ニコンのシャッター回数の確認方法と実際の確認画面を掲載

 

 





友だち追加

wカメラのシャッター回数を調べる事ができるのは
知っていましたか?

回数が解れば製品の差別化に繋がり高く売れる
可能性も高くなります。

今日はカメラのシャッター回数の確認のやり方を
ご紹介させて頂きます。

DSC_8249 ニコンのシャッター回数の確認方法と実際の確認画面を掲載

カメラの寿命について

カメラ転売をやっていると商品がとても
綺麗な時にもしかしてほとんど使っていない
のではないか?

こんな事考えた事ないですか?

当然ほとんど使用していなければ
当然高く販売できますよね?

ニコンの一眼レフカメラの耐久回数は
目安として10万回〜20万回です。

D3000関係の初心者用で10万回
上位機種のD810で20万回程です。

これを超えたから必ず故障すると
いうことではございません。

目安としてこの位はシャッターを
切っても問題ないとしている数字です
ので耐久回数を超えても使用上は問題
ありませんが使いこんできたのでシャッター
ユニットを交換しましょうという目安になります。

 

シャッター回数の調べ方

シャッター回数を調べる方法は沢山
ありますが代表的はものを紹介します。

私はWindowsを使っています(^◇^)

 

Mac編

カメラで撮影した画像を取り込んで
「プレビュー」アプリで開います。

次に「ツール」メニュー内の
「インスペクタを表示」をクリックです。

DSC_8249 ニコンのシャッター回数の確認方法と実際の確認画面を掲載

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニューのiマークからExif情報を見ます。

中身をみると赤枠の「イメージ番号」がシャッターを
きった回数になります。

少なければあまり使用していない状態ということです。

 

Windows編

一般的にはフリーソフトのPhotoMEが
シャッター回数を調べる時に使われています。

DSC_8249 ニコンのシャッター回数の確認方法と実際の確認画面を掲載

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで問題ないのですが全ての機種で調べれる訳ではございません。

機種によっては調べれない事もありますので別の方法もご案内
させて頂きます。

Picasa (ピカサ)というものです。
画像を管理したり画像加工したりできる
フリーソフトです。

簡単な加工もできてシャッター数も調べる事が
出来るのでこちらを私はよく使います。

 

使い方は簡単です。

Picasa (ピカサ)をダウンロードします。

カメラで撮影した画像を取り込んで
「プレビュー」します。

右クリックしてPicasa の編集をクリックします。

下記ような画面に移ります。

DSC_8249 ニコンのシャッター回数の確認方法と実際の確認画面を掲載

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤枠がシャッター数になります。

5000回なのであまり使用していない機械になります。

通常の使用であれば10万回とかはいく事はありません。
毎日使ってももの凄い枚数を撮らなければそこまでの回数には
なりません。

初心者の機種であれば大体多くても2万~3万位がほとんどです。

商品説明に記載する場合は私の場合は1万回以内であれば記載
するようにしています。

それ以上でしたらあまりアピールにならないので記載しません。

1万回以内であればお客様も使用感が少ないので安心して購入して
頂けるので売れるスピードもケタ違いです。

販売価格も同じ機種で同じような外観でも
シャッター数が少ないだけで初心者機でも
5000円以上の価格差があっても売れます。

上位機種になれば同コンディションでも
シャッター数が少ない事を記載すると1万円以上の
価格の差があってっも問題なく売れます。

シャッター回数が少ないだけで販売価格を
上乗せする事ができますので是非調べてみてください。

全ての機種で調べれる訳ではないので調べれる機種だけ
調べてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA