃を受けてしまう人も多いでしょう。

 

どの記事を見ても、モノレートの紹介は必ずありますし、グラフ等も見やすく使いやすいツールでした。

しかし、2020年6月30日をもって全面的にサービスが終了します。

 

 

公式ページでも公開されている通りであり、復活のめどは今のところありません。

サイトが閉鎖する理由は様々ですが、一番はモノレートがAmazonの規約に違反することが大きいようです。

 

実際、モノレートがなくなることは以前から言われていたことです。

僕自身もモノレートを使っていましたが、2020年の3月あたりからデータが正しく取れなくなっているのに気づいて、別のツールを利用していました…

 

今まで、転売を支えてきたツールがなくなってしまうのはかなりショックです…
いつかはと思っていたけど、いざなくなると寂しいわ…

 

今回、モノレート終了に伴い、代わりに使えるツールを紹介するので要チェックですよ!

僕も実際に使っているツールなので、今後転売を継続していきたいと思う人だけ読み進めてください(^^♪

そもそもモノレートとは?

最近転売を始めた人は、モノレートについて知らないと思うので、改めて解説しておきます。

モノレートは、Amazonで販売されている商品のデータを閲覧することができるツールです。

 

商品の価格推移

商品ランキング※重要

ライバルの数

 

転売に必要な情報を、モノレートでは把握することができました。

ランキンググラフは、特に重宝されており、売れ筋を把握できることからリサーチには最適でしたよ!

 

 

この様なグラフを閲覧できたのですが、これがなくなってしまうと思うと、かなり影響を与えてしまうことが予測されます。

そもそも、利益が出るかどうかチェックするツールの代表例としてモノレートを使っていた人も多く、今後何を使えばよいか迷っている人も多いでしょう。

 

代替のツールを使うのが一番ですが、それについて知らない人も多いですからね…

今回の終了に伴い、転売業界から身を引く人も現れることが予測されます。

モノレートが終了することで転売に影響すること

本来仕入れをする際は、モノレートを使っていた人も多いと思います。

実際、僕も商品のリサーチをする際はモノレートに依存していましたし、今回の終了によって、結構打撃を受けることが多いですね…

 

複数のツールがあるとはいえ、無料でここまでのポテンシャルを発揮するツールがそこまでなかったこともあり、ショックな出来事です。

モノレートが終了すると、以下の影響があることが予測されます。

 

無料・有料ツールに顧客が流れる

店舗せどりをする際に手間がかかる※アプリを利用する必要がある

現存するアプリの改修が始まる

モノレートと対等するサービスの開発

 

モノレートが終了した場合は、今回紹介するツールを利用することでいったんは代用することが可能です。

実際、そちらのツールをメインで使っていた人からすると、モノレートの影響は少ないといえるでしょう。

 

Keepaやデルタトレーサーに関しては、無料版でもモノレート以上の使いやすさがありますし、慣れれば仕入れに大活躍しますよ!

しかし、一つ注意したいのが、店舗でリサーチする際に少し影響が出るということ。

 

現存するアプリは、どれもモノレートと連携しているアプリであり、ランキンググラフ等はモノレートに依存しています。

つまり、モノレートが終了してしまうと、データを取得することができる場所がなくなるので、アプリも自然と終了してしまうのです。
※アマコードがいい例です

 

モノレートが終了するとして、アプリの改修が進んでいるなら問題ありませんが、それ以上の影響が考えられそうです。

しかし、これはアプリ版だけではなく、電脳せどりをする際のツールにも影響しています。

 

複数のツールでは、モノレートの情報をそのまま連携していたので、ツール自体は終了しないものの、ランキンググラフ等の機能が閉鎖すると発表されています。

 

いかに、モノレートに依存していたのかということがわかりますね…

 

せどり・転売をしている人も、無料でここまで利用することができるツールで、中々ポテンシャルを発揮できるものがなかったため、今回の終了は大打撃でしょう…

取り急ぎ、別のツールを利用することになるのですが、それに慣れるまでに時間がかかることでしょう…

 

モノレート同様に、いつ終了するかわからないけど、とりあえずはそういうツールで代用するしかないわ!

