カメラ転売

カメラ転売で稼げない人の特徴を4つ解説します!

カメラ転売をしていると、どうしてもスランプが来ることがあり、”中々稼げない”という状況に陥ることがあります。

前は稼げていたのに、今は稼げなくなったというのは、何かしらの理由があるということです。

 

  • カメラ転売で稼げなくなった原因を知りたい!
  • どうやったらカメラ転売は稼げるの?
  • 継続的に稼ぐためには?

 

今回は、このような悩みを抱えている人のために、カメラ転売で稼げなくなった原因を解説したいと思います!

カメラ転売に限らず、稼げなくなるには理由が存在し、それを解明しないことには利益を伸ばしていくことはできませんよ!

 

稼げなくなる原因を把握した上で、どのようにしたら稼げるのかということも解説するので必見ですよ~!

 

よくわかる解説

需要がある商品を仕入れるべき

初心者は不良在庫になりやすい

周辺機器を仕入れるのがコツ

カメラ転売で稼げなくなる4つの原因!

カメラ転売をしている人で、”なんか稼げなくなってきたな”と思ったら、それぞれ原因を把握することが重要です。

稼げないのには原因がありますし、それを把握することで稼げるようになりますからね!

 

僕もカメラ転売をしていますが、最初のころはどうしても稼げないこともありましたが、色々とリサーチや原因解明をすれば、稼げるようになりました(^^)/

稼げなくなる原因は、以下の通りです。

 

リサーチの方法が誤っている

利益になる仕入れができていない

資金繰りが悪く資金ショートしている

回転率が悪く商品が回っていない

 

中でも、カメラ転売はリサーチをしなければなりません。

リサーチを徹底していないと、利益になる商品を見つけることはできませんよ!

リサーチの方法が誤っている

まず、カメラ転売で利益が出せない原因として挙げられるのが、リサーチの方法が誤っているという点です。

実際に、カメラ転売をする際に、リサーチがうまくできていないという人も多いでしょう。

 

カメラ転売では、商品を仕入れる際はリサーチを徹底しないと、利益を出すことができません。

特に、カメラ転売は僕が始めた当時に比べると、参入者が非常に多く、ライバルが多い状態なので、リサーチをしないとライバルに負けてしまいますよ!

 

具体的なリサーチ方法は、以下の通りです。

 

市場価格差を調べる

本当に売れているかどうかのチェックをする

利益率・回転率の計算をする

 

これらができれば、売れる商材を仕入れることができますよ♪

 

オークファンで落札相場を調べて相場を完璧に把握できる分析する方法

 

こちらの記事でも解説していますが、オークファンを使って相場を調べるのは基本です。

カメラ転売は、価格が変動することがあっても、そこまで大きく変動することはありません。

 

ただ、初心者でありがちなのは、オークファンの平均相場を調べた際に底値で仕入れられる商品を見つけることです。

実際、リサーチをしたところで、既に売れていたり、そもそも販売されていなかったりすることがあると思います。

 

理由は簡単で、底値の商品はライバルも同じように狙っているからです。

当然、相場が安い商品は利益を出すことができますが、狙っている人も多いことから、うまく仕入れができないジャンルでもあります。

 

仮に、商品をリサーチする際に、利益商品を狙う場合は、オークファンの相場内である程度相場が広く販売されているものにしましょう。

相場が広ければ、底値以外でも仕入れることができる商品が増えますし、仕入れやすくなります(^^)/

 

リサーチをして、相場が安いからといって仕入れるのはナンセンスです。

ある程度差額がある商品ではないと、利益になる商品を見つけることはできませんよ!

