カメラ転売

法人カードでオススメはある?僕が使っているカードを10枚紹介します!

せどり・転売をする際ですが、クレジットカードが必要になることがあると思います。

現金として、自己資金を捻出できない場合、クレジットカードで代用することが多いのですが、その際に発行したいのが法人カードです。

 

「法人カードって何?」

「せどりで使える法人カードについて知りたい!」

「法人カードの発行方法を知りたい!」

 

この様な悩みを抱えている人のために、今回はせどり・転売で使えることが多い法人カードについて解説していきたいと思います!

実際に僕が使っているオススメカードも紹介していくので、”審査が通りやすい法人カード”を探している人は、必見ですよ~!

 

法人カードを発行すれば、せどりの幅が広がりますよ!今よりも利益を出したい人やこれから始める人は要チェックです!

よくわかる解説

個人カードよりも限度額が高い

法人カードは審査が厳しい

資金調達に便利

目次

法人クレジットカードと個人カードは何が違うの?:序章

まず、法人カードについて知らない人のために、簡単に概要を説明します。

法人カードは、通常の個人カードとは異なり、私用で使うことはできません。

 

主な目的は、下記の通りです。

 

事業資金の支払い

経費決済

その他事業にかかわるものの支払い

 

つまり、事業にかかわる支払いにしか使うことができないわけです。

せどりを例に挙げると、”仕入れ・梱包材等の経費”を法人カードで購入できますね(^^)/

 

それを踏まえた上で、個人カードとの違いを説明すると下記が挙げられます。

 

  • 個人カードに比べると利用限度額が多い
  • 会社名義でカード発行が可能※法人口座が必要
  • クレジット機能のみ
  • 法人カードのみのサービスを受けられる

 

この様に、法人カードでは会社名義として利用することが前提条件なので、プライベートで使うのはNGです。

公私混同してしまうと、経費決算の時に面倒なことになるからです。

 

それを避ける意味でも、仕入れは法人カードで行い、その他は通常のクレカで行うといいですね!
使い分けができれば、決算の時に手間がかからなくなるわ!

法人化後法人カードを作る理由を3つ解説します!

せどり・転売で、ある程度利益を出したら法人カードを作ることがあると思います。

個人事業主でも同様に発行が可能ですが、それぞれ作る理由があります。

 

具体的には、下記が挙げられます。

 

税務署から厳しく監視されるから

公私混同すると追徴課税の可能性もある

支払いを分けることで決算の手間がかからないから

 

この様な理由が挙げられますが、一番は公私混同しないようにすることです。

せどり・転売をしていると、プライベートで使ったのかどうかということがわからなくなりますからね!

 

そのため、個人カードで仕入れをするのではなく、法人カードを作ったほうがオススメです!

税務署から厳しく監視されるから

まず、法人化すると税務署からの監視がさらに厳しくなります。

個人事業主の時に比べると、お金の動きについて敏感になり、”個人費用+事業経費”の動きを管理しているのです。

 

毎年、決算・確定申告を行うと思いますが、その際に公私混同していると、個人利用なのか会社の経費なのかわからなくなります。

うやむやにして、そのまま申告をすると税務署から追徴課税を求められることもあるようです。

 

それだけは絶対に避けたいですよね…

 

特に、個人カードで全部の決済をしている場合は、その中から事業経費だけをピックアップしなければなりません。

明細があるなら問題ないと思いますが、大量に商品を仕入れる場合、プライベートの買い物なのか事業経費なのかわからないこともあると思います。

 

それを避ける意味でも、法人カードを作って、”事業経費専用のカード”として使ったほうがいいのです。

 

支払い明細を見ても、事業経費しかないわけだから決算もしやすいかも!

公私混同すると追徴課税の可能性もある

こちらは、僕の税理士に聞いたことですが、カード決済を公私混同していると、追徴課税の可能性もあるとのこと。

例えば、通常の個人カードを、”個人費用・事業経費”の両方で使っていた場合、ビジネスで使っているのかどうかを確かめるためい国税調査が入ることがあるようです。

 

その際、少しでも申告漏れがある場合は、本来払う必要がない追徴課税を支払うことになるようです…

 

個人費用:個人カード

事業経費:法人カード

 

この様に分担していれば、国税調査が入ったとしても、説明がつきます。

税務署から聞かれたときに、しっかり事業経費について説明できるような状況を作っておくためにも、法人カードは作ったほうがいいかもしれません。

 

作らない場合でも、個人カードで”せどり・転売専用”のカードを発行して、そちらを使うようにするといいですよ(^^)/

支払いを分けることで決算の手間がかからないから

最後に、法人カード・個人カードで支払いを分けると、決算の際に手間がかかりません。

せどりで仕入れをする際ですが、プライベートで買い物を行った際に商品を仕入れることもあると思います。

 

その際、普通の買い物と合わせて商品を仕入れて、個人カードで決済すると経費の際にかなり手間がかかります。

 

日用品8品:個人費用

家電1品:事業経費

 

この様に分担しなければなりませんが、領収書にはひとまとめの金額になっているので、決算する際にかなり手間がかかります。

しかし、個人カードと法人カードで分担していると、このようなことは発生しません。

 

事業経費のみを、法人カードで決済すれば、決算の際はそのカードの明細をもとに計上していけばいいだけです!

仮に、せどり・転売が軌道に乗り始めたら、法人用の口座を開設して、法人カードを作って連携させるようにしましょう。

 

個人の資金と会社の支払いを分けると、確定申告・決算時に楽になりますよ(^^♪

 

手間を省くためにも、しっかり徹底したいところですね!

せどりで法人カードを使う際に生じる3つのメリット!

法人カードを発行したほうが良い理由について解説したので、せどりで使うメリットについて解説したいと思います。

プライベートで、ふと仕入れをすることがあると思いますが、その際はどうしても公私混同しがちです!

 

実際、個人カードで商品を仕入れている人もいると思いますが、個人費用と事業経費を分担するのが面倒な人もいると思います…
(会計ソフトで分担する人も多い)

しかし、せどりで法人カードを作ると、下記のメリットが生じます。

 

経費精算の手間がかからない

公共料金の支払い・固定費にポイントが付与される

利用限度額が個人カードよりも高い

 

この様なメリットが挙げられます。

特に、事業を拡大してせどりで継続的に稼ぎたいと思っているなら、法人カードの発行は必須ですよ!

 

物によっては、限度額の上限がないものもありますし、仕入れに最適です(^^)/

経費精算の手間がかからない

まず、法人カードをせどりで使うことで、個人の支払いと事業の支払いを明確に分担することができます。

従来、個人カードしか持っていない人は、下記のフローで経費計上をしていると思います。

 

1.領収書・明細を用意する

2.会計ソフトに一つずつ入力する

3.経費計上をする

 

せどりでは、大量に商品を仕入れることがあると思いますが、その場合多くの項目が明細に表示されると思います。

 

 

こちらは、コンサル生の個人カードの明細になります。

経費計上をする際は、領収書をもらっているのでそれをもとに行うようですが、明細と領収書を照らし合わせて会計ソフトに計上するのが、かなり手間がかかるそうです。

 

ここまで項目が多ければ、そう思うのも仕方ありませんよね…
まあ、それを避ける意味でも法人カードを発行したほうがいいわけね!

 

個人カードで個人費用を決済して、法人カードで事業経費を決済すると、公私混同することもありません。

せどり用で使用した資金を、可視化することができるので、経費精算もしやすくなりますよ(^^)/

 

法人カードは、”事業経費を支払っていることが前提”になってくるので、プライベート決済は決済上にないものになります。

 

つまり、それをすることで経費計上がしやすくなるということですね!

公共料金の支払い・固定費にポイントが付与される

法人カードというのは、本来事業経費を支払いものとして発行されています。

事業で使う経費は様々ですが、せどり・転売で事務所を借りて行っている人は、下記の経費も掛かると思います。

 

水道光熱費

家賃

通信費

 

これらの決済は、固定費の中でもかなりの割合を占めます。

事務所の規模にもよりますが、月間で20~30万円は覚悟しなければなりません。

 

しかし、法人カードを使えば事業経費として落とせるだけではなく、カードのポイント倍率に応じたポイントが付与されます。

固定費や継続的に支払っていくものであり、自動的にポイントが毎月付与されるようなイメージです!

 

必要経費が多ければ多いほど、付与されるポイントも多くなりそうね!

利用限度額が個人カードよりも高い

最後に、利用限度額が個人カードよりも高いという点です。

法人カードの最大のメリットですが、法人カードでは”事業経費の支払い前提”で発行されています。

 

個人よりも法人のほうが支払うことが多いので、限度額が多いのは当然ですね!

特に、せどり・転売では、自己資金を捻出できればできるほど、優位に働くことが多いです。

 

 

僕は、法人カードを複数枚発行していますが、カードの枚数に応じて資金を用意することができます。

「上限金額が高いカードを持てば何枚も持つ必要がない」という人がいますが、事業を拡大したいならこのくらい持ってて損はありませんよ(^^)/
※さすがにやりすぎだと思いますが…笑

 

例えば、こちらのカード。

 

 

こちらは、楽天ビジネスカードであり、楽天が発行する法人カードになります。

通常、個人のゴールドカードの場合、上限は200万円です。

 

しかし、楽天ビジネスカードの場合上限は300万円です。

上限については、”信用情報・年収・職業”等によって左右されます。

 

その他、法人カードの中には上限がないカードもありますよね!
セゾンプラチナがいい例だけど、収入に応じて上限が決まるカードよ!