モノレート終了後はこれ!代替ツールを4つ紹介します!

モノレートですが、多くのせどらーを支えてきたツールであり、今までその機能に依存してきた人も少なくありません。

それが終了することに、少し絶望している人もいると思いますが、気にする必要はありませんよ!

 

代替ツールを利用することで、モノレートに近い情報を手に入れることができます。

ランキング系のグラフから、値段の推移まで様々な情報を知ることが可能なので、非常にオススメです!

 

実際、モノレートがなくなったところで、代替ツールを利用すれば何とかなりますからね!

肝心なオススメツールですが、以下が挙げられます。

 

デルタトレーサー

Keepa

ショッピングリサーチャー

モノサーチ

 

この中でも、無料で特に使い勝手が良いのはデルタトレーサーです!

モノレートよりも正確な情報を仕入れることができますし、今後稼いでいきたいと持っているなら、導入して損はありませんよ!

 

モノレートの終了に伴い、仕入れができないと思った人も少なくありません。

ただ、終了した状況だからこそ、周りにライバルがいない状態になるので、チャンスととらえましょう!

 

これから紹介する代替ツールは、どれも機能性に優れているものばかりなので、転売を続けていきたい人は必見です!

デルタトレーサー

 

最初に紹介するのは、デルタトレーサーです。

デルタトレーサーは、無料版で公開されており、一部は会員登録が必要ですが、オンライン上でモノレート同様にグラフを気軽に調べることができます。
※Google Chromeの拡張機能でもあります

 

モノレートの代わりに使いたいと思っている人には最適であり、無料で使えることから今すぐにでも移行することができますよ!

僕も、デルタトレーサーを使っているのですが、モノレートと表示はほとんど変わりません。

 

 

実際に、モノレートでキャノンのカメラを検索した結果になります。

こちらのグラフは、デルタトレーサーで確認することができるものであり、モノレートに似ていることがよくわかります。

 

また、先ほども伝えたように、デルタトレーサーでは会員登録をすることで、月間の販売個数を見ることが可能です。

 

 

こちらの機能も、モノレートに備わっていたものですが、かなり緻密です。

今までの仕入れで、モノレートを積極的に使ってきた人は、デルタトレーサーを使ってスムーズに仕入れをすると良いでしょう。

 

無料ツールの中では、現状最もモノレートに近いといえるでしょう。

しかし、デルタトレーサーもモノレート同様に、Amazonから情報を獲得しているので、将来的には終了する可能性も考えられます。
※予想の範囲内です

 

ただ、現状ではそういう話もないので、モノレートが終了した後はデルタトレーサーに移行するのがベストですよ!

 

この辺は、将来的なことなのでまだわかりませんからね!
とりあえず、今あるものだけを使って仕入れるのみね!

Keepa

 

デルタトレーサーの次にオススメなのが、Keepaというツールになります。

こちらのツールは、無料版と有料版がありますが、デルタトレーサーやモノレートよりも、かなり正確な情報をゲットできるということもあって、注目されています。

 

無料版では、価格の推移しか閲覧することができず、ランキンググラフを見るためには有料版への課金が必要です。
※月額1,800円程度

モノレートが無料だったので、課金することに対して抵抗がある人もいると思いますが、今までよりも精密なランキンググラフを見れるとしたら、利用する価値はあります。

 

無料版でも詳しいグラフを確認できる

有料版にするとせどり・転売が充実する

全体的におすすめなツール

 

この様な理由から、Keepaはモノレート終了後の転売に役に立ちますよ!

まず、無料版のグラフから紹介します。

 

 

こちらが、無料版のグラフですが、それぞれ価格の推移を示しています。

青色が新品で、黒色が中古の価格推移であり、ここから読み取れるのは市場価格がどれだけ変動しているかということ。

 

これだけでは、商品が売れているかどうかということはわかりませんね!

