カメラ転売

【携帯乞食】携帯MNPは稼げる?やり方・基本情報を徹底解説!

「携帯MNPはお小遣い稼ぎができるビジネス?」

「携帯MNPで稼ぐ方法を知りたい!」

 

携帯電話を乗り換えするときに、キャッシュバックをすることがあるのですが、実はそれでお金儲けをすることができるのです。

これを、”携帯MNP”と呼ぶのですが、一時的に30~50万円程度稼ぐという猛者もいて、僕の転売仲間でもしている人がいます。

 

今回は、携帯MNPがどういうものなのか解説していきます!具体的な稼ぎ方・方法を解説するので必見ですよ!

 

結論

飽和状態でも稼げるビジネス

手間はかかるが即金性がある

ブラックリストに入るとスマホを契約できなくなる

序章:そもそも携帯MNPって儲かるの?

結論から先に言いますが、携帯MNPは儲けることができます。

しかし、一時的に儲けることができない可能性が高いので、別のビジネスの種金にしたいという場合や、お小遣い稼ぎがしたいという人には、オススメできます!

 

携帯MNPは、携帯電話の乗り換えキャンペーンを利用して、お金を稼ぐことを総称してそういいます。

儲ける仕組みは、キャッシュバック制度・割引が大きく関係しているのです。

 

スマホ・携帯電話というのは、新規契約をすることはほとんどありません。

今では小学生でも持っている時代ですし、あなたが持っているそのスマホも数年前・数十年前に契約したものだと思います。

 

僕も、docomoに契約して10年以上が経っています!

 

キャリア会社からすると、新規の顧客を獲得するのは非常に難しく、様々なキャンペーンを行って乗り換えをしてもらうほうが顧客を取りやすいのです。

そこで、別キャリアからの乗り換えで優遇対応をして、少しでも顧客を獲得しようとしているのが、携帯電話市場の最新の動きになります。

 

新規契約よりも、他社から乗り換えたほうが多くの特典を受けることができ、キャッシュバック・割引制度が整っているのです。

少しでも、契約してほしいということから、どのキャリアでも数多くのキャンペーンを実施しています。

 

 

中でも一番多いのが、”機種代無料キャンペーン”でしょう。

ソフトバンクが行っていたのですが、”機種代実質0円”というキャンペーンを行っていました。

 

どんぐりの背比べのような感じですが、他社から乗り換えるということは、”A社の顧客が一人減り、B社の顧客が一人増える”という認識です。

会社にとっては、かなりのメリットですし、お得なキャンペーンが行われるほど、顧客が減るのでキャリア会社にとっては大打撃なのです。

 

なるほど!でも、携帯MNPはそれを利用するわけですね!

そもそも携帯MNPが儲かる仕組みとは?

携帯MNPは、キャッシュバック・割引を使って儲ける方法ですが、乗り換えだけで本当に稼げるの?という人もいると思います。

スマホを契約するときは、基本的に下記の方法があります。

 

機種代を一括で支払う

2年契約で分割支払いをする

 

携帯MNPをする場合は、基本的に一括支払いを行います。

機種代の割引が大きく、一括ゼロ円キャンペーンを行っているほうが、お得にポイントを獲得することができます。

 

しかし、キャッシュバック制度・割引を利用したところで、稼げるというわけではありません。

ここに、下記の方法をプラスすることで、儲ける仕組みを作ることができるのです。

 

  1. 端末を転売する
  2. 維持費を極力下げる
  3. 契約期間を短く設定する
  4. 回線数を増やす

 

この四つの方法を実践すれば、携帯MNPで効率よく稼げるようになります。

契約して稼ぐというよりは、その後のフォローが重要になってくるのが、携帯MNPです!

端末を転売する

まず、スマホを契約するときですが、人気の端末は転売すれば購入時よりも高く売れることがあります。

最近では、スマホ自体の在庫も多いので、昔ほど入荷待ちになることはありませんが、購入金額+αでの利益が出る場合もあります。

 

 

スマホの新品端末の買取を専門に行っている業者も存在し、未開封であれば5,000円~7,000円程度プラスしてくれます。

転売をしている人なら、ヤフオクやAmazonに出品するのも良いですが、言い値になってくるので価格競争が起きやすいです。

 

下手すると、損切をしなければならないこともありますし、原価割れする可能性も考えられるので、買取業者に依頼するのが賢い方法です!

