カメラ転売 Part1『準備編』

カメラ転売の初心者が狙うべきの商品の仕入れ場所とは?

更新日:

初心者はどこから仕入れしたらいいのか?

カメラ転売は、商品を調べて利益が出る商品を見つけられたら

利益が出るのは解ったけど実際にどこから仕入れするの?ってなりますよね?

それではそこんとこを具体的に説明していきますね。

 

カメラ転売の仕入れ先は大きく分類すると4つの

種類に分けられます。

 

①カメラ店舗のネットショップ

②ネットオークション

③フリマアプリ

④リアル店舗

まず初めに紹介するのが

①カメラ店舗のネットショップ仕入れ編

下記以外でも無数のオンラインショップが

ありますので慣れてきたら色々な所で

仕入するのも楽しいと思いますよ。

ネットショップ一覧

・ソフマップ オンライン

・カメラのキタムラネットショップ

・マップカメラ オンライン

・フジヤカメラ オンライン

・松坂屋カメラ

・ヤフオク

・チャンプカメラ

・J-カメラ

・トップカメラ

・CAMERA fan

・Amazon

仕入れ先を少し紹介しようと思ってもこんなに出てきます。

探していけば仕入れ先は無限にあるという事です。

 

店舗だけ紹介されても仕入れるポイントが解らないと思いますのでどこを狙って仕入れをしたらいいのかを説明させて頂きます。

ポイントは各ネットショップが独自に行っているタイムセールやアウトレット商品、訳アリ商品等を積極的に狙っていくやり方があります。

 

タイムセール商品は安いですがみんな狙っているのである程度相場が分かっていないとあっとゆうまに売り切れてしまいます。

アウトレット商品は、未使用品が中古価格での販売であったり新品時の箱が少し傷みがあるだけなのに価格がぐっとお手頃価格になっていたりその他沢山利益が出しやすい商品がありますのでお勧めです。

 

訳アリ商品は通常の中古価格よりかなり安いものが多いですが

しっかりと安い理由を確認して購入しないと購入して手元に届いた時に「動かないぞ」とか「外観の状態がひどすぎる」とかになりますので訳アリの状態をしっかり確認してください。

 

新着商品は、新着商品は毎日出ますのでそこをを狙っていくやり方です。

各店舗、毎日沢山の買い取り商品があり、毎日新しい商品がWeb上に掲載されます。

 

新着の商品はまだ誰も目にしていないので利益が出る商品がある可能性もかなり高くなりなりますので必ず店舗の新着情報はチェックしてくださいね。

経験を積んでいくとしっかり仕入れができるようになりますのでオークファンで価格をチェックをして相場感覚を養いましょう。

②ネットオークション仕入れ編

ネットオークションとはインターネット上で価格を競いあう競りのことです。

一番高い値段を提示した人が購入できるシステムです。

 

なので皆が入札して競い合うと高い価格になりますし逆に入札が少なかったら思った以上に安く買えます。

その他、定額(即決)という価格設定がありこちらは出品者が競りを行わずに一定の金額で販売するという価格も存在します。

 

すぐに売ってお金にしたいとか、この金額でしか売りたくないとかそんな人が定額(即決)で販売します。

ネットオークション一覧

・ヤフーオークション(略して・ヤフオク)

・楽天オークション(略して・楽オク)

・モバオク

 

この3つが有名どころです。

仕入れとして絶対に使ってほしいオークションはヤフオクです。

ヤフオクはカメラ転売の仕入れの最重要場所です。

 

ここはとにかく激戦区です。

ありとあらゆる転売やーが渦巻いている戦闘の最前線という感じです。

 

出品されている商品が非常に多いです。

その分ライバルも多いですが仕入れをするにはここは外せませんので、カメラ転売をやっていくのであればしっかりチェックしてください。

 

『ヤフオクを制する者はカメラ転売を制する』

 

この言葉を言い切れる程ものすごいパワーを秘めています。

毎日異常な程、沢山のカメラの出品がありますのでライバルが多くても何らかしら仕入れができてしまうのです。

とにかく粘り強くオークファンでリサーチして仕入れして下さい。

 

必ず結果はついてきます。

③フリマアプリ仕入れ編

フリマアプリでも仕入れは可能です。

 

・メルカリ

・ラインモール

・ラクマ

・ジモティー

 

ここら辺が有名どころですね。

私はよくメルカリを使っていますよ(^◇^)

 

フリマアプリとネットオークションは何が違うのってことですが、

オークション→一番高く買いたい価格を提示した人が購入できる。

フリマアプリ→出品する時に売りたい金額を始めから提示している。
(競りは無いのでお互いに連絡をとって交渉で金額を決定する)

 

ヤフオクなどのオークション形式ではライバルが増えれば価格が競り上がってしますが、フリマの場合は出品者の提示価格及び価格交渉で仕入れる事が出来ますので、交渉次第では非常に安く仕入れできる可能性があります。

 

フリマアプリで販売する人は不用品を売る感覚で出品している人が多いので思った以上に安く仕入れできる傾向がります。

④リアル店舗仕入れ編

ここはリアル店舗になりますのでそれぞれの店舗での雰囲気や店舗ごとの特徴がありますが店舗別にすると膨大な内容になりますので今回はリアル仕入れの狙い所を中心に説明します。

リアル店舗の仕入れはまずは店員さんと仲良くなるこれが一番大事です。

 

仲良くなるとお宝商品を紹介してもらったり、値引きをしてもらったり、自分では知識が無いのでチェックができない商品を無料でチェックして貰ったりと色々メリットがあります。

 

店員さんと仲良くなるのはいきなりできないのでまずは、とにかく店舗に通い商品の陳列棚に並んでいる商品を覚えてるのです。

 

ネット仕入れの時に説明しましたが毎日、新しい商品が棚に並びますのでそれをチェックするのです。

毎日棚を見ていると新しく陳列された商品が分かるようになり商品のリサーチも簡単にできるようになります。初心者はまずここを徹底する事で必ず結果はついてきます。

 

粘り強くやっていきましょう。

予備知識も少しはついてきたと思いますので

次は、出品前の準備です。

-カメラ転売 Part1『準備編』
-, ,

Copyright© 年商8000万 カメラ転売のプロが教える稼げる副業ビジネス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.