 

そのため、実質Keepaでモノレート同様の機能を使おうとすると、課金が必要になってきます。

 

https://twitter.com/hikkiakihiro/status/1165248612596535296?s=20

 

こちらが、Keepaの有料版のグラフですが、課金後に表示されます。

緑色の線が、ランキンググラフを示しており、Keepaでは”売れ筋グラフ”と呼ばれています。

 

モノレート同様に、山の数が多ければ多いほど、売れているということです。

データがかなり正確なので、モノレート以上のポテンシャルを発揮することでしょう。

 

今回紹介するツールは、モノレートの代替になるものばかりですが、Keepaほど精密なものはありません。

ランキンググラフだけではなく、様々な機能が備わっているので利用する価値は大いにありますよ!

ショッピングリサーチャー

 

今後、Amazonの動向によってどのように働いていくかわかりませんが、デルタトレーサーやKeepaが終了した場合は、ショッピングリサーチャーというツールを使うと良いでしょう。

Web版として提供されているのですが、本来は”電脳せどりを効率化する”という目的でつかわれていることが多いです。

 

ただ、モノレートに比べると取得する情報が少ないというのが難点であり、Keepaほどの正確性はありません。

仕入れに必要な、”ランキンググラフ・出品者の推移”等は把握できるので、仕入れ判断に使えるということは間違いないです。

 

 

ショッピングリサーチャーは、このような情報をAmazonからではなく、Keepaから取得しています。

そのため、情報はモノレートよりも優れています。

 

今後せどりで仕入れをしていく場合は、”ランキンググラフ”が確認できれば問題ありません。

ショッピングリサーチャーは無料で利用することができますし、万が一デルタトレーサーが有料になったとしても、安心して利用することができそうです(^^)/

 

ショッピングリサーチャーは、拡張機能もあるのでインストールしておくといいですよ!
無料のツールだから、今のうちから移行しておくといいかも!

モノサーチ

 

最後に紹介したいのは、モノサーチというツールです。

こちらのツールは、モノレートの代用として使うことができるのですが、Amazonから情報を取得しているのではなく、モノレートと連携しているといわれています。

 

そのため、モノレートが終了すると同時に、モノサーチも終了するのでは?とも言われているのです…

ただ、現状では噂の段階ですし、そこまで深く考える必要はありませんよ!

 

モノサーチですが、Amazonせどりに必要な売れ筋グラフを表示することが可能です。

無料版・有料版が存在しますが、無料版でもランキングを確認できます。

 

また、先ほど紹介したKeepaとの連携も可能であり、より正確な情報を取得することができますよ!

こちらのグラフを見て仕入れることで、モノレート同様の仕入れが可能です。

 

モノサーチは、せどり・転売をしている人からすると、デルタトレーサー同様にすぐに移行することができると思います。

使い方も楽ですし、難しい内容は一切ないのでオススメですよ!

 

しかし、デルタトレーサーは、Amazonやモノレートの情報に準拠しており、規制対象になる可能性もあります。

この辺は、まだ不明ですが、現状では今回紹介したツールを使って、終了したら別のツールに移行すればいいだけです!

モノレートが終了した後に意識したい5つのこと!

モノレートですが、終了した場合は今回紹介したツールで代用しましょう。

終了してしまうのは、少しむなしさがありますが、いずれ終了するといわれていたので、こればかりは仕方ありません。

 

モノレートが終了したとしても、転売自体は終わりませんからね!

また、モノレートが終了することに対して、ネットでは様々な意見が挙がっています。

 

https://twitter.com/to_funosedori/status/1272660031742177281?s=20

 

 

この様に、せどり界隈ではいかに影響を与えているのかがわかります。

Twitterでは、モノレートが終了することに対して前向きな人もいますが、それでも終了してしまうのは少し物足りない様子。

 

モノレートが終了した後ですが、個人的には以下の対処法で代用しようと思っています!

 

代替ツールで仕入れを行う

経験・知識に基づいた独自の仕入れを確保する

怪しいコンサルに引っかからない

影響がなさそうなせどりをする

別の販売先を利用する

 

継続してAmazonで転売をしたいと思っているなら、代替ツールを利用することです。

今回紹介した、Keepaやデルタトレーサーに関しては、モノレートで公開されているグラフを詳しく見ることができます。

 

ツールを駆使すれば、モノレート以上の情報を把握することも可能ですし、継続的に稼げますよ!

