カメラ転売

副業で転売をする場合とオリジナル商品を販売する場合はどちらがいいか解説します!

転売をする際ですが、ネットや店舗から商品を仕入れて市場に流すのが一般的です。

しかし、人によってはOEMといってオリジナル商品を作って、転売する人も少なくありません。

 

「通常の商品とOEMはどっちがいいの?」

「副業をするのに適しているのはどっち?」

「転売と物販ビジネスで初心者向けなのは?」

 

今回は、転売と物販の違いを紹介しつつ、通常の商品とオリジナル商品のどちらを転売すれば利益になるのかを紹介します!

副業で実践する際に、どちらのほうが稼げるのかを紹介していくので、これから転売ビジネスを始めようと思っている人は必見ですよ!

 

いずれもメリットがあるので、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう!

 

よくわかる解説

オリジナル商品にもメリットはある

OEMは手間がかかる

利益になる可能性が高い

通常商品とオリジナル商品はどちらが稼げる?:序章

まず、結論から言うと、通常商品とオリジナル商品では、後者のほうが稼げます。

しかし、いきなりオリジナル商品を製造して作るのは難易度が高いので、転売ビジネスでキャリアを積むことが重要です。

 

特に、副業をしたことがなくて、転売をしたことがない人は、転売ビジネスから始めたほうが良いです。

オリジナル商品を販売する場合は、資金がある程度必要です。

 

転売で資金集めをする

自分で製造して転売するためライバルが少ない

 

転売は、商品を安く仕入れて転売するだけでよいので、ビジネスモデルは単純です。

軌道に乗れば、そのまま転売ビジネスを拡大するのもいいですよ(^^)/

 

難しい話ではありませんし、ノウハウさえ学んでいれば、初心者でも稼げるようになります。

通常商品とオリジナル商品は、どちらも利益になる可能性が高いですし、最終的な判断は自分にまかせると良いでしょう。

転売と物販ビジネスの違いを簡単に解説します!

転売は、僕も実践している方法であり、ネットや店舗から商品を仕入れて転売する方法です。

物販ビジネスと混合する人もいますが、実は全くの別物です。

 

転売=商品を仕入れて横流しする

物販=オリジナル商品を販売する

 

転売は、既存の商品を仕入れて市場に流して利益を出すのに対し、物販はオリジナル商品を製造して販売していきます。

副業をしたことがない人からすると、転売と物販の違いについて知らない人も多いです。
※転売をしている人も混合していることがあります

 

いずれも利益になるのは確かですが、簡単なのは転売です!

仕入れ先さえ確保してしまえば、あとは転売するだけですからね(^^)/

 

仕入れる商品によっては、継続的に利益が出るのでオススメですよ!
スキルやノウハウがなくても、簡単に稼げるのが転売ね!

転売は商品を横流しして利益を出す

まず、転売ですが、ビジネスモデルはかなり単純です。

「安く仕入れて高く売る」というものを繰り返すだけで、簡単に稼げるようになります。

 

ネットや店舗に一般流通しているような商品を仕入れてきて、以下の販売先で転売するのが一般的です。

 

Amazon

ヤフオク

メルカリ

ラクマ

 

簡単に言ってしまうと横流しであり、市場価格差のある商品を横流しして稼いでいくのが、転売ビジネスです。

 

 

ゲオで販売されているゲームが1,000円だとして、メルカリで4,900円で売れているものであれば、購入されれば2,000円の売り上げが出ます。

これが、転売ビジネスの基本です。

 

リサーチする必要がありますが、ビギナーズラックとして稼げるビジネスでもあります。

最初のうちは、”この商品は稼げそう!”という感覚で仕入れていき、最終的には利益商品のみを精査して仕入れていくと、利益率が高い転売ができます!

物販はオリジナル商品を仕入れて利益を出す

物販ビジネスは、転売とは大きく異なります。

商品を販売するという点では共通していますが、商品を仕入れる過程・仕入れる商品がそれぞれ異なります。

 

物販は、オリジナル商品を仕入れて販売することを指し、DIYやリメイク商品を出品するのも物販です。

メルカリでは、多くの商品が販売されていますが、ハンドメイドグッズもオリジナル商品に入ります。

 

 

こちらは、デニムを使って作ったオリジナルバッグです。

ハンドメイド商品は、買い切り型であり、他には存在しないような商品になります。

 

安く仕入れたものを高く売る転売に比べると、物販は商品を加工するという手間がかかります。

これを実践することで、転売以上に稼げるようになるのです(^^)/

 

本格的に行う場合は、海外の工場と提携を結んで、オートメーション化して稼いでいきます。

売れるルートを確保すれば、あとは商品を製造し続けるだけですよ♪

副業で始めるなら転売一択!理由を4つ紹介します!

初心者が、副業で何かを始めようと思っているなら、転売がオススメです!

いきなり物販ビジネスを始めるのもいいですが、仕入れる商品によっては、大量な不良材を抱える可能性もあるので、リスクが高すぎます。

 

これを避ける意味でも、まずは転売から始めましょう!