手間もかかりませんし、自分が契約した端末を買い取ってくれるかどうか検索して、売るだけですからね!

維持費を極力下げる

携帯MNPでは、スマホ1端末当たりの維持費を最小限に抑えるということが、儲けるポイントになってきます。

本来、スマホを契約するときは、利便性を考慮して数多くのプランに契約させられることがあります。

 

docomoでよくあるのが、何かを二年間無料にする代わりに、別のサービスに登録させるというもの。

翌日に解約すれば問題ないのですが、気づかないうちに数万円の契約料を払って損をしているということも少なくありません。

 

契約プランでも、様々なジャンルが存在します。

 

かけ放題プラン

データ量のプラン

メモリ増量プラン

 

挙げればきりがありませんが、必須項目のプランは全て安いもので契約しましょう。

デフォルトで設定されている場合は、契約後に変更すると良いです!

 

無駄に料金を払わないためにも、利用したほうがよさそうですね!

 

解約するわけではありませんし、違約金がかかることは一切ありません。

端末を使って変更することができるので、10分程度で完了することです。

 

スマホの契約プランの中には、”一定の契約をするとキャッシュバック”というサービスがあるので、その場合は受け取ってからにしましょう!
※ない場合は即解約して変更して問題ありません!

 

ちなみに、キャッシュバックを受け取る前に変更すると、受け取れない可能性もあるので要注意です!

契約期間を短く設定する

携帯MNPで最も稼げるのは、スマホ契約時になります。

キャッシュバックについては、キャリア会社によって異なりますが、場合によっては遅れることもあります。

 

その後は、いかに維持をしていくのかということが重要ですが、契約期間はできる限り短くしましょう。

”2年契約”で利用していると思いますが、非常に勿体ないので別の携帯MNPを行うことをオススメします!

 

次々に携帯MNPをしないと、損してしまう可能性がありますからね!

 

仮に、解約金を支払ったとしても、それ以上に稼ぐことができるので、問題ありません。

しかし、別で携帯MNPをするのは手間がかかりますし面倒なので、そのまま解約しても問題ないです。

 

維持する期間ですが、基本的には6か月程度は契約する必要があります。
※詳細は後述します

乗り換え割を利用したいからといって、頻繁に乗り換えるのもキャリア会社から目をつけられてしまうことになるので、要注意ですよ!

補足:携帯MNPの契約を半年継続する理由

携帯MNPでは、契約期間を短くすることで、賢く儲けられますが最低でも半年は契約したほうが良いです。

理由は、キャリア会社の”契約期間”にもよりますが、短期解約をする場合、状況次第ではブラックリストに載る可能性もあるからです。

 

期間についての明確な決まりはありませんが、キャリア会社が定めている期間は下記の通りです。
※推定の情報です

 

ソフトバンク:180日

docomo:180日

au:120日

 

短期解約の定義はありませんが、4~6か月程度がラインになりますね。

キャリア会社も、新規・乗り換えにかかわらず、多くのお客様から契約してもらいたいというのが本音です。

 

2年契約をデフォルトにしていても、解約しないようにそれを上回るお得なプランを提供していますからね!

 

数多くのプランがあるのに、半年で解約されてしまうとキャリア会社からすると、大打撃なわけです。

上記の期間内に解約をすると、ブラックリストに入ってしまう可能性があるので、注意しましょう。

 

ただ、ブラックリストに入ったからといって、”契約できない”ということはありません。

あるとしても、”新規契約不可、割引不可”くらいですね!
(携帯MNPをしている人からすると大打撃ですね…)

回線数を増やす

携帯MNPは、契約する回線数が多ければ多いほど利益につなげることができます。

つまり、契約するスマホ端末の数が多ければ多いほど、莫大な利益を出すことができるのです。

 

回線の利益×回線数=純利益

 

この様な計算になるのですが、いくら回線数が増えようが、上記で紹介した手順を行えばよいので、手間はかかりません。

キャリア会社によって契約することができる回線数は決まっていますが、相場としては”1名義=5回線”までです。

 

しかし、auに関しては1日に3回線までしか契約することができませんし、3回線以降は家族の名義で契約しなければなりません。

 

なるほど。それは少し手間かもしれませんね!