僕自身は、まだモノレートを使っていますが、デルタトレーサーに移行しつつあります。

 

時代の流れに合わせて柔軟に対応していくことが、せどり・転売でも求められますね!

代替ツールで仕入れを行う

モノレートが終了した後は、代替ツールで代用すると良いでしょう。

モノレートが終了してしまうと、ランキンググラフや価格推移をみることができなくなってしまうので、仕入れに影響があるという人も多いです。

 

今回紹介した代替ツールは、様々なものが存在しますが、正直モノレートよりも精密です。

僕自身が利用しているツールの中では、Keepaとデルタトレーサーが特に使い勝手が良いと思っています。

 

 

Keepaのグラフは、無料版だと価格推移までしか閲覧することができません。

有料版なら、ランキンググラフまで表示することができるので、月額料金を支払うことで利用できるようになりますよ!

 

有料ツールということもあって、精密な情報を仕入れることができます。

ただ、モノレート自体が無料で利用することができたので、有料ツールに課金することに対して抵抗がある人も多いでしょう。

 

しかし、多少お金を出すだけで、モノレートよりも精密な情報を手に入れることができるなら、利用したほうが良いですよ!

それでも、課金したくないと思っている人は、デルタトレーサーを利用すると良いでしょう。

 

 

こちらは、デルタのグラフですが、モノレート同様の情報を仕入れることができます。

Keepaほどの精密さはありませんが、モノレートと似ているということもあって、移行した際に使いやすいと思います。

 

モノレートが終了した後は、これらのツールで代用していくことで取り急ぎ対応することができますよ!

しかし、今回モノレートが閉鎖したのは”Amazonの利用規約に違反したから”ということです。

 

モノレートは、Amazonからデータを取得しており、その過程で閉鎖することになったので、別のツールにも少なからず影響があります。

データを取得するには、大きく分けて二つのパターンがあります。

 

モノレート経由:Amazonから情報取得>モノレートに反映>モノレートから取得

Amazon経由:Amazonから情報取得>自社ツールに反映

 

モノレートの場合は、後者に該当するのですが、Keepaやデルタトレーサーも同じく後者に分類されます。

仮に、違反規約に該当してしまった場合は、これらのツールも閉鎖することが予想されるわけです。

 

大手のモノレートが閉鎖してしまったわけですから、他のツールが終了する可能性があることも念頭に置いておく必要があります。

現状では、前述したツールを使う以外の方法はありませんが、モノレートが復活する可能性も考えて、一旦は代替ツールを利用しましょう。

経験・知識に基づいた独自の仕入れを確保する

仮に、モノレートが終了した場合は、ランキンググラフ等を見ることができないので、過去の経験・リストに基づいた仕入れをすることが重要です。

僕は、8年以上のせどり経験があるので、それなりにどの商品が売れるのかということを把握しています。

 

”この商品は売れるな””需要があるから売れる”といった経験こそ、モノレートが終了した後は重要になってきます。

先日、店舗せどりをする際に仕入れた商品があります。

 

https://twitter.com/taketenbai88/status/1271377817645662208?s=20

 

こちらの商品は、僕がまだカメラ転売を開始して間もないころに仕入れた商品。

10年前以上の商品ですが、いまだに売れ続けている商材です。

 

こう言う商品は、長い間カメラ転売を継続してきたからこそ知識・経験として身についています。

一定数の需要があり、市場価格差を把握していれば、リサーチをしなくても仕入れをすることができるのです。

 

カメラ以外にも、商品需要が下がりづらい以下の商品を仕入れている人は、チャンスだと思います。

 

ゲーム関連

スマホ関連

おもちゃ・ホビー品

家電・美容家電類

 

これらの商品は、一定の需要があるので、ランキンググラフを見なくても仕入れられる商品です。

一定の人気があれば、あとは市場価格差を調べるだけなので、転売すれば利益になる可能性も高いですよ!

