カメラレンズ転売!カビやくもりのあるレンズを高く売る裏技はこれだ

 

DSC_0389

 

中古レンズのカビやくもりは取れるの?

 

今回はカビ、くもりは取れるのかを解説させて頂きます。

下記の赤丸の所にカビがありレンズも少しくもってます。

普段はなるべくカビやくもりの無いものを仕入れしています。
しかし全てがそういった商品ばかり仕入れできる訳ではありません。

カビを見て取れそうだったらチャレンジしてみます。

取れたラッキーって感じで分解しています。

簡単なものなら10分程でカビ、くもりが取れます。
そだけで販売価格も1割以上は変わりますので
チャレンジしてみてください。

 

DSC_0391

DSC_0390

 

分解の道具は下記になります。

ゴムの吸着力で回して分解していくタイプと
金属の爪に引っ掛けて回すタイプがあります。

ゴムで回すタイプ

amovnwugtwan__ux600_ttw_

鉄の爪で回すタイプ

 

25d87060d9-jpg

レンズを分解する道具は2種類ありますが私はゴムの方でくるくる回して取ります。

なぜか・・・・・・

以前チャレンジした時に鉄の爪のやつで回していたら傷をつけてしまったからです。

商品を傷つけてはいけないので傷のつきにくいゴム製にしました。

kazu0525kazu-img600x444-14674648108hnn7k2654

分解してからの清掃はレンズを取り出してカビやくもりを
布で拭き取ったり汚れやカビがひどい時は無水アルコールを
使って綺麗にしていきます。

このレンズ清掃に時間がかかるのであれば費用対効果がないので
出来るだけ時間がかからないようにしましょう。

これは馴れの部分になりますがレンズを見て簡単に取れるとかの

判断は数をこなせばだんだんとわかってきます。

とは言っても私は不器用なのでカビがあってもそのまま販売する事が多いです。

時間がある時で気が向いたらチャレンジしてみる感じです。

カビを取った方が高く売れるのですが面倒くさい作業は得意ではないのですが

しかし、頑張ってカビとりをすると本当に綺麗になります。

但し全てが確実に取れるという訳ではありません。

頑固なカビやレンズの内部の劣化等は分解しても綺麗に
事はできませんしくもりの度合いによっては取り切れない
場合もあります。

私自身も分解して元に戻せなくなって大変な思いも沢山
しています。

経験を積んで慣れていくという感じですので分解は自己責任
でお願いします(笑)

ほんでこれが清掃完了したレンズです。

カビやくもりはきれいさっぱりとれました。

これで『利益Getだぜー』

DSC_0392

関連記事一覧

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*