メルカリ

メルカリ転売で効果的なリサーチ方法を2つ紹介します!

メルカリはフリマアプリとして有名な側面で、せどり・転売の有能な仕入れ先として使うことができます!

さらに、年齢層に合わせた出品を行えば、販売先としても利用することができますよ♪

 

  • メルカリでリサーチする方法を教えてほしい!
  • どういうリサーチ方法があるの?
  • メルカリで継続的に稼ぐには?

 

今回は、このような悩みを抱えている人のために、メルカリでできるリサーチ方法を解説していきたいと思います!

儲かる商品を見つけたい人や、メルカリ転売をすでに始めていて、中々利益にならない人は必見ですよ~!

 

メルカリをせどり・転売に使うのはかなり良いことです!リサーチ方法を把握して、利益商品を見つけましょう!

 

よくわかる解説

相乗りリサーチは基本

慣れてきたら新規出品リサーチをするべき

セラーリサーチも効果的

メルカリ転売で意識したい二つのリサーチパターン!

メルカリ転売をする際ですが、リサーチ方法は複数存在します。

その中でも、特に有名なのが以下の二つです。

 

相乗りリサーチ

新規出品リサーチ

 

この二つは、メルカリ転売に限らず他のサイトでも行うことができるリサーチです。

まず、相乗りリサーチについてですが、既に市場で売れている商品を探して価格差で勝負するような方法です。

 

つまり、ライバルよりも安く仕入れてきて、価格競争を仕掛けるというようなリサーチ方法ですね!

 

結構強気なリサーチ方法ですね…笑
でも、安く仕入れることができたら、その分市場を独占できる可能性がありそう!

 

次に、新規出品リサーチですが、こちらはある程度せどり・転売に慣れてきた人が行うリサーチ方法です。

メルカリでは、規約違反に該当しない商品ではない限り、基本的に出品することができます。

 

新規出品リサーチとは、まだ販売されていない商品を開拓することです。

OEM商品(自社開発)等がこれに分類されるのですが、その他にも探せばメルカリに販売されていなさそうな商品というのは多く存在します!

 

難易度が高い分、市場を独占できる可能性が高いリサーチ方法です!

メルカリ転売で大活躍!相乗りリサーチ!

まず、相乗りリサーチについて解説します。

相乗りリサーチとは、先ほども少し触れた通り、すでに販売されている商品をリサーチして、価格競争を仕掛けることを指します。

 

こちらには、メリット・デメリットがそれぞれ存在するので、しっかり把握しておきましょう

 

メリット:簡単に商品が見つかる

メリット:早いタイミングで商品が売れる

デメリット:ライバルに売れ行きを持っていかれる可能性がある

デメリット:薄利多売方式になる

デメリット:飽和しやすい

 

参入しやすいという点では、かなり効果的ですし、再現性が高いリサーチ方法だと思いますが、ライバルが多いのはかなりのデメリット。

実際、メルカリには多くの出品者がいますし、どのように販売していけばいいかわからないという人も多いでしょう。

 

その際、相乗りリサーチをすると、効率よく売れる商品を見つけることができます!

仮に、あなたが相乗りリサーチをしたいなら、以下を実践すると良いでしょう。

 

  • 販売利益からリサーチする
  • セラーリサーチする

 

この二つを意識すれば、メルカリ転売で利益を出すことができますよ(^^)/

販売履歴からリサーチする

まず、相乗りリサーチの基本中の基本ですが、売れた商品をリサーチしましょう。

ライバルセラーが、実際に売った商品をもとに、利益商品を探していきます!

 

メルカリでは、詳細検索をすることができて、細かく商品の状況を決めることができます。

例えば、「Canon カメラ」で検索するとします。

 

 

すると、このように様々な商品が出てくると思いますが、以下の手順で条件を絞りましょう。

 

1.販売状況を売り切れにする

2.並び替えを新着順にする

3.売れている商品の相場を調べる

 

この手順で調べれば、利益商品を簡単に見つけることができます!