 

個人カードを複数枚作るのも良いですが、公私混同しないためにも法人カードは作っておくと良いでしょう。
※特に法人化している人は

せどりで法人カードを作るデメリットを二つ解説します!

せどりをする場合、法人カードを作れば経費計上などが簡単になるので、決算の際に手間がかかりません。

むしろ、今からでも作ってほしいのですが、デメリットもあるのでしっかり把握しておきましょう!

 

具体的には、下記の二つが挙げられます。

 

審査が通りにくい

カード会社によってはポイントが付与されない

 

法人カードは、個人で契約するのではなく、法人として契約するものです。

個人事業主で契約することも可能ですが、発行できるのは一部のカードになります。

 

また、法人用に作られたカードなので、個人用である”ポイント付与プログラム”がない場合もあります。

そのため、カードを発行する際はその辺もしっかり確認しておくようにしましょう!

審査が通りにくい

まず、第一に挙げられるのが審査が通りにくいという点です。

法人カードは、個人カードに比べると、一般的に審査が通りづらいので発行する際は注意したいところです。

 

審査基準は明確にされていませんし、カード会社によって異なりますが、下記が挙げられます。

 

会社の実績

年収

職業・職種

 

せどり・転売で継続的に稼いでいて、信用情報に傷がない人なら問題ありません。

しかし、個人の審査とは異なり、会社の収益や実績などが考慮されるので、開設しただけのペーパー会社の場合は、審査に通らない場合もあります。

 

通常のクレジットカードであれば、ある程度年収がある人なら問題なく発行することが可能ですが、法人カードはそうはいきません。

 

個人の評価も重要ですが、法人評価も重要視されるということですね!
審査が通りやすいようなカード会社もあるから、しっかり把握しておきたいものね!

カード会社によってはポイントが付与されない

法人カードですが、カード会社によってポイントが付与されないものもあるので注意しましょう。

せどり・転売では、法人カードを作れば月間に数百万・数千万円の仕入れをすることが可能です。

 

そこで、還元率が高いカードを使えば、年間で多くのポイントがたまり、せどり・転売に生かすことができますよ。

貯まったポイントは、事業経費の決済に使っても良いですし、旅行や欲しいものの購入に使うのもありです!

 

もらったポイントは、自由に使えますし自分の使いたいように使いましょう!

 

しかし、カードによってはポイントが付かないこともあるので注意が必要です。

例えば、月間に500万円の仕入れをするとして、ポイント還元率が1%の場合、5万円のポイントが付与されます。

 

それを、1年継続したら約60万円分のポイントがたまることになります。

ただ、ポイント付与されないカードを使うと60万円分の損失が出てしまうのです!

 

それを避けるためにも、法人カードを作る際は、ポイント付与されるものをチョイスすることが重要です!

せどりに必要な法人カードを作る上で意識したいポイント3選!

せどり・転売を考えているなら、法人カードの発行は必須です!

個人カードでも問題ありませんが、法人カードのほうが限度額は高いですし、資金調達も簡単ですよ!

 

仮に、あなたが法人カードを作りたいと思っているなら、下記のポイントを意識したいところです!

 

申請が通りやすいかどうか

限度枠が十分にあるかどうか

ポイントが付くのかどうか

 

これらを意識して、発行すれば問題ありません。

特に、申請が通りやすいかどうかというのは、選ぶ基準で重要視しましょう!

 

カードが発行できなければ、そもそもせどりができませんからね!

申請が通りやすいかどうか

まず、法人カードは前述したとおり、審査が中々通らないということもあります。

カードによっては、紹介がなければ申請できないものも存在します。

 

そのため、法人カードを作る際は、申請が通りやすいかどうか決めてから発行するようにしましょう!

一般的に審査が通りやすいといわれているのは、下記のカードです。

 

オリコゴールド

セゾンプラチナ

アメックス全般

 

この中でも、比較的審査が通りやすいとされているのが、セゾンプラチナ・アメックス全般になります。

セゾンプラチナカードは、僕も所持していますが、年間2万円でプラチナカードを持てるのでかなりオススメです!

 

通常の年会費は、10万円以上超えるものもありますが、セゾンプラチナは格安で発行することができます!

 

 

専門のコンシェルジュが付くのも良い点ですし、セゾンプラチナ所有者からのインビテーションがあれば優先審査を受けることが可能です。

詳しい内容については、下記の記事で解説しているので、参考にしてみてください!

 

>>セゾンプラチナカードについて

 

さらに、アメックスは外資系の企業になるので、国内の信販会社とは異なり独自の審査基準でカードを発行します。

中には、信用情報に傷がある人でも発行できるとの報告もあるほどです…

 

特に、法人カードを作る難易度は低く、通常のカードよりも気軽に作れるということから、初めて法人カードを作る人でもオススメできます!