利益になる仕入れができていない

次に、利益になる仕入れができていないということです。

カメラ転売をしていれば、仕入れをしていく段階で成長していくので、知識が身についていきます。

 

平均相場を覚える

利益商品を理解できるようになる

売れない商品がわかる

 

これができれば、感覚で仕入れることができるようになります。

しかし、リサーチの経験を積んでいかないと、”感覚的仕入れ”ができません。

 

どうしても稼げないという人は、店舗リサーチも視野に入れると良いでしょう。

僕は、カメラを仕入れる際に店舗で仕入れることが多いのですが、最近ではカメラのキタムラやビックカメラで仕入れました(^^♪

 

https://twitter.com/taketenbai88/status/1266697691586686977?s=20

 

店舗によっては、ライバルが一切いないことも多く、市場を独占できる可能性もありますよ!

実際、ネットの仕入れよりも簡単ですし、ヤフオクのように落札を待つ必要もないので、スピーディな仕入れをすることができます。

 

店舗仕入れのメリットを挙げるなら、以下があります。

 

コンディションを確かめて仕入れることできる

リサーチ力が身につく

単価が安く仕入れやすい

 

店舗仕入れの最大のメリットは、実際に商品を手に取ってみることができるということです。

ネットで、”傷はありますが使用する際は気になりません”という表記があったとして、実際に仕入れると商品にならなかったという経験をしたことがある人も多いでしょう。
※僕も何度か経験しました

 

しかし、店舗の場合は手に取って商品を確認できるので、仕入れるかどうかの判断が簡単にできます!

オークファンを使いながら相場を調べつつ、商品を仕入れていくことになるので、リサーチ力も身に付きますよ♪

資金繰りが悪く資金ショートしている

次に、紹介したいのは、資金繰りが悪く資金ショートしているという点です。

例えば、あなたが50万円の資金をもってカメラ転売を始めるとします。

 

仕入れの方法は様々ですが、回転率が高い商品を仕入れないと、資金が尽きてしまいます。

モノレート等を見て、売れる商品かどうか把握してから仕入れることで、資金ショートを避けることができます。

 

5万円の商品を10個転売する

25万円の商品を2個転売する

 

この場合、いずれも資金的には同じですが、売れるまでの期間によって判断しましょう。

まず、5万円の商品を10個仕入れる場合、売れるまでの日数で1個当たり3日かかるとします。

 

1か月ですべて売り切ることになるので、資金がショートすることは少ないです。

しかし、25万円の商品を2個転売する場合、1個当たり売れるまでに15日かかったら、その間は資金がショートしてしまいます。

 

利益率よりも回転率を重視したほうが良いのは、ここに理由があります。

資金繰りが悪い人は、利益率を優先するあまり、資金ショートしがちです。

 

いくら利益率が良くても、資金がショートしてしまうと意味がありませんからね!

 

その間は仕入れができませんし、状況次第ではカードの支払いが遅れてしまうこともあります。

利益が発生するまでの期間を短くすることで、このトラブルを避けることができますよ!

回転率が悪く商品が回っていない

最後に、回転率が悪く商品が回っていないという点。

カメラ転売で利益を出したいと思っているなら、回転率重視の転売を行いましょう。

 

最初のうちは、ビギナーズラックで利益率が高い商品が売れるかもしれません。

しかし、それはいわば”まぐれ”で売れたといっても過言ではありません。

 

継続して、商品を仕入れたとしても、タイミングが悪ければ不良在庫になってしまうことも…

これを避ける意味でも、回転率が少しでも良い商品を見つけて仕入れることが重要です!

 

 

こちらは、モノレートグラフになりますが、このように山を作っている商品は、仕入れて問題ありません。

ギザギザが多い商品ほど売れる傾向にありますし、安く仕入れてくれば利益になります。

 

むしろ、リサーチの段階でわかっていないと仕入れをするのは危険です!