まず、詳細条件の設定で、販売状況というものを”売り切れ”にしましょう。

 

 

こちらを設定すると、検索ワードで売り切れた商品のみが出てきます。

しかし、これだけではいつ売れたのかがわかりません。

 

 

そこで、並び替えで”新着順”にします。

これをすることで、「直近で売れた商品一覧」が出来上がりです!

 

 

この中から、市場価格差がある商品をリサーチしていき、参入するのが相乗りリサーチの基本です!

さらに、”コンディション・商品価格”などを絞ると、さらに効率よくリサーチができるので、絞れる範囲で絞っていくと良いでしょう。

セラーリサーチをする

次に、セラーリサーチという方法です!

こちらの方法は、別の記事で詳しく解説しているので、簡単に説明していきます。

 

先ほど紹介したのは、”売れる商品”をリサーチする方法でした。

セラーリサーチとは、”売れる商品を出品しているセラー”をリサーチする方法です。

 

「セラーをリサーチしてどうするの?」という人もいますが、有力セラーを見つけることができれば、芋づる式で売れる商材を見つけることが可能です!

 

1.探したいキーワードを検索

2.売れている商品を見つける

3.相手のユーザーページに飛ぶ

4.利益になる商品があればリサーチする

 

この様な手順で、簡単に見つけることができますよ!

先ほど紹介したページの中から、売れ行きがよさそうな商品を見つけましょう!

 

 

こちらの商品は、カメラ転売でも結構利益が出る商材です。

そして、出品者ページに飛び、”出品数・評価数”を見ます。

 

 

こちらが、300以上超えている場合は、商品を見てリサーチします。

売れている商品が多ければ、有力セラーということになるので、リサーチの対象にしましょう(^^)/

 

その他、メルカリのセラーリサーチの詳しい概要は、以下の記事で解説しているので参考にしてください!

メルカリ転売の基礎!新規出品リサーチ!

次に紹介したいのが、新規出品リサーチです。

冒頭でも少し触れましたが、相乗りリサーチに比べると、難易度は少し高めです。

 

メリット・デメリットがそれぞれあるものの、メルカリ転売の初心者には少し難しいかもしれませんね…

 

メリット:市場を独占できる

メリット:ライバルが少ない

デメリット:利益商品を見つけづらい

デメリット:独自のリサーチ方法を使う必要がある

 

具体的な方法は、Amazon・楽天等の売れ筋ランキングから、まだメルカリで販売されていない商品を探すというものです。

 

 

この様に、楽天にはランキングが公開されています。

基本的には、トレンド商品がランクインしているのですが、稀に見ない商品が上位に来ることがあります。

 

これは、メディア等で紹介された商品であり、市場にそこまで出回っていない商品が該当しますよ(^^)/

また、実際にあなたが売った商品の中から派生させて展開していくのもありです。

 

僕の場合は、カメラを転売しているのですが、”パナソニック”のカメラを売却した場合は、”Canon・フジフィルム”といった横展開ができます!

ジャンル・メーカー等を絞って、展開していけば新規出品リサーチも簡単です!

メルカリ転売で利益商品を見つけるリサーチのコツ3選!

仮に、メルカリであなたが稼ぎたいと思っているなら、利益商品を見つける必要があります。

利益商品を見つけるためには、リサーチをする必要がありますが、それぞれコツを意識するとさらに効率よくなります!

 

僕自身、メルカリも仕入れ先に使うことがありますし、販売先として使うこともありますよ(^^♪

その中で、僕が意識しているリサーチのコツを紹介しますね!

 

売れる商品を選定する

仕入れ先を広げて市場価格差をチェックする

商品+出品者のチェック

 

いずれも、メルカリでリサーチしたいと思っている人には最適な方法です。

特に、僕が意識しているのは、仕入れ先を広げるということ。

 

相乗りリサーチで、良い商材を見つけた時に、市場価格差を調べると思います。

その際に、複数の仕入れ先があれば、その分安く仕入れられる可能性が出てきます!