限度枠が十分にあるかどうか

次に、限度枠が十分にあるかどうかということです。

法人カードは、事業経費を主に使うことを想定されて発行されるので、個人カードよりも限度額が高めに設定されています。

 

その中でも、特に限度額が多いクレジットカード会社を選ぶことが重要です。

個人カードの場合は、何枚もカードを使いまわす必要がありますが、限度額が高い法人カードであれば、複数枚持つ必要はありません!

 

 

僕のように、このくらい持っておけば、十分なせどりができますが、毎回すべて満額使っているわけではありません!

自分の中で、商品を回せる範囲で使うことが重要です!

 

アメックス全般:年収・職業を考慮して決定される

オリコビジネス:30~300万円

楽天ビジネスカード:300万円

ダイナースクラブビジネスカード:原則一律の制限はない※収入状況に応じる

 

この様に、上限が決まっているものから、一切決まっていないものまで様々です。

アメックス系のビジネスカードは、基本的に上限はありませんが、審査によって異なります。

 

楽天ビジネスカードであれば、最大300万円まで使うことが可能です。

1,000万円の融資を受ける難易度は高いですが、法人カードであれば、1,000万円の資金調達をすることは容易です!

 

300万円の限度額のものを3枚程度作ればいいですからね!
審査次第だけど、収入によっては上限なしのカードも作れそうだし、チェックしたいわ!

ポイントが付くのかどうか

最後に、ポイントが付くかどうかということです。

本来、クレジットカードを仕入れで使う場合は、一定数のポイントが付与されます。
※カード会社の還元率による

 

しかし、前述したとおり法人カードでは、ポイントが付与されないものもあるので注意しましょう。

ライフカードが良い例であり、個人カードにはポイントが付与されますが、法人カードに変更するとポイント付与がなくなります。

 

個人で付与されていたからといって、その認識で切り替えると付与されない可能性もあるということですね!

 

そのため、法人カードを発行する場合は、ポイントが付かないこともありますし、ポイント還元率が高いカードを選ぶようにしましょう!

様々なサービスがある中で、ポイントが付かないカードは持っていても損するだけです!

 

そのため、それを避ける意味でも、ポイントがもらえるカードにしましょう(^^)/

せどり・転売ではどういう法人カードがオススメ?

オススメ法人カードを紹介する前に、どういう法人カードがオススメなのか解説していきます。

実際、せどりをする場合は、限度額が大きいカードのほうが有利です!

 

せどり初心者の場合、最初から限度額が高いカードを発行することに抵抗がある人も多いと思いますが、いずれ発行する機会があるなら最初からハイグレードのカードがオススメですよ!

また、あなたがある程度転売ビジネスを開始している人なら、ゴールドカード・プラチナカードを保有すると良いでしょう。

 

利用限度額が高いですし、個人カードよりも圧倒的に多く使えますからね!

 

それぞれの限度額は、カード会社によって異なりますが、下記の通りです。

 

一般カード:限度額150万円程度

ゴールドカード:300万円程度

プラチナカード:500万円~上限なし

 

利用限度額は、1か月の間に使用することができる金額のことを指し、限度額100万円の場合100万円までしか使うことができません。

例えば、前月に60万円分の仕入れを行った場合、翌月に支払いをするまでは残りの40万円分しか使うことができないのです!

 

せどりの利益率は、高く見積もっても15~20%程度。

回転率が高い商品を仕入れないと、支払いに間に合わないという可能性もあるので注意しましょう。

 

また、カード会社によって異なりますが、ゴールドカード・プラチナカードは一般的にポイント還元率が高いです。

ただ”かっこいいから””持っていたら自慢できるから”という理由で持っている人は少なく、還元率や限度額が高いという理由で持っている人がほとんどです!

マイルや保有するポイントはかなり重要!

せどり・転売では、支払い金額が高くなる可能性が非常に高く、満額まで使うことも多くあります。

その際に、ポイント還元率がカードがあれば、その分大目にポイントが還元するわけです。

 

付与されるポイントは、カード会社によって異なります。

マイルで付与される場合もあれば、独自のポイントとして貯まることもあります。

 

下記で紹介する法人カードの場合、下記のようになっています。

 

三井住友ビジネスカード:ワールドポイント

オリコゴールド:オリコポイント

アメックスビジネスゴールド:ANAマイル

セゾンプラチナ:JALマイル

 

ワールドポイント・オリコポイントについては、カード会社が独自に発行するポイントのことを指します。

専用ページでは、Amazonギフト券・電子マネー等にチャージすることができ、その他ギフト券・カードに交換することも可能です。

 

アメックス系のカードは、マイルが貯まることが多いですが、旅行などに行くことがあるならオススメです!