 

回転率が悪い商品を仕入れると、どうしても在庫として残りやすいです。

カードで支払いをしているなら、支払日に間に合わせる必要があり、間に合わない場合は自転車操業のようなことをしなければなりませんよ…笑

 

それを避ける意味でも、ある程度コンスタントに売れている商品をチョイスすることが重要です。

カメラ転売で意識したい4つのこと

カメラ転売をする際ですが、何かと気を付けなければならないことが存在します。

実際、僕は8年以上カメラ転売を継続していますが、毎年増収しています。

 

コンサル生も多く抱えていますし、稼げるビジネスですよ(^^)/

そうやって、毎月利益を出していく人は、コツを意識して仕入れを行っています。

 

具体的には、以下が挙げられます。

 

資金ショートをしないように商品を回す

売れる商材を見つける

モノレートを使ってリサーチを徹底する

店舗仕入れをする

 

これらが、カメラ転売をしていく上で意識したいコツです。

初心者に教えている内容ですが、僕もいまだに意識しているので、継続的に稼ぎたいと思っているなら意識しましょう!

 

特に、資金面に関しては、ある程度余裕を持っておかないと資金ショートの可能性も多いです。

売れる商材を見つけることも重要ですし、継続的に稼ぎたいのであれば、適切なリサーチをして仕入れていくと良いでしょう。

 

カメラ転売は高級品を取り扱うことが多く、まとまった資金が必要です!
自己資金じゃ物足りないから、クレジットカード等で代用すると良いわ!

資金ショートをしないように商品を回す

まず、カメラ転売で意識したいことは、資金をショートさせないことです。

実際、稼げない人は資金ショートをしている人が非常に多く、一時的に仕入れができない状態を作ることがほとんど。

 

物販では仕入れをしないと成り立たないビジネスですし、資金に余裕をもって仕入れをしなければなりません。

カメラ転売をする際、ある程度まとまった資金が必要なことは事実であり、自己資金を捻出できない場合は、クレジットカードを発行します。
※コンサル生にも教えています

 

しかし、仕入れの状況・金額によっては、カード限度額を超えてしまうこともありますし、ある程度の限度枠も必要です。

その範囲内で仕入れをしても、資金ショートする人はいます。

 

1.クレジットカードで支払う

2.仕入れた商品を売る

3.支払日までに商品をさばく

4.支払いをして差額が利益になる

 

これが、せどり・転売で利益を出していくサイクルになります。

むしろ、自己資金を捻出できない人は、クレジットカード発行が必須です。

 

支払いのサイクルはカード会社によって様々ですが、基本的に末締めの○○日支払いと日数が決まっています。

 

1.1月1日にカードを使って仕入れる

2.1月31日に支払金額が確定

3.2月15日に支払い

 

この場合、1月1日に仕入れても1月20日に仕入れても、支払金額というのは変わりません。

変わるのは支払いまでの期間であり、最大で45日間の猶予があります。

 

つまり、その間に商品をさばいてしまえば、資金ショートすることはありません!

最低限、仕入れの資金のみを売ることができれば、カードの支払いが遅れることもないですし安心しましょう!

 

支払いに遅れると、ブラックリストに載る可能性もあるので要注意です!

売れる商材を見つける

資金ショートをしないためには、回転率が良い商品を探さなければなりません。

その際、売れる商材を見つけないと、利益を出すことができません。

 

カメラ転売では、様々な商材を仕入れるのですが、主に以下が挙げられます。
※特に売れるもの

 

カメラレンズ

ボディセット

ボディ本体

ストロボ・三脚等の備品

 

これらの商材は、特に利益になるものばかりです。

僕が最近仕入れた商品で言うと、ニコンが販売しているレンズキットが挙げられます。

 

https://twitter.com/taketenbai88/status/1271377817645662208?s=20

 

こちらの商品は、カメラ転売を始めた際に仕入れた商品であり、思い出の品でもあります…笑

10年前の商品ですが、今でもコンスタントに売れ続けていますし、長い間利益商品として支えてくれています。

 

この様に、売れる商品を見つけることが、カメラ転売では重要です。

ある程度、需要がわかったら、あとは商品が仕入れの適切な値段になるまで様子を見るのみ!

 

安ければ仕入れればいいですし、状況次第では縦積みもできます。
※同じ商品を何個も仕入れること

複数の商品がある中で、一つだけでも良いので稼げる商材を見つけると良いでしょう。

 

そこから、徐々に稼げる商材を見つけていき、最終的にはカメラ系の商材を網羅できるようにするのが最適案です!