 

ネットで仕入れるのも良いですし、店舗に行って調べるのも良いので、幅広く調べていくことが重要です!

売れる商品を選定する

まず、メルカリ転売ではリサーチした商品を売る必要があります。

しかし、メルカリで売れる商品ではないと、出品しても不良在庫になるだけであり、リサーチをした意味がなくなります。

 

数年間メルカリを利用してきた中で、ある程度ユーザー分析ができたので、特別に公開していきますね!

 

年齢層:10~30代の女性※主婦がメイン

売れるカテゴリー:ヘルビ用品・美容家電・キッチン要因等

穴場商品:ゲーム機・ゲームソフト・スマホ関連機器・ブランド品

 

年齢層は、基本的に女性の主婦層がメインになります。

つまり、そういう人が好きそうな商品を選定してリサーチしていくことが、メルカリ転売で稼ぐ最大のコツです。

 

仕入れで使う場合は、特に気にする必要がありませんが、出品で使う場合は上記のカテゴリー・商品がオススメです!

ただ、あまりにも高価すぎるものは売れない傾向にあるので、値段は最高でも3万円までに抑えるようにしましょう。

 

主婦がターゲットなら、なおさらですね!

仕入れ先を広げて市場価格差をチェックする

メルカリ転売をする場合ですが、利益商品を見つけたいなら仕入先を多く確保しましょう。

そもそも、リサーチする際は”この商品は売れそう”という予想だけでは通用せず、売れるかどうかの根拠が必要です。

 

市場価格差がある商品や、Amazon・ヤフオク等の売れ行きを把握してから、仕入れるかどうかの判断をします。

その際、仕入れる基準で最も重要になってくるのが”市場価格差”です。

 

例えば、メルカリで1万円で販売されている商品があるとします。

 

ヤフオク:商品相場8,000円

Amazon:商品相場1万円

店舗:商品相場5,000円~6,000円

 

この場合、電脳せどりしかしていない場合は、市場価格差がそこまでない商品だともってスルーしてしまいます。

しかし、店舗でリサーチすれば、5,000円以上の価格差があるので、仕入れ対象にするべきです。

 

この様に、仕入れ先を広げることで、より効率よくリサーチができるため、複数の仕入れ先を用意しておくと良いでしょう。

商品+出品者のチェック

最後に、商品+出品者のチェックです。

先ほど紹介した内容のおさらいになりますが、メルカリ転売でリサーチをする際は、商品のリサーチも出品者のリサーチも重要です。

 

実際、商品のリサーチは誰でも行っていますし、販売状況を見て仕入れるということはよくあるパターンです。

しかし、セラーをリサーチするというのは、知らない人ではないとそこまで行われていません。

 

商品リサーチ:売れる商品を見つけることができる

出品者リサーチ:芋づる式で売れる商品が見つかる

 

いずれも、効果的な方法ですが、出品者リサーチのほうが個人的にはオススメです!

一人有力なセラーを見つけることができれば、あとは芋づる式で商品が見つかりますからね(^^)/

 

利益商品を見つけたいと思ったら、セラーリサーチも視野に入れると良いでしょう!

メルカリ転売でリサーチした商品が本当に売れるかどうか確かめる方法!

メルカリ転売ですが、リサーチした消費を売らないことには、利益になることはありません。

仕入れの段階で、売れる商品かどうかチェックすれば問題ありませんが、メルカリ転売の初心者の場合は、”本当に売れるかどうかわからない”という人も多いです。

 

そういう人のために、リサーチした商品が実際に売れるのかどうか確かめる方法を解説しますね!

複数の商品がある中で、継続的に稼ぎたいと思っているなら、しっかり内容を把握しましょう!

 

同じ商品名で検索する

相場をチェックする

ライバルの数をチェックする

 

中でも重要なのは、相場のチェックです。

商品を検索したときに、同じ商品が複数売れていることがあると思いますが、その際に”売れる”と判断して仕入れるのは良いです。

 

しかし、全体的な相場を把握してから仕入れないと、仕入れ値が安いのか高いのか判断することができません。

それを把握するという意味でも、相場のチェックを行いましょう!