キャッシュフローを意識してカードを使う

法人カードを使う場合ですが、キャッシュフローを考えてから使用するようにしましょう。

ショッピング枠を使って仕入れをすることになるので、資金繰りがくるってしまうとうまく仕入れができなくなることがあります。

 

クレジットカードの場合、通常購入よりも支払いを遅らせることができます。

カードの支払日によって異なりますが、基本的には1~2か月後の支払い請求になります。

 

三井住友ビジネスカード:15日締め10日支払い※支払い猶予期間55日

オリコゴールド:月末締め翌月27日支払い※支払い猶予期間57日

アメックスゴールド:口座によって異なる

セゾンプラチナ:10日締め翌月4日支払い※支払い猶予期間55日

 

この様に分けられますが、賢く使う場合は支払日に合わせて月の前半・後半で使い分けると良いでしょう。

具体的な使い方は、下記の通りです。

 

  • 月末締め:前半月に使う(1~15日)
  • 15日締め:後半月に使う(16~30日)

 

支払い日までの日数を長くすることで、売り上げの反映が遅い場合でも、余裕をもってせどりをすることができます。

軌道に乗ってきて、資金があるなら気にせず使っても問題ありませんよ!

 

資金繰りをうまくしないと、カード破綻することもあるから注意ですね!
そうならないためにも、複数のカードを分けて使うことが重要よ!

せどり・転売で使っている10枚のオススメ法人カードを紹介します!

法人カードを効率よく使用する方法を解説したところで、僕が使っている法人カードを紹介したいと思います!

僕は、毎月せどりで継続的に利益を出しているのですが、月に仕入れる額はトータルすると、1,000万円以上を超えることもあります。

 

 

このカードを見てもらうとわかる通り、10枚のビジネスカードを持っていますからね…笑

これらのカードを駆使して仕入れを行っていき、それぞれ利益を出しています。

 

法人カードは、一般的に審査が厳しいといわれていますが、僕が使っているものは会社の実績さえしっかりしていれば発行できるカード。

中には、僕のインビテーションがあれば、優先的に発行できるようなカードもあるので、必見ですよ(^^♪

 

少し長くなりますが、今回紹介するのは下記のカードです!

 

アメックスプラチナビジネスカード

ダイナースクラブプレミアム

アプラスビジネスカード

しんきんカード

セゾンプラチナカード

オリコビジネスカード

三井住友マスターカードforビジネス

三井住友ビザカードforビジネス

楽天ビジネスカード

EXゴールドforBiz

 

法人化を検討していて、法人カードを持ちたいという人は、これから紹介する中からオススメのカードを見つけてくださいね♪

アメックスプラチナビジネスカード

利用限度額 収入・信用状況によって異なる
国際ブランド アメックス
年会費 130,000円
ポイント還元率 1%

ハイステータスカードの代名詞として紹介できるのは、アメックスプラチナビジネスカードです。

こちらのカードは、チタンで作られており、高級感があります。

 

また、インビテーションが必要なので、通常の申し込みでは使用できないので注意しましょう。

これから紹介する法人カードの中では、最上位クラスに位置するカードです。

 

後述する、セゾンプラチナカードと同様に、発行すると専用のコンシェルジュが付くことで有名です。

 

ハイクラスのカードなら、そこまでするのも当たり前のようですね!

 

還元率は1%と高く、せどり・転売に適しているカードです。

ただ、ハイクラスのカードとだけあって年会費は13万円とかなり高額…笑

 

しかし、その分年会費に見合うサービスを提供してくれるので、持っているだけで得をします!

 

フリーステイギフト※1年に1回無料で国内のホテルに宿泊できる

空港・ラウンジサービス

旅行・ショッピング保険

 

いずれも素晴らしい特典なので、積極的に利用したいところです!

利用上限は、信用状況によって異なりますが、ノーマルのダイナースカードを金額を年間を通してを使っている人にしかダイナースプレミアムの招待状が
届かないので、500万円以上の上限は確保されています。

ダイナースクラブプレミアム

利用限度額 上限なし
年会費 13万円
ポイント還元率 国内1.5%、海外2%

 

ダイナースクラブプレミアムは、アメックスプラチナ同様に、インビテーションがないと入会することができないカードです。

その代わり、利用可能額の上限がないので、ほぼ無制限に使うことが可能です。

 

しかし、一律の制限がないだけで、会員一人ひとりの利用状況・支払いの実績によって異なるので、注意しましょう。

年会費については、かなり高額で年間13万円支払う必要があります。

 

ただ、家族会員になると無料で利用できるようになります。

13万円と高い年会費ですが、それを上回るほどの特典があるので、積極的に活用したいところです!