 

また、僕はコンサル生向け・自分の仕入れ用にリストを公開しています。

 

 

こちらのリストは、仕入れた商品や売れるまでの日数が書かれています。

スプレッドシートで管理してるので、ファイルが見つからないということもなく安心です!

 

複数のデータが蓄積していることもあって、まさに”経験の積み重ね”といえるでしょう。

モノレートは、情報が明確ではないということもあって、3月からは使っていませんでした。

 

あくまで”売れる予想”としてモノレートを使っていたのですが、リストを見て仕入れることになれば、”経験をもとに”仕入れをすることができます。

実際に売れた履歴ということもあって、予想よりも根拠がありますよ!

 

それは間違いありませんね!良い仕入れ判断ができそうです!

 

ちなみに、データを取得していない人は、今のうちからしっかり計測しておくと良いでしょう。

リストアップすれば、外注化する際に便利ですからね!

怪しいコンサルに引っかからない

モノレートが終了することに際して、様々な情報が飛び交っています。

記事や噂の中では、以下の情報を多く耳にしました。

 

モノレート以上のツールが開発される

モノレートの有料版が出る

新しい有料ツールが販売される

 

あくまでも噂ですし、真偽は不明です。

しかし、モノレートが終了することで、新しくツールが登場するのは目に見えています。

 

そこで、僕が予想しているのが”せどり初心者”を狙ったような詐欺ツールが販売されるのではないかということです。

実際、モノレートが終了することで、悩みを抱えている人も多く存在します。

 

https://twitter.com/anikigoto/status/1272824722380607490?s=20

 

この様に、チャンスだと思う人もいますが、初心者にとってはモノレートに依存していた部分もあると思うので、ピンチだと思うことも多いでしょう。

そういう人を対象に、様々なツールが開発されると思います。

 

それが本当に使えるものであれば問題ありませんが、一切使えないようなツールの場合は、利用する価値がありませんからね…

 

  • モノレートよりも正確に情報を取得
  • 高いけど実績は確か
  • モノレート以上の成果が出せる

 

この様な宣伝で販売されると思いますが、あまりにも高額なツールは買わないほうがベストですよ!

新規のツールほど、出所がわかりませんし、怪しさ満点ですからね…

 

実際、データを取得するにしてもAmazonから取ることになりますし、モノレートと同じく終了する可能性も高いので注意しましょう。

1個数十万円のツールを購入したのに、それがAmazonの規制に伴い使えなくなってしまうと、勿体ないですからね!

 

安定路線を行くなら、既存で公開されているツールを使ったほうが安心ですね!

 

代用できるツールも複数紹介したので、仮にモノレートの代わりとして使いたいなら、現存するツールがオススメですよ!

影響がなさそうなせどりをする

モノレートが終了すると、商品の需要を調べることができなくなるので、仕入れの際に非常に手間がかかってしまいます。

そのため、そういう影響がないようなせどりをするのも方法の一つですよ!

 

せどり・転売の中でも、モノレート終了の影響がないのは以下の通りです。

 

ポイントせどり

ブランド品せどり※リペア販売

 

特に、ポイントせどりについては、需要などを調べなくても利益を出すことができます。

詳しい内容を知らない人のために、簡単に概要を説明すると、ECサイトのポイントバックを利用して利益を出していくような手法です。

 

中でも代表的なのが、楽天ポイントせどりです。

 

 

楽天では、SPUというシステムがあり、特定のサービスを利用することで、ポイント上限が16倍にアップします。

還元率が非常に高く、ポイントせどりをしたいと思っているなら実践すると良いでしょう。

 

楽天ポイントせどりをする際は、以下の手順で商品を仕入れることになります。

 

  1. 楽天市場で高還元率の商品を見つける
  2. Amazon・メルカリ等で市場価格差をチェックする
  3. 問題なければ商品を仕入れる
  4. 転売してポイント差額分の利益を獲得

 

基本的には、このような流れで進めていくことになります。

楽天ポイントせどりをする際は、一般的に需要がある人気家電・日用品を仕入れていくことになるので、モノレート等でランキンググラフを見ることはほとんどありませんよ(^^)/
※見るとしても軽くしか見ません

 

ポイントの差額分で利益を出していくことになるので、その利益の範囲内で値下げが可能です。

早く売り切りたいなら、相場よりも低い価格で売ることをオススメしますよ!

