起業して失敗しない確実な方法!会社を辞めるタイミングとは

 

 





友だち追加

「転売で稼げるようになってきたので、
独立したいのですが、いつ辞めたらいいですか?
等と言った内容の相談を受ける事が良くあります。

答えは無いのですが経験をもとにお話しさせて
頂きます。

独立起業するまでにやるべき事とは

まずは副業で最低半年は今の働いてる給料を稼ぎ続けている
事は必衰ですね。

先月は利益出たけど今月はいまいちという不安定な
状況では独立するべきではありません。

一時期稼げても稼ぎ続ける事が難しいのでそも
そも安定していない状況では独立のスタート
地点にも立っていません。

相談の中で良く聞く話ですが独立起業したら
時間ができるので稼げるようになるとの
話をよく聞きますがそういった人は結局
独立しても時間があるのにあまり動かない
という人がほとんどです。

サラリーマンでも時間を有効活用して
安定した利益を稼げる人が時間ができたら
その分利益を伸ばすのです。

なので最低でも安定した売上と利益が
半年は必要ですね。

そういった状況であれば独立する際も
気持ち的にも安定しているので独立に
対しても気持ちの余裕が生まれてこれで
あれば大丈夫かもとの気持ちになります。

起業をしてはいけないタイミングとは

当然ながら勢いだけでの起業は絶対
にしてはいけません。

『どうにかなるは』

『どうにもなりません』

独立するだけなら誰でも
出来るのです。

継続する事がとても難しいのです。

私の仲間も独立した人も沢山いますが
大多数はサラリーマンに戻っています。

起業は簡単ですが安定して稼ぎ続ける
事は難しいのです。

一瞬稼ぐ事は簡単なので勘違いして
独立してしまい最終的にはまた逆戻り
のパターンはものすごく多いです。

稼ぎ続けるというのは常に頭で考えて
時代の流れも読み常に勉強をしていか
なければ継続は厳しいのです。

あとは変化を楽しめない人も
独立はしてはいけません。

独立したら全て自分の責任です。

仕事をしなければお金は入ってきませんし
資金繰り等も自分でやらなくてはいけ
いけませんので今までの生活と全く
違います。

生活環境もかなり変化します。

サラリーマン時代であれば休日は
しっかり休めますが独立後は休みで
あっても仕事の事は頭から離れません
ので365日休みがないようなものです。

サラリーマンの方が時間的にも
経済的にも安定しています。

何より気持ちの上で独立起業した
場合よりも楽です。

なのでよっぽどの覚悟がなければ
独立はしない方がいいでしょう。

家族を持っている場合でしたら
尚更です。

計画も実績も覚悟も無い独立は
家庭の崩壊を意味します。

しっかりと現状を見つめ直して
独立を考えましょう。

独立してもいい人とは

当然最低半年は安定して売上と利益がでている
事が条件ですよね。

サラリーマンであれば最低給料以上の
利益がでている事が条件です。

私の場合も半年程はサラリーマンと
副業の両立でやっていました。

独立の時はサラリーマンの給料が
20万程で副業の利益が40万を超えて
いましたので独立を決意しました。

家族も安定してお金が入ってきていたので
特に反対もなくすんなり家族のokもでました。

しっかりと足固めをしてからの独立が
好ましいです。

私が独立できた勝因は色々ありますが
独立する条件の中で資本金も必要無く
設備費もいらないインターネットビジネス
というものだから成功したともいえます。

僅かなお金でも大きく稼ぐ事ができる
インターネットを使ったビジネスは
独立起業にはもってこいのビジネス
モデルですね。

詳しく聞きたいのであればお気軽に
ご連絡くださいね。

このビジネスなら副業から始めて
確実に独立できるビジネスです。

しかもリスクはほとんどなく始められ
失敗しても元の生活に戻るだけです。

なのでやらないと損ですね(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です