 

24時間対応のコンシェルジュ

プライベートラウンジの利用

ラウンジキーの利用

 

また、今回紹介するカードの中では、最もポイント還元率が高く1.5%で利用できます。

海外の買い物であれば、2%になるのでかなりお得です(^^)/

 

年会費が高い分、仕入れメインに使っていけば、継続的に利益を出せるようになりますよ!

月々200万円程度の仕入れをコンスタントに行っていけば、年間で約30万円分のポイントがたまります!

 

たまったポイントは、プライベートでも使っていいですからね!
せどりの経費に使うのもいいし、使い道はいっぱいよ!

アプラスビジネスカード

利用限度額 100万円~300万円
国際ブランド VISA
年会費 2,500円※初年度無料
ポイント還元率 1%

アプラスビジネスカードは、法人に限らず個人事業主でも発行することができる法人カードです。

キャッシング機能はなく、カードショッピングのみ利用できます。

 

使用用途は、事業費決済に限るので、プライベートでは使わないようにしましょう。
※どのカードでも同様です

年会費については、初年度が無料で2年目から2,500円かかります。

 

上限金額は、法人・個人事業主でそれぞれ異なります。

 

法人:100万円~300万円

個人事業主:100万円~200万円

 

法人であれば、最大300万円まで借りることが可能です。

しかし、新規入会の場合は、利用可能枠の上限は100万円までとなります。
※1年間

 

ポイント還元率は1%なので、せどり・転売の仕入れに使えば、月に数万円のポイントをためることも可能です。
(最大で3万円分のポイントがたまります)

審査の難易度もそこまで高くありませんし、法人化してすぐの人にもオススメできるカードです!

しんきんカード

利用限度額 300万円
国際ブランド VISA,JCB
年会費 1,375円
ポイント還元率 1%

しんきんカードは、個人カードもありますが、ビジネスカードも存在します。

国際ブランドは、VISAとJCBであり、個人事業主でも発行することが可能です。

 

こちらは、一般カードですが、ハイクラスのカードではゴールドカードも存在します。

年会費は、1,375円と非常に安いですが、条件によっては翌年の年会費が無料になります。

 

MyJチェックに登録する※しんきんカードのサービス

年間50万円のショッピング利用

 

せどりをしていたら、余裕で50万円使いますし、実質年会費は無料ですね!笑

ポイント還元率は、1%と高いですが、海外での買い物であれば2%になるので、個人輸入をする人にはお得なカードです。

 

最後に、利用上限は300万円であり、幅広い仕入れをすることができますよ!

発行する難易度はそこまで高くありませんし、法人化して間もない人は発行してみると良いでしょう。

セゾンプラチナカード

利用限度額 収入・信用状況によって異なる
国際ブランド セゾン
年会費 20,000円
ポイント還元率 1.125%

セゾンプラチナカードは、ステータスカードとして保有している人も多いです。

通常、プラチナカードを発行するにはインビテーションが必要ですが、セゾンプラチナカードは必要ありません。

 

また、こちらのカードの年会費は20,000円と他のプラチナカードに比べると、圧倒的に安いです!

年間200万円以上利用すると、次年度の年会費が1万円になるという特典付きです!
※せどり・転売で使えば一瞬です

 

 

こちらのカードは僕も持っていますが、専用のコンシェルジュが付くのも魅力の一つ!

不明点があれば、すぐに質問することができますからね!

 

さらに、セゾンプラチナカードを持っている人からの紹介であれば、優先してカードを発行できるというメリットもあります。

つまり、僕の紹介であれば、優先的に審査を通してくれるので、オススメですよ!

 

限度額については、収入・職業・信用状況によって異なりますが、500万円以上は使えます(^^)/

セゾンプラチナカードは、還元率も高く1,125%で利用できます。
(JALマイルとして貯まっていきます)

 

グレードも高く、せどり・転売を本格的に始めたいと思っている人は、積極的に利用したいところです!

オリコビジネスカード

利用限度額 10~1,000万円
国際ブランド Master
年会費 初年度無料※2年目以降1,375円
ポイント還元率 なし

次に紹介するのは、オリコカードです。

こちらも、初心者向けの法人カードとして紹介できます。

 

利用限度額は非常に高く、1法人当たり1,000万円まで使えます。
※実績・収入によって異なる

しかし、年会費は初年度無料であり、以降2年目は1,375円と破格で利用することができます!

 

ただ、個人事業主が利用できるforBizカードとは違い、法人のみしか申し込みできないので注意しましょう。

ちなみに、こちらのカードはポイント還元がないカードです。

 

そのため、僕はあまり積極的に使っていません!

利用限度額が高いことが唯一の魅力であり、資金調達をしたいと思っている人は利用してみるのも良いでしょう。

 

年会費も安いですし、そこまで敷居が高くないカードですね!