 

本人が行く必要はありませんが、利用者登録をするには”保険証・免許証”等の本人確認書類が必要になります。

家族分も合わせれば、多額の利益を出すことが可能なので、やってみる価値は大いにありますよ!

携帯MNPの疑問を徹底解説します!

携帯MNPについて解説しましたが、実際本当に稼げるのかということや、トラブルにならないか気になる人も多いですよね。

僕も、携帯MNPをやろうと思いましたが、単に面倒だったのでしていません…笑

 

しかし、記事を書いている内に”始めてもいいかな”と思ってきました!笑

ただ、そんな僕でも、携帯MNPについて知る前は下記の疑問を抱えていました。

 

怪しまれないかどうか

新品扱いになるのかどうか

マイナスになるのかどうか

 

携帯MNPをする上で気になるポイントだと思いますし、それぞれ解説していきたいと思います!

怪しまれない?

まず、携帯MNPは一度に多くの回線契約をすることになります。

その分多くの端末を購入するわけですが、auを例に挙げると1度に3つの回線を契約します。

 

確かに!この場合、怪しまれることはないんですか?

 

結論から言ってしまうと、ありません。

そもそも、スタッフも「3回線も何に必要なんですか?」という小姑のようなナンセンスな質問はしてきませんよ…笑

 

事実、携帯MNPで儲けたいという人は多いですし、その仕組みについてキャリア会社のスタッフも知っているくらいです。

それに、キャリア会社にとっては、端末を複数契約してくれるわけですから、メリットしかないのです。

 

仮に、後日解約したとしても、半年間は契約するので利益になりますからね!

つまり、携帯MNPで儲ける人と、キャリア会社のスタッフは良い関係にあるのです。

新品扱いにならない?

auやdocomoで契約する際ですが、スマホ端末によっては、SIMカードをスタッフがそのまま挿入してくれます。

つまり、開封された状態になってしまうので、”新品扱いにならないのでは?”と思う人も少なくありません。

 

確かに!その点はすごい気になりますね!

 

これには定義づけがしっかりされており、SIMカードを抜いた状態を新品としているので、使わなければ問題ないのです。

先ほど紹介した紹介サイトの”新品”は、契約してSIMカードを抜いた状態が分類されます。

 

端末設定の手続きを進めたり、フィルムをはがしたりすると新品扱いにならないので、要注意です!

つまり、契約した時点で、何も触らなければ新品として取り扱ってくれるのです。
※未開封品にはならないので要注意

マイナスになることはない?

携帯MNPで、最も気になるのがマイナスになるかどうかです。

基本的にマイナスになることはありませんし、間違ったやり方をしなければプラスになることがほとんどです。

 

マイナスになるとしても、収支管理ができていないことが原因ですね!

携帯MNPですが、分割で支払うということはなく、解約時に端末代を請求されることはありません。

 

2年契約をする場合、途中解約をすれば1回線=1,000円の違約金が発生します。
※auの場合

解約をしても、利益になるような計画を立てておかないとマイナスになるので要注意ですよ!

 

外的な要因で、マイナスになることも少なくありません。

 

新規端末契約後に買取価格が下落した

SIM契約をした後に割引が終わる

キャリア会社のキャンペーンが受けられない

 

いつでも発生する可能性があるので、それぞれ注意したいポイントです。

それぞれ対策をするなら、契約した端末は契約した段階で即売ることをオススメします!

 

特に、iPhoneの場合は、新機種が出ると価格が下落することが予想されるので、その前に売ると良いでしょう。

また、携帯MNPをするために格安SIMを契約して、途端にキャリア会社の割引が利かなくなるということもあります。

 

割引が利かない状態で、契約し続けると維持費だけがかかってしまうので、早い段階で携帯MNPしましょう。

継続的に短期契約をしていなければ、ブラックリストに載ることはありませんよ!

 

賢くMNPすれば、利益が出せないということはありません。

携帯MNPのやり方を詳しく解説します!