同じ商品名で検索する

まず、売れる商品かどうか検索したいなら、リサーチした商品を同じ商品名で検索します。

例えば、以下の商品。

 

 

最近では、人気すぎて店頭から商品が品薄になっているソフトです。

Switch本体も品薄になっていることから、市場ではプレ値になっています。

 

ただ、これだけの情報に流されてしまうと、大きなミスをしてしまいます。

世間で流行している情報は、せどらーにもすぐに流れることが多いですし、市場に多くの商品が溢れます。

 

 

実際に、同じ商品名で検索すると、売れていない商品も多かったです。

トレンド系の商品は、全体的に需要が低くなる可能性が高く、売れる時期から外れると損切りしないと売れなくなります。

 

そのため、同じ商品名で検索して、商品の売れ行きをチェックしましょう!

これで売れているなら問題ありませんし、在庫になっている場合は仕入れないほうが吉です!

相場をチェックする

次に、相場のチェックを行いましょう。

例えば、先ほど紹介したソフトですが、新着順の売り切れにすると、直近の相場を把握することができます。

 

 

上位8個の商品を見ると、全体的に5,000円~6,000円程度で売れていることがわかります。

つまり、この商品の相場は、平均で5,500円ということです。

 

ここからすべきなのは、市場価格差があるかどうかを調べること。

複数の商品がある中で、手数料を差し引いても5,000円以下で仕入れることができないと利益になりません。

 

中古の相場は、大体4,000円~4,500円程度なので、店舗や二次流通等で仕入れて少し利益になる範囲です。

一方、Amazonの場合は、以下の価格で売れています。

 

 

この場合、メルカリで仕入れてAmazonで売却することも可能です。

送料もそこまでかかりませんし、利益になる商品なので、売却するのも方法の一つですよ!

ライバルの数をチェックする

最後に、ライバルの数をチェックしましょう!

リサーチをして、利益商品を見つけたら、同じ商品名で検索します。

 

その際、相場のチェックも重要ですが、ライバルもチェックしなければなりません。

特に、トレンド商品を仕入れて転売する場合は、ライバルが非常に多いので必ずチェックしましょう。

 

 

先ほどの商品を例に挙げると、このようにライバルが多いことがわかります。

ライバルが多い状況で、商品を売り切るためには以下を実践しなければなりません。

 

損切覚悟で値下げする

より安く仕入れてくる

 

早く売り切りたい場合は、相場よりも大幅に値下げすることです。

損切を検討していない場合は、損益分岐点を把握して、ギリギリまで値下げすることが重要です。

 

あるいは、ライバルに負けないほど安く仕入れることです。

独自の仕入れルートを確保すれば、ライバルが多い市場でも商品を独占することができるので、かなり大きいですよ!

 

その分難易度は高いですが、開拓する価値はあります!
卸とか個人経営のショップとかで仕入れるといいかも!

まとめ:メルカリ転売はリサーチが必須!

今回、メルカリ転売のリサーチについて解説しました。

メルカリは、近年利用者が急増している市場であり、利用しないのはかなり勿体ないです!

 

特に、せどり・転売初心者の場合は、仕入先・販売先の両方に使うことができるので、物販の基礎を学びたい人にはオススメです!

僕自身も、メルカリを利用していますが、結構利益を出すことができるサイトですし、利用する価値は大いにありますよ!

 

相乗りリサーチで利益商品を見つける

新規出品リサーチで商品開拓する

 

これらを意識することで、メルカリ転売も楽になります!

特に、相乗りリサーチについては、かなり良いリサーチ方法なのでオススメです!

 

その他、メルカリ転売については、以下の記事で解説しているので参考にしてください(^^)/

メルカリせどりは本当に利益が出るの?売れるコツ・儲かる商品を紹介!

-メルカリ

Copyright© プロが教えるカメラ転売ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.