 

三井住友ビジネスビザカード

利用限度額 30~300万円
国際ブランド VISA Master
年会費 11,000円
ポイント還元率 1%

法人カードで最もオーソドックスなのは、三井住友ビザカードforビジネスです!

こちらは、通常のビジネスカードのワンランク上のゴールドカードであり、年会費は11,000円で発行することができます。
※初年度無料

 

法人ではないと作ることができませんが、基本的なカードということもあって、比較的敷居が低いジャンルのカードといえるでしょう。

ただ、ある程度のビジネス実績・会社の信用が必要なので、審査する際は要注意です!
(登記簿謄本必須)

 

還元率は1%であり、さらにワンランク上のプラチナカードも存在します。

利用限度額は300万円であり、せどりで十分使えるカードですね!

 

また、せどり・転売だけではなく、下記のサービスも付帯しています。

 

公共料金の割引※電車

新幹線の優先予約

ショッピング補償※最大200日間

 

また、法人カードでは珍しく、キャッシング利用枠も存在します。

海外キャッシュサービスに限り、30万円まで借りることが可能です!

 

カードを発行する際は、法人名義口座でしか作ることができないので、発行するまでに用意しておくと良いでしょう!

ちなみに、こちらのカードにはマスターカードも存在します。

 

 

条件は同じであり、国際ブランドだけが異なるので、使う機会が多いものを選ぶと良いでしょう♪

 

審査の条件もそこまで高くないですし、法人化したらすぐ持ちたいカードですね!

楽天ビジネスカード

利用限度額 300万円
国際ブランド VISA
年会費 2,000円
ポイント還元率 1%

楽天カードは聞いたことがある人も多いと思いますが、実はビジネスカードも存在します。

楽天ビジネスカードを発行する際ですが、通常の楽天カードを持っている人なら、スムーズに審査が通りますよ!

 

ただし、法人のみでしか発行することができないので、個人事業主の人は法人化してから申し込むようにしましょう。

利用限度額は300万円であり、幅広い仕入れが可能になります。

 

年会費は、2,000円とそこまで敷居が高くないのでオススメです!

また、魅力的なのは使うと楽天ポイントがたまるということ。

ポイント還元率は1%であり、どのサービスで決済してもポイントがたまります。
※最大月間3万円分付与

 

 

さらに、SPUという楽天市場独自の制度を利用すれば、最大でポイント還元率が5倍になります。
(楽天での買い物に限ります)

最近では、ポイントせどりという手法で稼ぐ人も少なくありません。

 

 

楽天では、お買い物マラソン等というものが行われており、SPUと合わせるとポイント倍率が最大32倍までアップします!

通常仕入れても利益にならない商品でも、ポイントバック機能を使えば、ポイント分で利益を出すことができます!

 

普通のせどりとは違った手法ですが、してみるのもアリですね!
楽天はポイントせどりの宝庫だから、結構便利よ!

EXゴールドforBiz

利用限度額 300万円
国際ブランド VISA,Master
年会費 2,000円※初年度年会費無料
ポイント還元率 1%

最後に紹介するのは、EXゴールドforBizカードです!

こちらのカードは、オリコが発行するビジネスカードであり、審査が通りやすいということもあって、非常にオススメできます!

 

国際ブランドは、"VISA、Master”で発行可能です。

さらに、こちらのカードは使えばオリコポイントが利用額に応じて0.5%還元されます!

 

法人になりたての人でも審査に通るカードなので、初めて法人カードを作る人にはオススメです!

ちなみに、楽天カード同様に通常のEXゴールドカードを使っていれば、法人移行する際にスムーズに審査が通ります!

 

仮に、こちらのカードを作りたいと思っているなら、オリコカードを所持しておくと良いでしょう(^^)/

年会費については、初年度は無料であり、2年目以降は2,000円です。

 

そこまで高くありませんし、費用を抑えつつ利用することが可能です。

限度額は、信用・会社の実績によって異なりますが、300万円が上限です!

 

オリコポイントは、Amazonギフト券やマイル等に交換できますよ!
ギフト券に交換して、現金化するのも方法の一つね!

法人カードを使う場合に気を付けたい注意点を解説します!

オススメ法人カードを紹介したところで、法人カードを使う際に気を付けるべき注意点を解説します!