携帯MNPについて解説したところで、実際にやり方について解説します!

世間では携帯乞食といわれているのですが、お小遣いを稼ぐ方法として確立していますし、違法ではないので問題ありません。

 

携帯乞食をする方法ですが、具体的なやり方は下記の通りです。

 

携帯MNPに必要な携帯電話を準備する

キャッシュバックを行っている店舗を見つける

契約する

キャッシュバック・割引を受け取る

解約する

 

基本的にはこの流れで行えば、問題ありません。

少し面倒なステップもありますが、手順に沿って進めれば確実なので、合わせて確認していきましょう!

携帯MNPに必要な携帯電話を準備する

まず、携帯MNPを始める時は、携帯電話を契約しなければなりません。

乗り換えに必要な携帯電話を見つけなければならないのですが、普通に契約をしたスマホでは維持費の関係から、損してしまうことがあります。

 

そのため、利益を上げるためには、電話番号を格安で取得することができる格安SIMを契約しましょう!
(最近ではMVNOが有名ですね)

電話番号は、相場によって異なりますが、大体1万円~1.5万円程度で手に入るので、必要コストは低い方です。

 

初期費用は抑えたほうがいいですし、維持費も安いですからね!

 

携帯乞食をするためには、乗り換え(MNP)が必要になってくるので、その辺は意識したいところです。

乗り換えすることができる携帯電話を取得したら、次のステップに移りましょう(^^)/

キャッシュバックを行っている店舗を見つける

乗り換えできるスマホを用意したら、次はキャッシュバックキャンペーンを行っている店舗を探す必要があります。

”スマホ代0円キャンペーン”を行っているような店舗を見つけると良いです!

 

キャリア会社や、店舗によって異なるので、複数の店舗を比較して最もお得なキャンペーンを行っている店舗を選びましょう。

町にあるような、"docomo,au,softbank”等の店舗は、あくまでも販売店です。

 

大本である、キャリア会社から月間のノルマ数を伝えられており、そのノルマに合わせて様々なキャンペーンを行っているのです。

つまり、ノルマを達成しなさそうな店舗に限って、契約を取るためにキャッシュバック率を良くしたり、0円キャンペーンを行ったりしています。

 

それはよさそうですね!契約時期とかありますか?

 

基本的には、月末の20~30日くらいがオススメであり、ノルマを達成していない販売店は、最後の追い込みを行います。

キャッシュバック条件などが店舗によって異なるので、ある程度のリサーチが必要になりますが、下記がオススメです!

 

都会で契約する

家電量販店で契約する

併売店(3キャリアのいずれも契約できるお店)で契約する

 

まず、首都圏や都内は、田舎に比べると多くのノルマを課せられています。

そのため、田舎より大々的なキャンペーンを行っていたり、キャッシュバック率が高かったりするのです。

 

そのため、スマホを契約するときは、都会を中心に選ぶとお得に乗り換えすることができますよ!

中でも、大手の家電量販店での契約では、色々と優遇してくれますし、携帯乞食にとってはオススメ!

 

また、携帯を契約できるのは各キャリアの販売店だけではなく、3つのキャリアを扱う併売店も存在します。

この様な店舗も、お得なキャッシュバック率で乗り換えできます!

 

どのお店も同じイベントを行っているわけではないんですね!しっかりリサーチしたいところです!

契約する

乗り換えキャンペーンを行っている店舗を見つけたら、次は契約を進めなければなりません。

複数の店舗を比較して、最もお得な店舗を見つけたら、即契約しましょう。

 

ちなみに、このキャンペーンですが、通年行われているわけではありません。

 

3~4月の入学・卒業シーズン

6~8月の夏休みシーズン

10~12月の年末商戦

 

もっとも契約数が多いのは、3~4月の入学シーズンです。

通年行われているキャンペーンよりも、さらにお得に契約することができるので時期を見計らうのも方法の一つ。

 

キャンペーンの終了時期を明記しているところがほとんどなので、早い段階で契約を進めましょう。

契約は、普通にスマホを購入する流れで進めても良いのですが、前述したように維持費や初期費用が高く設定される可能性があります。

 

  • 少しでも安く契約したい
  • 最も安いプランで契約したい

 

これらを申し出ることによって、お得な料金で契約することができるので、オススメですよ!

