仕事辞めたいけど言い出せない本当の理由はこれなんだよね

quit-reason

仕事辞めたいけど言えないその原因について

給料の事や人間界に悩み苦しい
時は何もかも嫌になって仕事を
辞めたくなります。

 

「よし、仕事辞めるぞ!」

 

とその瞬間は勢任せで「辞めてやる」
ぞと思いますが少し時間が経ち冷静に
なると結局、勢いも無くなりとりあえ
ずもう少し頑張ってみようと思い
留まっているのではないでしょうか?

 

私もサラリーマン時代は仕事が嫌で
人間関係に悩まされとにかく仕事に
行くのがつらかったです。

 

日曜日のちびまる子ちゃんが終わる
頃には次の日の事を考えると気持ちが
落ち込んでいて本当に嫌な気持ちに
なっていました。

 

サラリーマン時代はほとんどこの
ような気持で楽しさは無く将来の
不安と現状の状況に不満ばかり考え
ていました。

 

あなたも自分の今の現状に不満を
持っていたり「もっと自分にあった
仕事はないかな?」とか「もっと給料が
良いところないかな?」とか思っていた
りしませんか?

 

実際に仕事辞めたいと思ってネットで
求人サイトを見たり友人に良い仕事な
いかと尋ねたり等なんらかしらの行動
は起こしているのに結局は仕事辞める
という事を言えずに悶々としていると
いう現状ではないでしょうか?

では、なぜ仕事を辞めたいという
言葉を言えないのでしょうか?

 

なぜ辞めたいと言えないのだろうか?

 

私も仕事を辞めようと毎日思っていま
した。

 

仕事内容も好きではなったという事と
人間関係は特に悩んでいましたのすぐ
にでも辞めたいと思っていましたが
貯金もある訳では無かったので
辞めてしまったら家族を困らせる
事になりますので嫌々ながら続ける
しかなかったのです。

しかも辞めた所で次の仕事はすぐに
見つかるかもわからないですし
待遇に関しても今より良くなる
保証はどこにもない訳ですので凄く
リスクがある訳ですので踏み込め
なかったんですね。

仕事辞めたいけど言えない人のは
ほとんどは私と同じように今の現状
を変えた後の不安と恐れにより一歩
踏み出す勇気が出ないのです。

 

なぜなら・・・・・・

 

不満はあり辞めたい気持ちはあっても
今はどうにかやって
いけるからです。

もし、仕事を辞めると今の生活
スタイルが激変します。

人間誰しも先の不安がある状態では
踏み出す勇気が出ないのは当然です。

 

仕事を辞める時には何が必要?

 

結局一歩踏み出す勇気がないのは
辞めた後の不安があるために言い出す
事ができないのです。

当然です。
勢いだけで辞めてしまうと後悔する事
も沢山あります。

辞めるにしても準備は必要です。
貯金であったり次の仕事を決めてから
辞めたりとしっかりした準備はしなくて
はいけません。

私の場合は家族がありましたので
お金を稼がなければいけなかたのです。

いきなり会社を辞めると生活ができなく
なるのでまずは準備として副業を
はじめました。

少しでもお金を稼いで蓄えを作って
辞めても少しは大丈夫な感じになる
ように動いたのです。

結局辞めたいと思っていても行動に
移さない限り現状は変わりません。

少しでも行動を変えていくのです。

辞めたいと思っているだけでは
何も変わらないのです。

動いていれば何らかの変化が
不思議と起こってきます。

 

副業で成果が出だすと不思議なもんで
今まで本当に苦痛でしかなかった仕事
がそこまで苦痛ではなくなるのでです。

 

これは心に余裕が出てくるからだと
思います。

本業以外でも稼ぐ事ができると自分の
自身もつきますし、稼ぐ金額が大きく
なると「いつ本業辞めてもいいや」
こんな気持ちになってきます。

結局は将来の不安があり辞めれない
のがほとんどです。

私自身も辞めたいと思っていても
結局辞めますと言い出せずに毎日
嫌々で仕事していましたが副業を
始めた事がきっかけで仕事を辞める
事ができました。

副業で稼ぎだすと本業もうまく
いきだしたのです。

気持ちに余裕がでてきていい仕事
ができていたと思います。

私の場合は3カ月で本業の収入を
大きく超えましたのでなんの不安も
無くその後数カ月で会社を辞める事
ができました。

ちょっとした勇気と会社を辞める為
の準備として始めた副業で大きく
人生がかわりました。

今では法人を設立するまでになり
楽しく毎日を送っています。

あなたも私のように会社に
辞めますと言える日がすぐに
きます。

但し、しっかり準備はしっかり
しなくてはいけません。

私が辞めるきっかけになった
副業とは・・・

カメラ転売という副業です。

どのようなものなのか
こちらの記事を読んで下さいませ。

 

カメラ転売を始める準備編

 

少しでもあなたのお役に立てれば
と思っています。

関連記事一覧

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*