せどりの実践をアマゾンランキングで正しく把握しよう

 

 





友だち追加

Amazonでの販売はランキングも大切ですが実はランキングよりも
大切な情報があります。

これを理解すると在庫リスクを極限まで減らせます。

今回はそこを詳しく説明させて頂きます。

 

%e5%8b%9d%e3%81%a1%e6%ae%8b%e3%82%8a%e5%a4%a7%e4%bd%9c%e6%88%a6_clear_board__%e3%83%a2%e3%83%8e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88

 

Amazonランキングは目安程度で考えよう

 

商品を仕入れる時に基準はあると思いますが
実際に仕入れとなると本当に売れるか?という所は
心配になりますよね。

仕入れ基準がしっかりできていないと
売れない商品ばかり仕入れてしまう事になります。

そもそも仕入れが高すぎて仕入れた瞬間から
赤字仕入れしてしまうなどは初心者にありがちなミスです。

始めたばかりの頃は仕方がない事ですが仕入れ基準を
しっかりするとそんミスも極限まで減らせます。

では何を基準として仕入れをするか・・・

それは

Amazonランキングの順位」「モノレートの波形」です。

 

Amazonのランキングは、商品が販売されると順位が
1位に近くなるので数字が小さくなります。

買った人がいればランキングが1位に近づき
購入者がいない場合はランキングが1位から離れて
いきますので順位が1位に近づくほど人気の商品と
なります。

しかし順位が高いだけでは仕入れを決定するのは危険です。

ずっと売れていない商品でも連続でたまたま売れると
一気に順位が上がって売れているように見えます。

なのでランキングだけを見て仕入れをするのは駄目です。

 

 

どういう基準で仕入れをしたらいいのか?

確実に売れている事実だけを基準として仕入れを行う事です。

どういう事かといいますと

「モノレートの波形」で判断する方法になります

下記の図の1番下のランキングのジグザグです。

 

2016-11-05_10h25_45

 

ジグザグが凄くあります。

グラフ縦軸の下が0位なのでグラフの下にいって上がっている
谷間の所が売れた時になります。

なのでランキングの順位は気にしなくても良いのです。
モノレートの波形がジグザグになっていたらすぐに
売れるので仕入れてOKです。

とにかくジグザグになっている商品を仕入れてください。

仕入れる基準としては

モノレートのジグザグが3ヶ月で10回以上ある商品

一ヶ月で3回以上ジグザグしている商品を仕入れしてください。

ランキングは気にしなくても大丈夫です。

 

私が実際に仕入れた商品です。

ジグザグが月に5回あります。

仕入れした日が10月20日 販売終了が11月1日

仕入れしてからAmazon倉庫に納品してかの販売
なので実際には仕入れから1週間で販売終了しています。

 

7980円仕入れで17000円販売です。

手数料を引いても6000円の利益はあります。

 

%e5%ae%9f%e7%b8%be

 

 

2016-11-05_10h38_27

 

今回の商品のようにジグザグが沢山ある商品は
本当に早く売れていきます。

 

タイミングや出品者の数など細かい条件も絡みますので
目安とはなりますが今回紹介した方法でで仕入れた商品は
1・2ヶ月の間に確実に売れるでしょう。

 

早ければ出品した瞬間に売れる事もあります。

 

今回は仕入れ基準について説明させて頂きました。

 

しっかりこの通りに実践していけば不良在庫は極限まで減らせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です