 

少しでも維持費・初期費用を抑えることがカギですね!

キャッシュバック・割引を受け取る

契約が終了したら、あとはキャッシュバックや割引を待ちましょう。

キャッシュバック制度は、販売店によって異なり、即キャッシュバックされる場合や、数か月待つケースが存在します。

 

さらに、店舗によっては現金ではなく、商品券などでキャッシュバックされることもあるので要注意!

この辺は、店舗リサーチの段階で知ることができるので、確認しておくことをオススメします!

 

商品券もいいですが、現金でもらいたいのが本音です!

 

契約を進めた段階で、”商品券になります”といわれても後の祭りなので、確認は必須ですよ!

携帯乞食では、即キャッシュバックされるほうが利益になりやすく、”即金性がある現金キャッシュバック”の店舗で契約することをオススメします!

解約する

キャッシュバックや割引のサービスを一通り受けることができたら、次は解約の手続きに移らなければなりません。

継続的に携帯乞食をする場合は、即解約するとブラックリストに載ってしまう可能性があります。

 

前述したとおり、4か月から半年程度がブラックリストの期間になっているので、それまでは契約をしておくと良いです。

しかし、一時的に単月で稼ぎたいと思っているなら、半年待たなくても理由をつけて解約するのもありです。

 

使わなくなったから解約したい

迷惑電話が増えた

 

この場合、携帯電話の機種代金を一括で支払っていることが条件であり、1回線当たり1,000円の解約料が発生します。

また、維持費についてですがキャッシュバックの金額が多い場合は、比例して高くなる可能性もあります。

 

契約すれば損失につながるので、定期的に携帯MNPをしない限りは、1週間程度で解約して問題ありません。

半年以内に解約したからといって、即ブラックリストに載るわけではなく、継続的に解約した場合が条件ですからね!

 

もらえる分もらって、あとは解約すると良さそうですね!

各携帯キャリアのブラックリスト条件を解説します!

携帯MNPについて解説しましたが、短期で解約するとブラックリストに載ってしまい、一時的に契約ができなくなってしまいます。

ブラックリストに載らない範囲で、うまく立ち回ることが携帯乞食で稼ぐための堅実な方法であり、しっかり実践したいところ。

 

回転率を速めて、利益を上げながら維持費を下げれば、その分多くのお金を稼ぐことができます。

 

au

docomo

softbank

 

今回は、この3つのキャリアのブラックリストの条件を解説していきます!

少しでも、携帯乞食をするためには、把握して起きたポイントですよ!

au

まず、auですが携帯乞食をするために最も効果的なキャリアといわれています。

世間ではブラックリストがないといわれているのですが、それは大間違いです。

 

契約日以降から、120日~122日がブラックリストの条件なので、日数ではもっとも短いです。

契約した当月の料金は、日割り計算になるので、月末の25日程度に契約するのが賢い方法です。
※維持費を無駄に支払う必要がない

 

さらに、プラン変更・機種変更を行ったからといって、日数はカウントされないので、携帯MNPには最も向いているキャリアといえるでしょう。

 

早いサイクルで回せますし、年間で3回転できるのは大きいですね!

docomo

docomoですが、180日以内でブラックリスト入りされるといわれていましたが、120日以上継続していればブラックリストに入らないそうです。

仮に、ドコモで契約する場合ですが、au同様に月末で契約すると、解約するときに無駄に維持費を支払う必要がないので安心ですよ!

 

また、docomoにはブラックリストとは別に、”特価ブラック”という制度を設けています。

概要を説明すると、キャリアの契約はできるものの、お得なキャンペーン制度を利用できなくなるというもの。

 

ブラックリストに入る前の段階というイメージであり、”こいつ携帯乞食してるな”と思われたら追加されます。

特価ブラックに入ると、下記のことが制限されるので要注意!