転売は、以下の理由から初心者の転売に適しています。

 

初期投資ゼロ円で始められる可能性がある

即金性が高いから

資格やスキルは一切必要ない

月数万円程度は誰でも稼げる

 

転売は、再現性が高いビジネスとして紹介できます。

物販の他にも、FXや仮想通貨投資といった副業もありますが、スキルが必要です。

 

しかし、転売の場合は商品を横流しするだけのビジネスなので、特別なスキルは必要ありません。
※リサーチ方法を身につける必要はあります

初期投資も少ないですし、稼げる副業をしたい人は実践すると良いでしょう。

初期投資ゼロ円で始められる可能性がある

転売をしようと思っても、何から仕入れればいいかわからないという人もいると思います。

そういう人は、商品を仕入れるのではなく、身の回りにある不用品を転売するところから始めましょう。

 

不用品転売というのは行っている人も多く、仕入れ資金を稼ぐために、不用品からスタートすることも多いですよ♪

また、不用品がないものでも、仕入れ原価がかからない商品も転売して利益が出る可能性があります。

 

地方情報誌

フリーペーパー

ペットボトルのキャップ

カタログ

 

この辺は、メルカリを中心に多く販売されています。

仕入原価がかからないので、リスクは一切ありません。

 

 

この様に、人気アイドルが表紙を飾っているようなものは、フリーペーパーでも利益になります。

まずは、売れるということを実感する必要があるので、身の回りの物や仕入れ原価がかからないものを転売して利益を出していきましょう!

即金性が高いから

転売ビジネスの良いところは、即金性があるところにあります。

他の副業に比べると、ここまで即金性が高いビジネスは、そうそうありません。

 

基本的には、ネットや店舗で仕入れてきた商品を、メルカリ・ヤフオク等で転売していきます。

その際、店舗で購入したものをその日に転売すれば、その日に売れる可能性もあるのです。

 

メルカリを例に挙げると、以下の商品の需要は高いです。

 

アパレル用品

ブランド品

ゲーム関連

スマホ関連機器

CD/DVD

 

回転率が高い商品は、不良在庫になることも少ないですし、一度売れればあとは仕入れるだけです。

商品が売れた後は、受取評価されるまで待てばよいです。
※売れてから2~3日以内には確定する

 

そのため、最短で2~3日で手元に売上金が入ります。

1か月働いて決まったときに給料が発生するようなバイトに比べると、いかに即金性が高いかが理解できると思います!

資格やスキルは一切必要ない

転売ビジネスは、資格やスキルというのは必要ありません。

他の副業では、ある程度スキルが必要になることがありますが、やり方さえ覚えてしまえば子供でも実践できます。

 

転売のビジネスモデルは”安く仕入れて高く売る”だけなので、リサーチをして市場化価格差がある商品を仕入れれば、利益になります。

リサーチ方法というのもそこまで難しくありませんし、需要と価格差を調べるだけでよいです。

 

ただ、唯一転売で必要なものは、”継続するための努力”です。

 

1.売れる商品をリサーチする

2.商品を仕入れる

3.転売する

4.利益が出る

 

この流れを繰り返して、転売ビジネスは利益を出していきます。

商品を仕入れるのは難しくありませんが、利益商品を見つけるリサーチは常に行わなければなりません。

 

これが繰り返しできる人だけが、転売では稼ぐことができます。

月数万円程度は誰でも稼げる

最後に、転売はやり方さえ間違えなければ、誰でも稼げます。

僕のコンサル生も、初月で一切稼げなかった人は少なく、サラリーマンの副業だとしても月に2~3万円程度は稼いでいます。

 

副業でする場合は、どうしても着手できる時間が限られてしまうので、利益が出せないともう人もいますが、そういうことはありません。

リサーチする時間と仕入れる時間さえ確保してしまえば、月3~5万円程度は普通に稼げますよ!

 

初心者でも稼げるというのが、なんとなくわかった気がします!

 

例えば、月間の目標が10万円の場合。

月利10万円を上げるためには、以下の商品をそれぞれ仕入れて転売しなければなりません。

 

1個2,000円の利益商品:50個

1個5,000円の利益商品:20個

1個1万円の利益商品:10個

 

単一で1万円の利益が出るような商品は、高単価商品の可能性が高いので、頻繁に仕入れることはできませんが、5,000円程度利益なら十分可能です。

20個転売すれば10万円になるので、1週間で5個売れば達成する数字ですよ(^^)/

 

難しいことではありませんし、まずは知れるところから始めましょう!

転売にある程度慣れてきたら物販ビジネスも!オススメの理由3選!

転売は、商品を安く仕入れてくれば利益になります。

しかし、商品を繰り返し仕入れるだけなので、退屈になることも多いです。

 

ある程度転売に慣れてきて、市場の動きや転売ビジネスそのものを理解してきたら、物販ビジネスに手を出すのもありですよ!