モノレートを使ってリサーチを徹底する

カメラ転売で、利益商品を見つける場合は、リサーチを徹底したほうが良いです。

転売で重要なのは仕入れではなく、あくまでもリサーチなので、注意しましょう。

 

リサーチをして利益商品を見つけることができないと、継続して利益を出すことはできませんからね!

モノレートでは、様々な商品グラフを見ることできますし、売れ行きを調べることができます。

 

ランキンググラフを見る

価格推移をみる

ユーザーを見る

 

”売れ行き・価格推移・ライバルの数”を見ることができるので、オススメですよ!

中でも重要なのは、”売れ行きを把握すること”です。

 

 

先ほども紹介しましたが、こちらのグラフは商品の売れ行きがわかります。

商品の売れ行きがわからないと、仕入れていいのかどうか不安ですからね!

 

この辺は、最初のうちから把握しておかないと、利益にならない可能性も高いので注意しましょう!

 

カメラ転売は、新品・中古問わず、多くの商品がありますし、利益商品は転がっています。

しかし、それが売れるかどうかというのは、需要を見て判断しないとわかりません。

 

需要がない商品を仕入れたとしても、売れるまでに時間がかかりますし、それこそ資金がショートしてしまいますよ!

店舗仕入れをする

最後に、店舗仕入れをするという点です。

カメラ転売では、仕入先が非常に多く存在します。

 

利益が出ない仕入れをしている人に限って、ネットでしかリサーチをしていないケースが多く、本当に利益になる商品を見逃しているケースが高いです。

僕がカメラ転売をする際ですが、仕入れ先は豊富に確保しています。

 

ソフマップ

ビックカメラ

カメラのキタムラ

ハードオフ

ビックカメラ

 

この辺は、カメラ転売をする上で、利益商品を見つけることができる店舗です。

特に、カメラのキタムラは全国に存在しますし、中古カメラが充実しているのでオススメですよ!

 

https://twitter.com/taketenbai88/status/1251363749954387968?s=20

 

実店舗で仕入れると、このように即売れ商品も見つかります。

需要がある商品であれば、時間をかけずに売れるので、個人的にはかなりオススメです!

 

回転率の速さ・利益率の高さを考えると、店舗仕入れは最適ですよ!

もちろん、電脳せどりもオススメですし、自宅にいながら仕入れができるのはかなり魅力的。

 

しかし、店舗仕入れもそれなりに魅力があるので、オススメですよ!

カメラの場合は、精密機器ということもあって、しっかり検品を行いたいところ。

 

店舗で仕入れれば、その場で検品ができるのでいいですね!
家に帰って改めて検品をすることはあるけど、念入りにすることに越したことはないわ!

まとめ:カメラ転売で稼げない原因を把握して儲けよう!

今回は、カメラ転売で稼げない原因について解説したのですが、その大半は自分自身の仕入れに問題があります。

利益にならない商品を仕入れていないことが原因であり、利益率のみを重視してしまうと、どうしても売れない状況を作り上げてしまいます。

 

これを避ける意味でも、カメラ転売ではしっかり稼げるように、リサーチをして利益勝因を見つけるようにしましょう。

”簡単に見つけることができない”という人もいると思いますが、そういう人は以下の手順で進めると良いですよ(^^)/

 

1.ネットで市場価格差を調べる

2.リサーチして仕入れるかどうか判断する

3.ネット・店舗で商品を探す

4.仕入れて転売する

 

これができれば、カメラ転売も攻略したものと同然です。

商品次第ですが、リサーチの基本ベースはどれも同じですよ!

 

カメラだけではなく、他の商品にも応用することができますからね!
しっかりリサーチ方法を勉強して、利益商品を仕入れるといいわ~!

-カメラ転売

Copyright© プロが教えるカメラ転売ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.