基本的には、通常のクレジットカードとして使えるので、ルールに準拠していれば問題ありませんが、状況次第では利用停止になってしまうこともあるので注意しましょう。

 

特に、せどり・転売をする際は、注意しなければなりません。

それは、”換金性の高い商品を仕入れる場合”です。

 

カメラ・ゲーム

商品券・チケット

ブランド品※バッグ、洋服等

貴金属

 

具体的にはこれらが挙げられます。

こちらは、クレジットカードの限度額を現金化する方法としても使われており、カード会社からするとかなり迷惑な行為なのです。

 

当然、事業資金として回しているなら問題はありませんが、一時的に商品を仕入れて現金化してプライベート用の資金で使うことに問題があります。

例えば、100万円分のブランド品を購入して、定価すべて販売するとします。

 

手数料などを考えない場合、手元に100万円の現金が残りますよね。

カードの支払いに使うことがほとんどですが、中にはそれをプライベートの資金にする人もいるのです。

 

世間では、マネーロンダリングと呼ばれる行為で、クレジット会社にとって迷惑です!

 

ただ、これを規制してしまうと”転売そのものがダメ”という認識になってしまいます。

実際、僕は換金性の高いカメラを仕入れていますが、過去に利用停止処分になったことは一度もありません。

 

特に、法人カードではキャッシングができませんから、一時的に現金化したいという人が増えてきます。

 

最近では規制もゆるくなって、継続的に利益を出しているなら問題ありませんが、”商品券・ギフト券”等の換金性が高いものを大量に購入して、現金に交換するのが問題視されているわけです。

そのため、法人カードを使って仕入れをする場合は、できる限り利益を出せるような商品を仕入れるようにしましょう。

 

それに、カードの申請をする際は会社情報等も必要になるのですが、その際に”物販系の会社”とカード会社が認知していれば、利用停止になる可能性は低いです。

 

ただ、怪しい行動はしないのが条件ね!

法人カードが利用停止・限度額が下がる原因

法人カードが利用停止・限度額が下がる原因は、様々です。

僕も、利用停止とはいかなくても限度額を下げられたことは多々あります。
※コンサル生は利用停止されたようです

 

僕が実際に体験したことで言うと、下記が挙げられます。

 

普段使っていないカードでまとめて決済した

普段仕入れない場所で大量に仕入れた

 

まず、普段使っていないカードでまとめて決済したパターンです。

こちらは、ダイナースカードで発生したことであり、いつもは別のカードを使っていたのですが、たまたま80万円の仕入れをまとめて行いました。

 

おそらく3か月ぶりくらいに使ったのですが、仕入れた翌日にカード会社から電話。

利用明細から、換金性が高い商品を仕入れたのがわかったので、限度額を下げられたという事例です。

 

コンスタントに仕入れていれば問題ありませんでしたが、普段使っていないカードでまとめて仕入れるとマネーロンダリングを疑われてしまうこともあるようです!

そのため、法人カードを使って仕入れをする場合は、その辺も含めて確認してから仕入れるようにしましょう!

 

カード会社は明細を見て判断するので、怪しいと思ったら最悪の場合止められてしまうこともありますし、注意したいところですね!

 

次に、普段仕入れない場所で仕入れたパターンです。

本来、大阪エリアで仕入れており、カード会社もある程度購入する場所を把握しています。

 

換金性が高いカメラを仕入れていても、現金化ではなく”ビジネス”と判断されて止められていないのだと思います。

しかし、普段行動しないようなエリアでまとめて仕入れると、限度額が下げられることがありました。

 

福岡に出張した時の話ですが、大黒屋・高山質屋等で複数点カメラを仕入れました。

仕入れ額は、トータルで100万円程度でしたが、同じカードを使って仕入れたのが問題だったようです…

 

カード会社から電話が来て、「福岡県で大量の商品購入がありましたが間違いありませんか?」と聞かれたので、そのまま受け答えをしました。

ここで、マネーロンダリングを疑われてしまい、限度額が下げられてしまったのです。

 

じゃあ、出張せどりをする際は注意して仕入れなきゃいけないわ!

まとめ:法人カードを発行してせどりを仕入れやすくしよう!

今回は、オススメの法人カードや、法人カードをせどりで使う方法について解説しました。

個人カードを仕入れで使っている人も多いと思いますが、個人カードだけでは仕入れに限界があります。

 

限度額もそこまで高くありませんし、継続的に仕入れたいと思っているなら、法人カードを発行すると良いでしょう。

事業経費を決済する目的で発行されているので、限度額が大きく仕入れに向いています!
※上限がないものも存在する

 

僕も複数枚所持していますが、使用するカードは都度使い分けています!

法人カードの種類にもよりますが、ポイント還元率が高いダイナースクラブやセゾンプラチナは使い勝手が良いと思いますね(^^)/

 

ポイント還元率が高いカード

限度額が200万円以上

 

この様なカードは、いずれも仕入れに適しているので、積極的に活用したいところです。

今回紹介したカードの中では、セゾンプラチナカードなら、僕のインビテーションがあれば優先的に審査ができますよ♪

 

詳しい内容は、下記で紹介しているので参考にしてみてください!

 

最強クレカ紹介

-カメラ転売

Copyright© プロが教えるカメラ転売ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.