オリジナル商品を仕入れて転売するのは、通常の転売に比べると難易度は上がりますが、一度軌道に乗って売れれば、継続的に売れるようになります。

 

市場にライバルがいない状態で商品を独占販売できる

商売になるので世間から認められやすい

オートメーション化すれば投資が安く済む

 

オリジナル商品は、市場を独占できる可能性があります。

既存商品だとしても、他の商品に比べて優位性があれば、商品は売れ続けますよ♪

 

その分手間と時間がかかるので、仕入れるまでが大変ですが、仕入れる価値は十分にあります。

市場にライバルがいない状態で商品を独占販売できる

物販ビジネスをしたほうが良い理由ですが、オリジナル商品は独占販売ができます。

商品にもよりますが、市場に出回っているような商品でも、優位性があれば売れ続けます。
(例:他の商品よりも安い、効果が期待できる等)

 

オリジナル商品は、あなたしか製造できないものなので、転売に比べるとかなり手間がかかります。

 

生産ロットを増加する※売れてきたら

メンテナンス作業

商品の仕入れ・補填

 

この手間をかけることで、月間で100万円以上売り切ることも十分にできます。

ライバルが少ない市場を調査して、あなたがその商品を転売すれば、市場を独占することができますよ!

 

転売の場合は、常にリサーチしておく必要がありますが、物販は一度当たると大きいです。

オリジナル商品は、何か不祥事がない限りは継続的に売れていきます。

 

長期的に稼ぎたいなら、ロットを追加して転売すると良いでしょう。

商売になるので世間から認められやすい

オリジナル商品ですが、商売として行えるビジネスです。

転売の場合は、悪質な転売ヤーのおかげで、マイナスイメージがついています。

 

実際、市場にある商品を安く仕入れて転売するわけですから、本来は安く購入できた商品を高く販売していることに変わりはありません。

ただ、それも商売なので、気にすることではありませんよ!

 

 

ただ、人が迷惑するような転売はやめましょう。

感染症の影響から、Switchが高額転売されていますが、いまだにその影響は続いています。

 

本当に欲しい人が購入できなくなるので、かなり迷惑です。

店舗側も、転売ヤーがグループになって買い占めることから、在庫があっても商品を中々転売できないという状況も続いています。

 

物販ビジネスの場合は、自分で製造して販売するだけなので、誰かが困ったり迷惑したりすることはありません!

むしろ、感謝されることが多いので、胸を張って物販ビジネスをしているといえることでしょう。

 

友達とか知り合いに転売してるというよりも、物販してるといったほうがいいですからね!

オートメーション化すれば投資が安く済む

オリジナル商品を製造して転売する際は、基本的に工場でオートメーション化します。

国内の工場で製造するのも良いですが、人件費が高いので、商品の価格も同時に上がります。

 

中国の工場と提携を結んで、オートメーション化することが、オリジナル商品製造では重要になってきます。

ただ、完全に商品製造を委託する場合は、まとまった資金が必要です。

 

ロットで注文することになりますが、商品によっては1ロット当たり10万円以上を超えることもあります。

そのため、オリジナル商品を製造したい場合は、製造しようと思っている商品が、売れ筋かどうか確認してから製造することが重要です。

 

せっかく製造した商品が売れないとなると、どうしようもありませんからね…
転売で言うリサーチをして、本当に売れるかどうかのリサーチをすることが重要よ!

補足:オリジナル商品は稼げるまでに時間がかかる

オリジナル商品を製造して販売する場合ですが、かなり時間がかかります。

製造を依頼して、数日後に納品されるようなことはなく、開発から販売までで最低でも3か月以上はかかります。

 

物によっては、半年以上かかることもありますし、注意したいところです。

転売をする際は、ただ商品を仕入れて横流しするだけでよいですが、物販ビジネスはそうはいきません。

 

市場規模の調査※定期的に

ライバルについて調べる

中国で製造できるかどうか

工場への依頼

発注をする

販売を開始する

 

この様な流れで進んでいくのですが、最短でも数か月はかかります。

そのため、物販ビジネスを始めたいと思っているなら、転売をしながらがオススメです。

 

商品が届いてから、販売できるようになってからは、売れ行きを見て増加するかどうかを検討しましょう。

段階を踏みながら、継続するかを決めてもいいですよ(^^)/

まとめ

今回、転売と物販ビジネスの違いについて解説しました!

副業で始める場合は、転売のほうがオススメであり、単純なビジネスモデルなので、安定した仕入れができます。

 

オリジナル商品を製造するのも良いですし、物販ビジネスにはそれなりのメリットがあります。

しかし、製造するまでの手間がかかることや、不良在庫になる可能性を考えると、転売のほうが気軽でいいと思いますね…

 

仮に、あなたが転売をしようと思っているなら、中古転売がオススメです!

 

ゲオ

ブックオフ

ヤフオク

メルカリ

ハードオフ

 

これらの仕入れ先から、市場価格差があるものを仕入れて転売するだけです!

仕入れるのは難しいことではありませんし、気になる人はまずは不用品転売から行って、売れるかどうかを体験すると良いでしょう!

 

中古転売については、以下の記事で解説しているので、合わせて参考にしてください(^^)/

 

中古せどりを始めるためには?オススメ店舗を紹介します!

-カメラ転売

Copyright© プロが教えるカメラ転売ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.