 

月々のお得なサポートがない

端末購入時のサポートが利用できない

キャッシュバックを利用できない※店舗によって異なる

 

特価ブラックに入れば、原則として携帯乞食ができなくなってしまうのです。

加入する条件は不明であり、ブラックリストに載っていない人でも、特価ブラックに載っているということがあります。

 

さらに、特価ブラックに入ってしまうと、解除時期も不明であり、数年間ブラックリストに入っている人もいるので、一度はいると半永久的に解除されないのかもしれません…

softbank

ソフトバンクは、最もブラックリストに入る条件が長く、180日以内に解約してしまうとブラックリストに入ってしまいます。

ただし、これは公式に発表されているわけではなく、ソフトバンクの販売店に勤める知り合いに聞いてみましたが、明確ではないとのこと。
(知り合いの携帯乞食は180日以上で解約してもブラックリストに入ったそうです)

 

契約時期も大きく関係していますが、実は”端末”によってブラックリストに入るかどうかが決まっているとも言われています。

数日で解約してもブラックリストに入らなかったという人もいるので、この線が濃厚かもしれません!

 

確実に利益を出したいなら、1年~1年半程度は契約しておきたいですね!

 

他のキャリアに比べて少し複雑な部分もあり、ソフトバンクは使用履歴でも判断されているといわれています。

 

電話回線の使用履歴

データ通信

 

これらの履歴が一切ないアカウントは、”寝かし端末”と判断されて、ブラックリストに入れられてるという流れです。

ただし、販売店の知り合いですら不明確な部分もあるので、可能性の一つとしてあると捉えておきましょう。

 

”Y!mobileで入ればいいんじゃないの?”という人もいますが、キャリアがソフトバンクになるので、短期解約ではブラックリストに入ります。

ソフトバンクでブラックリストに入ると、自然とY!mobileでもブラックリストに入りますし、注意が必要です!

 

一番はブラックリストに入らないことなので、うまく立ち回りたいところですね!

まとめ

携帯MNPについて解説しましたが、乗り換えキャンペーンを利用して利益を出すという、賢いお金の稼ぎ方ということがわかりました。

手順も解説したのですが、普通にスマホを契約して、キャッシュバック制度を利用した後に、解約するだけの簡単な作業です。

 

”携帯MNPは稼げない”という声もありますが、どのキャリア会社も顧客を獲得しようと必死なので、稼げなくなることはありません。

飽和状態だとしても、一定のキャンペーンが行われている限り、誰でも稼ぐビジネスですからね!

 

ブラックリスト入りしないことだけを考えれば、問題ないと思います!

 

単に契約して解約するだけの作業なので、リスクはほとんどありません。

あるとしても、短期解約をして一定期間スマホを契約できなくなるくらいでしょう。
※人によっては大打撃ですね!

 

しかし、端末を購入できるある程度の準備金と、契約する時間さえあれば稼げるビジネスなので、初心者でも手を出しやすいです!

種金を増やしたいと思っている人には、オススメできるので実践してみると良いでしょう(^^)/

追記:TAKEも携帯MNPをやろうとしたけど…

まとめパートのあとですが、TAKEも携帯MNPをやろうとしたので、少しだけ体験談を語っていきたいと思います。

結論から言うと、TAKEは携帯MNPをしませんでした!

 

理由はただ一つです。

 

面倒だから!笑

 

本当にこれにつきます。

維持すればリスクなくお金をもらえるというのは、確かに便利な方法でよいビジネスだと思いますが、何より手間がかかります。

 

契約するまでは普通にスマホを契約する感覚なので良いですが、半年も維持費を払っていくのは面倒ですし、家族契約もしなければならないので、時間がかかります。

それなら、僕がしているカメラ転売で堅実にコツコツ稼いだほうが、有益です…笑

 

それは間違いないと思います!携帯MNPをするとしても、一時的に稼ぐことしかできませんからね!

 

仮に、携帯MNPをやるとしたら、何かビジネスを始めたいと思っている人が、資金不足に悩んでいる場合ですね!

即金性があるのは事実ですが、継続的に稼げないというのが最大のデメリット。

 

それなら、カメラ転売等の物販で堅実に稼いだほうが、メリットがありますからね!

僕がやっているビジネスの概要については、下記で詳しく解説しています(^^)/

 

カメラ転売お得教材はこちら♪

 

-カメラ転売

Copyright© プロが教えるカメラ転売ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.