 

楽天ポイントせどりですが、回転率を重視したせどりをすることが可能です。

モノレートが終了したとしても、そこまで大きな影響は出ないので安心して仕入れられます!

 

それに、楽天ポイントせどりは過去にポイントバックで利益になった商品をリストアップすることで、繰り返し仕入れられるという魅力があります。

廃盤にならない限りは、安定して仕入れることができるのでかなり魅力的ですよ(^^♪

 

仮に、楽天ポイントせどりを始めたいという人は、利益商品を見つけてリストアップしていくと良いです!

別の販売先を利用する

Amazonでは、モノレートを使って需要を調べることになりますが、別のサイトではモノレートを使うことはありません。

実際、モノレートが終了したからといってAmazonで転売ができないというわけではないですが、仕入れづらくなったのは事実です。

 

そのため、これをきっかけに別の販売先を利用するのも方法の一つ。

複数の販売先がありますが、その中でもオススメなのは以下の通りです。

 

メルカリ:販売手数料10%

ラクマ:販売手数料3.5%+消費税

ヤフオク:販売手数料8.8%~10%

 

いずれも、販売する際は需要を調べる必要がありますが、モノレートを使うことはほとんどありません。

例えば、メルカリで商品をリサーチする場合は、以下の手順で行います。

 

  1. 調べたいキーワードを検索
  2. 出品が新しい順に並び替え
  3. 販売ステータスを売り切れに変更
  4. 上位から順にリストアップする

 

これだけで、メルカリでは需要を調べることができます。

例えば、「キャノン カメラ」で調べる場合、複数の商品が出てくるのでどれを仕入れればいいのか迷ってしまうことも多いでしょう。

 

 

この様に、多様な種類が出てきます。

そこで、まずは新着順で並び替えましょう。

 

 

こちらで、”出品の新しい順”に切り替えると、商品が新着順で並び替えられます。

このままだと、ただ新着商品が並ぶだけなので、販売状況を変える必要があります。

 

 

販売状況を”売り切れ”に変えることで、「最新で売り切れた商品一覧」を閲覧することができます。

複数の商品が出てきますが、それぞれリストアップしていきましょう。

 

 

リストアップの際に意識したいのは、”商品名・売れた金額”を記載することです。

カメラの場合は、メーカー等を記載しておくと親切です。

 

そこにリストアップされたものが、現状でメルカリで売れている相場・需要ということになります。

つまり、リストを見て売れるかどうか判断すれば、利益を出すことができますよ!

 

メルカリなら、使っている人も多いし、結構安心かもね!

まとめ:モノレートが終了しても代替ツールで仕入れを行おう!

モノレートですが、2020年6月30日をもって終了してしまいます。

当然、終了することに対して色々ということもあると思いますが、長年せどりをしている人ほど冷静な判断をしていました。

 

別のツールを使えばいい

リストから仕入れをすればいい

別のジャンルで稼げばいい

 

この様に思っている人も多く、せどり・転売業界でも根強く生き残っていく人たちだと思います。

実際、僕も現在はKeepaやデルタトレーサーを使ってリサーチをしています。

 

何かと面倒だと思いますが、正しく商品を仕入れられる状況があれば問題ないと思っています。

モノレートが終了した=転売も終了するという考えの人もいますが、少し大げさな気がします…

 

長年愛用していたツールが終了してしまうのは、確かに打撃も大きいと思いますが、仕方ないことです。

いずれは終わりが来ますし、これはモノレート以外でも同じです。

 

将来のことは予測できませんし、転売業界がどうなるかは未知の世界。

しかし、その逆境にこそどうやって対応していくかが、本当に稼げるかどうかを見分ける時ですよ!

 

逆境こそチャンスにして、ライバルを寄せ付けないような仕入れをすることが今後求められますね!
間違いないわ! ツールが終了しても転売は終わらないわ~!

-カメラ転売

Copyright© プロが教えるカメラ転売ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.